ネガティブ思考を逆手にとって、今日も健やかに生きております。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170602184011j:plain

 ポジティブとネガティブ、どっちがい〜い?と聞かれて、「断然ネガティブ!」と言う人は少ないんじゃないですかね

ネガティブな人と一緒にいると、こっちもネガティブになっちゃうよ〜という話も珍しくない気がするし、どうせだったら明るく楽しい方がマシな気がしてしまうのも事実。

 

でもね、多少のネガティブは生きる糧になるのよ。

 

根が暗くてネガティブ思考な上に、ことごとく運に見放された経験から、ネガティブ思考を逆手にとって、健やかに生きている女の話。

 

私の基本姿勢

ネガティブ思考を逆手にとる、とはどういうことかと言いますと、生きていくために”常に死ぬことを考える”ということです。

 

過去記事でもいくらか”死”について書いていますが、私は、死も病気もケガも不幸も失恋も傷つくことも、誰にでも平等に訪れるものだと思っています。

 

死ぬことだけに限定はしません。でも例えば、”うまくいく”という思考・期待は、積極的に排除するようにしています

 

常にうまくいかなかった時のことを考えて、頑張るための糧にしています。働き方とかそうだね。だっていつクビを切られてもおかしくない立場だから。

 

もちろんバランスを見て(躁鬱の鬱期にコレをやるときっついので)、自分を鼓舞するために調子に乗る事はありますが笑、基本的には「うまくいかないだろうな〜」と思いながら過ごしています

 

ここだけ聞くと、「超逃げの姿勢じゃん!だっせ〜」と思う人もいるかもしれませんが、ちょっとまあ、話を聞いてください。

 

きっかけはやっぱり”がん”

こんなネガティブ思考をベースにした生き方を、自分で肯定し始めたきっかけはやっぱり”がん”です。

 

”がん”になった時、私は「演劇で生きていくぞ!」と一大決心をしたばかりでした。両親にも意気込みを語り、私は本当にこれから!と前向きに生きようとした矢先でした。

 

そう、こんな宣告前の話があったからこそ、あまりのタイミングの悪さに「・・・はあ?」ってなったんだろうな、と今となっては思います。泣きも笑い飛ばしもできなかった笑。

 

決心するとことごとくダメになる

これがねえ、思い返すと"がん"に限った話ではなかったわけ。

 

  • 一大決心すりゃ”がん”になる
  • 「この人と一緒にいたい!」と思えばフラれる
  • 絶対良い点取った!と思えば赤点
  • これは当たる!と思えば外れる

 

・・・笑。

 

要は”がん”で悟ったんです。

 

あ、私、期待しちゃダメなタイプだと笑。

 

不幸なことを常に考えておく

だからあえて、要するに”あえて”ネガティブ思考を基盤とすることにしたんです。不測の事態を頭に浮かべておくリスクヘッジだね〜笑。

 

いつ天災が来て、いつ病気が発覚して、いつ人に殺されて、いつ事故に遭うかも分からない、予測できない毎日なのだから、もう残されているのは”今”しかない

 

そう思うようになりました。

 

だから最初から何も期待しない

 

端から見れば、悲しい人間なのかもしれないけど、経験から言って、期待して良いことあった試しがない人間には、これしか残されていないのです・・・。

 

万人には受けませんが

f:id:tomu_saito:20170602184719j:plain

万人に受ける方法ではないですよ。

 

でも、ネガティブが悪な訳では決してないの。私、現にすごく健やかに毎日を生きているもの。生命活動としても、社会的にも、生きている。ちゃんとね。

 

それは常に、

私の横に”死”という不安があるからです。

 

不治の病でもないし、自殺願望があっても、痛いのが苦手すぎて自分で手が下せない弱虫です。

でも、本当に常に”死”とか”不安”とか”悪い事”を想像していれば、”今”しか見えなくなる

 

”今”を精一杯生きるしかなくなる

 

でもそれで十分だと思う。

 

私はだから、こんな風に、自分のネガティブ思考をうまく使って、楽しく生きているよ。根暗で悩んでいる人、開き直ってみてね笑。

では。

 

◆本日の一冊◆

卑屈ネガティブな彼(失礼)にシンパシー笑。

福満さん!私は福満さんの漫画好きですよ〜!