2018年買ってよかったもの8選!&出会えてよかったアート作品。

f:id:tomu_saito:20181230144952p:plain

 2018年最後の記事は、買ってよかったもの紹介。

 

 

2018年買ってよかったもの8選

 厳選しすぎて8選になってしまった。「2018年買ってよかったもの」で検索すると、16選、30選、39選、55選、58選と数が多い。げ・・・厳選しすぎた。

 ただ基本的に、購入したもので後悔したもののほうが少ないので、2018年に買ったものはほとんど「買ってよかったもの」である。

 「げー、なんだこれー」という経験をしたくないがゆえ、財布の紐が異様に硬い。だからそもそも購入品目が少ないってのもある。

 特に、デザインフェスタや個展等々で出会った人の作品は最高にいい

 

河野耕平さんの作品

f:id:tomu_saito:20181230133332j:plain

 7月にはじめて個展を開催した際、別のギャラリースペースで展示されていたのが河野耕平さんだ。河野さんはフリーハンドで緻密な切り絵をつくりだす作家さんだ。ギャラリーに流れていた音楽を作曲・演奏しているのも河野さんだった。すげえ。

 わたしが写り込んでしまっているが、花の切り絵、美しくないかい?

 河野さんの作品を眺めていて一目惚れして購入した。ちなみに右下のサインも切り絵である。緻密・・・緻密すぎる。自然を感じられるホッとする作品でお気に入り。

▶︎河野さんの公式HPはこちら

 

トンガリチーハさんの作品

f:id:tomu_saito:20181230133739j:plain

 河野さんの隣のスペースで展示していたトンガリチーハさん。布を使って虫や鳥の立体作品をつくっているお方。当日は「虫」をテーマにした個展を開催していた。わたしは虫が苦手なのだが「やべえ・・・虫可愛い・・・」と一目惚れ。

 トンガリチーハさんがつくりだしたカブトムシがめちゃ可愛い

 しかし実際のカブトムシにはトラウマがある。幼い頃、オス2匹を同じ虫かごに入れてしまった。激しいナワバリ争いでもしたのだろうか。翌朝2匹とも首が取れて死んでいた。幼い頃のわたしは残酷でバカである。

 小さな頃の反省も込めて、この黄色いカブトムシはのびのびと飾っている(1匹で)。

tongarichiiha.wixsite.com

 

宮森はやとさんの作品

f:id:tomu_saito:20181230134419j:plain

 赤と青の大きな丸が描かれている作品が彼の作品だ。タイトルは『夫婦』。オーダーメイドで描いていただいたオーダメイドはもうやっていないらしい

 彼の絵はまっすぐすぎる

 ブログ界隈やツイッター界隈etc.をいい意味でも悪い意味でも賑わせてくれる彼だが、彼の描く作品はわたしには描けない作風なので純粋に好きだ。とにかくまっすぐな感じが面白いと感じている。写真家活動も始めたと聞く。精力的だなあ。

www.hayatomiyamori.com

 

 なお手前のぬいぐるみ2体は絵本『ふたりはともだち』に登場する2人。大好きな絵本だ。体型が似ているので、細いカエルを夫、丸いカエルをわたしに見立てて置いている。左に飾られている絵は夫(アカヨシロウ)が描いたわたしの似顔絵。顔色を除けば、結構似てる。

 

メイクアップフォーエバー アーティストフェイスカラー S114 シャモア

f:id:tomu_saito:20181230135938j:plain

 わたしは普段化粧をしていない

 しかし時々「あれ?死んでる?」というぐらい血の気がないときがある。「色の白いは七難隠す」と言うけれど、「あれ?死んでる?」はダメだ。

 そんなとき、わたしはチークやリップの力を借りていた。しかしこの化粧品に出会って驚いた。チークって、ピンク色じゃなくてもいいんだね!!!

 「友人の結婚式も近いし、自分に似合う化粧を知っておきたい・・・」と思ったある日のこと、勇気を出してコスメカウンターへ行った。そこで出会ったお姉さんは、わたしの化粧したくない欲を聞き入れ、必要最低限のメイクを教えてくれた。

 そのとき出会ったのがこのチークだ。

 茶色っぽいのでシェーディング(影をつける)用だとばかり思っていたが、お姉さんは「この肌色(イエローベースとのこと)で、赤い口紅が好きなら、これで血色よくなりますよ」と言った。で、スッと頰に色をのせられて驚いた。

 

 「生きてる・・・!」

 

www.makeupforever.jp

 

インテグレート シルキーマットリップ RD482 ポインセチアレッド

f:id:tomu_saito:20181230140655j:plain

 もう1度言うが、わたしは普段化粧をしていない。しかしこれももう1度言うが、時々「あれ?死んでる?」と思うほど血色が悪いことがある。それを解決に導いてくれたのがこのリップだ。

