【デザフェスレポvol.0】念願のデザインフェスタ初出展が無事終了しました!

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170528213023j:plain

▲2017年5月に行なわれたデザインフェスタvol.45で、初出展を果たした私のブースです

 

2017年5月、東京ビッグサイトにて行なわれたデザインフェスタvol.45に出展いたしました。

 

念願の初出展だったのですが、「あ〜・・・終わっちゃった・・・」って感じです笑。

 

とても楽しかったけれど疲労困憊、それでも濃密”過ぎ”てあっという間な2日間。今回はそんなデザフェスvol.45の感想について。

 

 

デザフェスについて

デザインフェスタとは、アジア最大級の国際的なアートイベント。

 

designfesta.com

 

vol.45はそのままの意味で、第45回を意味する訳ですが、年々規模が大きくなっているように思います(来場者として5〜6年前から遊びに来ていました)。

 

マチュア・プロ、国内外問わず、様々な出展者さんと来場者さんが入り交う独特なイベントですが、とっても胸がワクワクするイベントなので毎回楽しみにしていました。

 

初出展の感想

来場者側として遊びに来ていたデザフェスに、念願の初出展を果たした今回。

 

Twitterで言及した通り(↓)、

 

正直言って赤字です。

 

もっとも小さなブースを借りると2日間で22,000円、壁面として利用できるパネルはコの字型であれば、25,000円します。合わせて47,000円。

 

全然元取れてません・・・笑

 

が!

 

金銭面において元が取れなかったという「失敗」を活かし、次回の出展ではリベンジマッチに挑みます。目標はブース代を取り返すこと!

 

※と言いつつも、2017年8月は初出展に比べて「玉砕」の結果に終わりました。詳しくは8月の結果より。

 

金銭面では失敗するも

金銭面では「全然元が取れなかった」というリアルな失敗を経験しましたが笑、作品を実際に観てもらえるという喜びを初めて味わいました!

 

もちろんSNSなどを通じて作品を細々と発表していましたが、対面で感想をいただけるという場は初めて。

 

率直な感想、本当にありがとうございました。

 

ブログで知り合った吉田彩(@ayayoshida9)さんにもお越しいただき、作品を購入していただけるわ、ブログに書いていただけるわで正直泣きました笑。嬉しすぎて。

  

www.yattuke-gohan.com

 

作品を観てくれる人の傾向

面白かったのは、ブースに足を止めてくれる人の傾向。

 

おじさまと外国の方が目立ちました。

 

※おじさまに関しては、あくまで推察なのですが、私の人相が「おじさまが話しかけやすい人相なだけ」なんじゃないか疑惑がありますが笑。

 

でも、いずれにせよ観ていただけるのはとても嬉しい。

 

また外国の方に沢山観ていただいたおかげで、英語を話す貴重な機会に恵まれたのも嬉しかった笑。外国の人ともっと話したいので、外国の人をターゲットに作品づくりに臨みます。

 

デザフェスレポートを随時更新

f:id:tomu_saito:20170528214141j:plain

”かたやまかほ”という名義で出展しているデザインフェスタ

 

かくひとを名乗り、普段は記事執筆や広告収入で生計を立てていますが、一番やりたかったことは”描く”ことでもあるので、今後も出展を続けていきます。

 

そこでこれからは出展する度、デザインフェスタのレポートを随時更新します

 

今回は【デザフェスレポートvol.0】と銘打ち、感想として書きました。

 

今後は出展の反省も込めた「デザフェスに出展したい人にむけたリアルなレポート」を書いていきます。

 

デザフェスvol.45で体験したことに関しては、【デザフェスレポvol.1〜vol.3】にまとめて公開していきます。主な内容は、

 

  • 出展までの流れ
  • 当日までに必要なもの
  • 搬入・搬出方法
  • 反省点

 

です。 お楽しみに!

では。

 

◆本日の一冊◆

絵を公募やイベントに出展し続け、プロ絵本作家になった方の処女作。

 

本人はとても気さくな動物博士のような人。

動物について熱く語ってくれる素敵な人です。