生理用ナプキン5種のクソ真面目レビュー。薄手が好きで経血多め女が選んだぞ!

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170130200521p:plain

月に一度、問答無用で苦しめてくる生理(あいつ)がやってきた・・・。

 

生理用ナプキンの話がしたい

 

 

生理用ナプキンをレビュー

f:id:tomu_saito:20171106192356j:plain

月に一度やってくる生理(あいつ)は、集中力をとことん削いでくる鈍痛と頭痛、大量出血による貧血をもってやってくる。いつも大体決まった時期にやってくる。

 

子孫を残すために必要なのは分かっているけど「何で血じゃなきゃいけないの?!」「何でこんな痛いの?!」「何でこんな出るの?!」と疑問は沢山である。

 

が、とりあえず”穢れ”とは思わないけど、”汚れ”になるのは確かなので、生理用ナプキンは欠かせないのであります。

 

最近のナプキン事情

「ナプキンソムリエになれるんじゃないか?!」って思うほど、私のナプキンへのこだわりは強い。

 

なぜならナプキンが好きじゃないからだ!

 

接地面がどうしてもごわつくし、心地のいい感触ではないし、吸収力が高くても「げ!?今漏れた?!」みたいに思う瞬間は多々ある。

 

が、ナプキンが好きじゃないからこそ、もっと良いつけ心地を求めて、貪欲に探すことができるのである。

 

そんな私だからできる、クソ真面目レビューだ。

 

薄手好きだけど経血多めでよく漏れる(オイ)女が選んだ赤裸々なレビューなので、ぜひ世にいる生理にお悩みの女子&生理ってそんな大変なの?男子に読んでいただきたい。

  

生理用ナプキン5種のクソ真面目レビュー

先にも述べた通り、私は「薄手のナプキンが好きだけど、経血量が多い」女代表である。

 

紹介する5つのナプキンはそんな私が「これなら・・・イケる!」と感じたものばかりであるが、求めるナプキン性能は人によって違う

 

だからあくまでも”参考”としていただけると嬉しい。

 

そして読んでくださっている男性の皆々様、ぜひこれを機会にナプキンの存在・性能を知り、知人の女性や彼女におつかいを頼まれた時の参考にしてくださいな。

 

女性の方には「これ、良かったすよ・・・」てのがあれば教えてほしい。毎月のつらいイベントは、いっそのことネタとして楽しみたいのですよ、私は笑。

 

しあわせ素肌

 

肌触りならダントツだ!!!

 

”しあわせ素肌”。

 

いかにも優しげな名前に恥じない肌触りで、生理用ナプキンではじめて「うん、心地いい」と感じたナプキンである。

 

ふんわりとした質感は、生理用ナプキン特有の「バリバリ吸収しまっせ感」を感じさせない。ナプキンを装着するたび「ナプキン当ててます」感が不快だったのだが、これはその不快感をかなり軽減してくれる。

 

ふんわりとした質感がゆえ、多少の厚みはある。ただその分質感が柔らかいため、厚みぐらい良しとしよう!と思えるのだ。

 

外身のシンプルな形状も好感が持てる。

 

生理という月一イベントを無理やりポップに見せるわけでもなく、あくまで「生理現象を静かに支えます」という姿勢が見える。

 

気になる吸収力は普通。

 

ただ実際には、吸収力が高かろうが低かろうが、衛生的にはこまめに替えるべきものだ。しかし・・・長く装着していてもやわらかな質感は長時間保たれる。

 

センターイン コンパクトスリム 

 

持ち運びやすさはダントツだ!!!

 

とにかくほっそりとした見た目が特徴であり、着用感も非常に薄く感じる。でもとにもかくにもナプキンを持ち運ぶ時に、妙な気遣いをしないで済みそうな薄さである。

 

正直、生理は生理現象のひとつでしかないから、人目を避けたり、購入時に隠されるように袋に入れられる必要もないんじゃない?と思っている。

 

が、割とタブー視されがちな現状があるのは事実だし、「今日生理なんだよね!」と潔く素のまま持ち歩くのも違うよな、と思う。

 

でもこのセンターインは驚くほどシュッとしたデザインのため、さりげなく普段使いのカバンに忍ばせておくことができる。

 

だから周りの人が突然生理になってしまっても、「持ってるよ!」ってすぐに差し出せるし、もちろん自分も「あ、入ってた。よかった〜」という経験がしやすい。

 

快適なスリムさなのだ。

 

ロリエ スリムガード 軽い日用

 

”軽い日用”である。

 

そのため薄さは今回紹介する5種の中で最強レベルと言える。が、着用前は「安さ・薄さ」で即買いしすぎたと後悔した。なぜなら恐ろしく薄く、恐ろしく小さいのだ。しかし、使ってみると天下のロリエである。

