生理用ナプキンの技術に感動!快適な生理ライフを過ごせる?!おすすめナプキン3選

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170130200521p:plain

生理用ナプキンの話がしたい

月に1度、完全に体が自我を奪いに来る。

集中力を削いでくる鈍痛、大量出血による貧血、そんなものに月に1度苦しめられている。あいつらの名前は生理。子孫を残すために必要な機能とはいえ、痛みを伴う必要はないぞ!と毎回やり場のない怒りに襲われる。

 

最近のナプキン事情

生理のたんびに、「今月はこのナプキン!」みたいな前向きレビューをするほど、生理用ナプキンを色々試したわけではないが、生理の前兆が掴みづらかった時(※)には出先のコンビニに置かれているナプキンを使わざる得なかった。

そのため、「私はこれ!」と言ったMy定番ナプキンが存在せず、そのおかげで様々なナプキンの中から使い心地やその吸収力の素晴らしさを知ることができたのだが。

 

最近市場に出回っているナプキンは、少しでも女性の生々しい性の生理現象を緩和しようと可愛らしいデザインが多いように思える。実は少し嬉しい。

決して「これ、かわいいでしょ」と見せびらかすつもりもないが、うっかり鞄をごそごそしていて落っことしてしまっても、男女問わずその場にいた人たちが「うお・・・ナプキン」となってしまうよりはマシである。

 

かつ最近販売されているナプキンの装着時の薄さ、肌触り、そして最も重要な吸収力は素晴らしい開発だと毎月思う。

生まれて初めて使った時が中学の頃。猛烈な技術革新が起きているわけではないのかもしれないが、それでもあの頃のナプキンに比べたらごわごわ感が減りつつあると思う。

 

※生理になる直前には、下腹部の鈍痛や腰痛がひどくなるなどの前兆が感じられる。もちろんこの症状も人それぞれだが。私は「生理ではない」と信じたいばかりに前兆を逃し、悲惨な目に遭ったことが数回ある。

 

最高だと感じたナプキン3選

そこで今回は、なかなかに感動した生理用ナプキンの話をしようと思った。最高のナプキン3選である。

今回紹介する3つはそれぞれ特徴が違い、いずれも最高だとは感じているが、求める性能は人それぞれ違うので、参考程度にしていただけると幸いである。

読んでくださる男性の方には、女性の生理現象をサポートする生理用ナプキンの存在を知るために使ってもらえると嬉しい。

女性の方には、これ以上におすすめのナプキンがあったら教えてほしい。毎月起こるこのイベントを乗り越えるために、いっそ楽しんでやりたいからだ笑。

 

しあわせ素肌

これの素晴らしいところは、商品名に恥じない肌触りだ。ふんわりとした質感は、生理用ナプキン特有の「バリバリ吸収しまっせ感」を感じさせない。

どうしてもナプキンを装着するたび思うのが、「ナプキン当ててます」という不快感なのだが、これはその不快感をかなり軽減してくれる

多少の厚みは感じさせるが、その分柔らかな質感のため、イベントにげんなりする心を多少なりとも癒し・・・はしないが、励ましぐらいはしてくれる。

 

外身のシンプルな形状も好感が持てる。強引に生理というイベントをポップに見せるわけでもなく、あくまで生理現象を静かに支えますよ、私はというスタンスが素晴らしい。

吸収力自体は恐らく普通。吸収力が高かろうが低かろうが衛生面的にもこまめに替えるべきものなのだが、やわらかな質感は長時間保たれる方だと思っている。

 

センターイン コンパクトスリム 

私が今まで使用した中で、一番日々の生活で感じる不快感が少なかったと感じている。ナプキンを当てるという面での薄さもさることながら、本体の収納もかなりコンパクトなので一目がはばかられる場でもこっそり持ち歩ける。

 

もちろん生理は生理現象の1つなわけだから、そもそも一目を避けてこっそりやる必要もないのだが、割とタブー視されがちというか、話づらい感があるのは事実であって。

でも、これならかなりシュッとしたデザインのため、さりげなく普段使いの鞄などに忍ばせておける。

だから周りの人が突然なってしまって困った時にすぐ差し出せるし、もちろん自分も「あ、入ってた。よかった〜」という経験がしやすい。普段から緊急用に持ち歩くにはかなり便利なスリムさだと思う。

 

そしてチャーミングな女性感のあるデザインは、ほんの少しではあるが、げんなりとした気分を励ましてくれていると感じている。

生理でウキウキする女性は元々あまりいないのでは?と踏んでいるが、このデザインなら多少の底上げはしてくれる。

 

ファッショナブルにする必要性に可能性を感じた商品の1つである。

 

ロリエ スリムガード 軽い日用

軽い日用と書いてあるからこそ、恐ろしく薄く恐ろしく小さいのがこのナプキンである。正直、始めは後悔した。「軽くて薄くて楽」というデザインを求めすぎたと後悔するほどの小ささである。

しかし、使ってみると天下のロリエ・・・天下なのかはさておき、かなりの吸収力でありただひたすらに驚いた。

 

うっかり多い日に使用してしまった時、その小ささへの不安や漏れの不安がかなり心の中を渦巻いた。それ本体の質感的には精神的負担はほぼない。が、確実に吸収されている!といった自信に満ちた質感でもない。

しかし、替えるために結果を見て驚いた。ありえないほどの小ささにも関わらず、漏れがなかったのである。もちろん使用時の動きや経血量は人それぞれだから100%とは言えない。

でも私の場合、えげつない量の血が出て困る2日目にうっかり横になって寝てしまったのに、一切汚れなかった。小さい癖にやるな、こいつ・・・!と本気で思った。

 

しかし、吸収してくれているという安心感は正直ない

 

だからめっちゃくちゃ吸収する気満々の質感や厚みのナプキンが好き!という人にとっては全然おすすめできないが、私のような生理自体を憎しみかけている人には新しい発見というか、吸収力に素直に感動する品だと思う。

 

興味がある布ナプキンだが

最近興味があるのは布ナプキンだ。オーガニック商品を取り扱うイベントなどで見かけることが多くなった。繰り返し使用できるというエコな面と、当てる部分が布製なので不快感への軽減につながりそうなところが魅力だ。

オーガニック布ナプキン専門店なんてものもあるらしく、興味は俄然わく。一度は体感してみたい。体験すると市販に戻れない!なんて声も聞くぐらいだし。そこまでいかなくても多分ごわつき感は感じずに済むんだろうなあ。

 

ただ、血液を自分の手で洗浄するのは本当に大変だと思う。ほんとにね、笑えるくらい血液の汚れはしつこい。ここだけ見るとホラー映画の台詞みたい笑。 

 

快適ナプキンライフを送りたい

生理のたびに、生理自身に恨みつらみを吐いている。でも、これは精神衛生上あまりよろしくないと思う。だって本当に仕方のない生理現象なのだから。受け入れるしかない。

だからこそ、せめてこの期間だけ強制されるナプキンライフくらいは快適なものにしたいのだ。最高のナプキンよ、来月もよろしくお願いします。

では。

 

◆本日の一冊◆

かわいいイラストで、和やかに健康に!