 この色はど直球に赤。

 ただし出てくる量がめちゃくちゃ微量なので、チミチミ使えばそんな派手な唇にはならない。わたしのような「化粧せずに出歩きたいが、今日の顔色はやばい」ってときに便利な微量である。ちょーっと唇にポンポンーッてのせれば、調子よく見えるもの

www.shiseido.co.jp

 

ニベア青缶

f:id:tomu_saito:20181230141039j:plain

 化粧しない代わりにスキンケアにはこだわっているつもりだ。とはいえバカ高い化粧品を使っているわけではない。わたしの考えだが、日々の健康的な生活(食事・運動・睡眠)を意識し、乾燥と日焼けさえ防止すれば、極端に老化することはないはずだ。

 なので化粧水は毎日欠かさない。

 ただし使用している化粧水は『ハトムギ化粧水』一択。時々ブランド化粧品の試供品を塗ったりもするが、基本はこれ。夏に至ってはこれしかつけていない。

 が季節は冬。母も祖母もド乾燥肌だ。当然のように娘もド乾燥肌である。化粧水だけでは間に合わない。顔がガビガビになってしまう。

 そんな時、出会ったのがニベア

 使ってみてびっくり。1日中ぜーんぜんカサカサしないのね!!!

 顔、体、少量だけなら髪の毛にも使えると聞く。『ハトムギ化粧水』と『ニベア』を合わせて購入してもだいたい900円。あげく2つともまあまあ大容量である。3ヶ月は平気で持ちそう。え、コスパ良すぎじゃない。

 

 わたしは『ハトムギ化粧水』と『ニベア』を駆使して、きれいなババアを目指す。

 

www.kao.com

 

FOREVER24 マルチボーダーセーター

f:id:tomu_saito:20181230161753j:plain
 祖母からもらった黒Vネックニットを愛用していたのだが、夫から「実年齢も顔つきも若いんだから、もっと明るい服着たほうがいいよ!似合うよ!」と言われ、なんとなく立ち寄ったFOREVER21で出会ったのがこのニット。

 明るくてちょっとバカっぽい感じが可愛い

 実際、印象がぱーっと明るくなった。わたしは体格がいいので着用すると「少年っぽさ」が出るが、その「少年っぽさ」が元気の源みたいになる。周りの人も明るくする色だ。この服がきっかけで、もう少し積極的に色を着ようと思った。

item.iqon.jp

 

GAP モックネックニットセーター レインボーカラー

f:id:tomu_saito:20181230161824j:plain

 

 上記同様「もっと明るい服着たほうがいいよ!似合うよ!」と言う夫の声がきっかけで着始めたニット。とっても可愛い。

 わたしは顔が丸くて大きい。肩幅もしっかりしている

 そのため昨年までは「Vネックニット=わたしに似合う服」だと思っていた。しかしこのニットを着用した際、今までVネックが似合うと思っていたのは、肩幅や顔が大きさをコンプレックスに感じていたからだと悟った。

 確かにこのニットは首元が詰まっているから、顔の印象は強くなる。ニットなので肩のラインも出る。わたしは華奢じゃないから、華奢な印象にはならない。

 でも似合ってないわけじゃない。

 むしろ「わたし・・・明るい服似合うじゃん!」と自信をくれた服である。

 

 あとまあ・・・単純にとっても可愛い。うん、とっても可愛いから選んだんです。よしさん(夫)も褒めてくれるし。うん、可愛いからです。

 

www.gap.com

 

出会えてよかったアート作品

 もし今このブログを読んでくださっている人で「まだまだ記事を読む時間あるよ〜」って人は、ぜひわたしが出会った他のアート作品にも目を通していただきたい

 デザインフェスタに参加するのも好きだが、アーティストさんの作品と出会うのも大好きなのだ。元々、来場者として楽しみまくっていたイベントなので、毎回出費がすぎる。唯一無二な作品を前にすると、めっちゃ買ってしまう。

www.tomutomu-corp.com

 こちら(↑)は2018年8月のデザフェスで出会った戦利品だ。

www.tomutomu-corp.com

 こちら(↑)は2018年11月。 

 

2019年が楽しみ!!!

 さまざまな人、モノ、コトに出会う1年だった。振り返ってみると、悶々とする日々も多かったが、自分自身が少しずつ前向きになれた1年でもあった

 それを表すかのような「買ってよかったもの」ばかりで嬉しい。

 素敵なアーティストさんに出会えて、素敵なスキンケア&化粧品に出会えたおかげでちょっとだけ身だしなみにも興味&自信がもてて、服装も明るくなって、体も心も健康になりつつある。

 

 2019年も楽しみだなー。

 みなさま、良いお年をー。

 では。