 

・・・天下なのかはさておき、驚くほどの吸収力なのだ。

 

経血多めな私であるが、私の場合生理2日目は自分でも引くほどの量が出る。しかしそんな日にうっかり”軽い日用”をつけてしまった。絶対に漏れる・・・そう思った。

 

質感的にはものすごく不安・・・ということはなかったが「確実に吸収してくれている!」といった自信に満ちあふれた質感でもなかった。

 

しかし、替えるために結果を見て驚いた。

 

恐ろしく小さいナプキンにも関わらず、漏れがなかったのである(もちろん使用時の動きや経血量は人それぞれだから100%とは言えない)

 

ただし「吸収してる安心感」は正直ない

 

だからめっちゃくちゃ吸収する気満々の質感、厚みが好き!という人にとっては全然おすすめできない。

 

でも一回使って驚いてみてほしいなあ笑。

 

ウィスパー

 

「吸収してる安心感」ならウィスパーである。

 

薄手が好きな私としては、ウィスパーはまだまだ厚いと思ってしまう。超スリムタイプも出ているらしいが、割と厚めの部類だと思っている。

 

しかしあのナプキンの「私、めっちゃ吸います!」という安心感のある表面がどうしても気になってしまい、時々手を出す。そしてめちゃくちゃ安心する

 

夜寝る時、ウィスパーは本領を発揮する。

 

とにかく私はナプキンの付け心地が好きではないので、夜用の立体感がニガテだ。しかし寝ている時は無意識のため、吸収の安心感がないと漏れの不安があるのは事実。

 

そこで通常版のウィスパーを2枚用意し、連結して使っている。立体感はないが、お尻側への漏れも若干カバーできる。

 

※加えてお恥ずかしい話、めっちゃくちゃズボンをあげてナプキンを密着させ、一滴残らず吸収してくれるように構えてから寝る。

 

「吸収してる安心感」のおかげでよく眠れるのだよ。

 

スリムガード 長時間しっかり昼用

 

三番目に紹介した”軽い日用”も良かったのだが、薄さ・安心感全てを網羅しているものを探し求めた私が、結局一番長いこと使っているのがコレである。

 

生理時、とにかくナプキンの着用感をなくしたいと思っていた。

 

でも経血をそのままにしておくわけにはいかない。薄すぎても安心感がない、厚すぎるとごわついて具合が悪い。どうしよう、どれがいいか・・・と迷っていたら、たまたまタイミングを読み取れず、出先で生理になってしまった。

 

コンビニに置いてあったのがコレだった。

 

薄いアピールをしておきながら、長時間昼用と書かれたこのナプキン。「ずいぶん自信があるな」なんてことを思いながら手に取り着用すること数時間・・・。

 

めっちゃ快適だった

 

つけてる感がそこまでない。だけど「どわっ」って血が出ても結構な吸収力なのである。”軽い日用”より安心感がしっかりあるので、今は多い時期はコレ一筋である。

 

布ナプキンに興味あるけど

付け心地で言えば、布ナプキンにも興味がある。

 

「繰り返し使用できる」エコな面と、当てる部分が布なので「不快感の軽減」につながるのが魅力的に感じる。

 

オーガニック布ナプキン専門店もあり、一度は体感してみたいと思っている。「体験すると市販に戻れない!」なんて声も聞くぐらいだし。ごわつきは感じないんだろうな。

 

でも私が着用できていないのには理由がある。血液を洗うのが大変だからだ。ほんとにね、笑えるくらい血液の汚れはしつこい。そこを乗り越えられるなら、良いのかもしれん。

 

スクーンカップも気になる・・・ 

あとタンポンのように、膣内に挿入するタイプのカップも販売されているね。

 

www.sckooncup.jp

これも興味がある。が、なんか取り出す時に盛大に血をこぼしそうなので、若干抵抗が笑。でもいつか一度は体験したい・・・どこかで勇気を出します笑。

 

快適ナプキンライフを送りたい

どんなに最適なナプキンを見つけたとしても、生理の地味〜な苦しみから解放されるわけではない。ナプキンじゃなく、時間が解決してくれる問題だ。生理のつらさは。

 

だけど、月に一度の、決して心地いいとは言えない生理現象だからこそ、せめてそのために用意されたアイテムぐらいは快適なものを使いたいと思っているのだ。

 

快適ナプキンライフを送りたい。

 

次月もよろしく頼んだよ!と言えるナプキンの探求は、まだまだ続けます。

では。

 

◆本日の一冊◆

かわいいイラストで、和やかに健康に!