おっぱいがあってよかったことなんてない。女の身体に生まれてよかったこと、私にはない。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20171120161205j:plain

おっぱいがあってよかったことなんてない。そう強く思いながらも私の性別は女。この事実は確固たるもので、どんなに嫌だと思っても、誰がどう見たって私は女です。

 

世の全ての男性と女性へ。自身の身体に違和感を抱きながら、自身の性を認めざるを得ない人の姿をどうか知ってください。

 

 

女の身体に生まれてよかったこと、ある?

f:id:tomu_saito:20161116155720p:plain

私はない。

 

私が自分の身体の部位で唯一好きなのは、骨張った顎回りがっしりとした肩。かつては”女”の身体として好ましくないんじゃないかってコンプレックスだった部位が、今となってはチャームポイントでもあり、女性らしくないことが自慢の部位

 

丸みを帯びた身体が許せない

女性の身体には特徴的な丸みがあります。

 

彫刻などを見ていると、丸みの少ない身体つきは、どんなに胸やお尻が誇張されて女性らしさをアピールしていても「あ、女だ」と思わせてくれません。一方で、私の身体は遠くから見ても女だと分かるような丸みを帯びています。

 

それは私がまさしく女である証拠です。

 

肉感的であればあるほど、丸みは過剰なまでに増していき、男性とは違う凹凸を身体の中に生み出していきます。 それが本当に憎らしい。自他ともに女だと認めざるを得ないから

 

衣類が似合わないのが許せない

私は女性らしい凹凸がとても憎らしい。

 

なぜなら私が着たい、好きな、ジェンダーレスな、むしろ男性的な衣類が少しも似合わないからです。

 

かつて大好きだったお洋服、ロックバンドのボーカルがプリントされたTシャツは、私のおっぱいのせいで、私の身体の凹凸のせいで、彼の顔はゆがみました。

 

例えおっぱいの小さな女性だったしても、男性の着こなすそれとは比べ物になりません。遠目から見ても女性だと判別できる時、それはとても悲しい。

 

おっぱいの存在が許せない

万人がおっぱいを好きというわけではないことは知っています。

 

でもその柔らかさに惹かれて、触れたくなってしまう人達に問いたい。私は人間です。ぬいぐるみでもお人形さんでもありません。手軽に触れられたいものではありません

 

たかがおっぱいごときで、機嫌取りができる現実が嫌いです。

 

例えば私の身近な人はおっぱいが好きです。私と社会的に認められた関係の中で、時々気軽に触れてくることがありますが、私にとってはデリケートな問題です。でも出逢って7年目の今でも、彼はそれを「愛」と呼び、正すつもりはありません。

 

望んでいないエロが許せない

私はアセクシュアル(無性愛者)ではないので、それ相応に恋する瞬間や愛する瞬間はありますが、望んでいないエロが許せません。

 

例えばおっぱいの存在のせいで、身体にそったニット素材の服を着ることはできません。

 

エロい格好がしたいわけではないのに、周りから「エロい」「エロ教師っぽい」だの何だの、はやしたてられたことがあるからです。

 

男にも女にもなれない

f:id:tomu_saito:20171120165010j:plain

最近髪の毛を切りました。髪の毛を短くすることで、少しでも中性的な存在になりたいと思った。最近暗い紺色のコートを買いました。少しでも男性っぽい雰囲気を纏いたかったから。

 

でも私は男にはなれません

 

どう考えても女だからです。このデリケートな話題を共有できる人とはまだ出逢っていません。みんなの答えは「齋藤はどう考えても女」だからです。

 

でも私は、自分の胸が成長し始めた時期からずっと疑問を抱いていました。なぜ私は「女性」でなければならないのか。中学校から高校にあがるまで、おっぱいが大きくなるのを認めたくなくて、ずっとスポーツブラをつけ続けてきたことを告白します。

 

Aをつけていれば、ずっとAでいてくれるんじゃないかって思ってたな。

 

女性”ではない”人になりたいだけ

f:id:tomu_saito:20171120165028j:plain

悲しいことがある。小学生の頃からずっと「私を好いてくれた人、私と仲良くなってくれた人は、多分私が女だったからだ」という考え。未だに考えては、勝手に落ち込む。

 

大好きなあの子と遊ぶたび「でも私が男だったら、多分あの子は遊んでくれないんだろうな」と感じていたこと、今でも思い出す。

 

私の性的対象は男性。可能であれば好きな人と結ばれるのではなく、好きな人そのものになりたい。

 

でも、絶対に男性器を得たいわけではありません

 

女”ではない”何者かになりたい

 

女の身体じゃなきゃ、いい

 

おっぱいがあってよかったことなんてない

f:id:tomu_saito:20171120165400j:plain

少なくとも私には、おっぱいがあって良かったことはひとつもない。

 

学生時代、本屋で立ち読みしていたら、男の人がわざわざ本棚と私のわずかな隙間を通り抜け、腕を胸に当てるという、なんとも不器用な痴漢行為を2回やられたことがある

 

私はその時、すごく虚しかった。

 

私が彼に対して抱いた嫌悪感だけじゃなく、女性の身体に対する彼の思想そのものと、女性の身体に対するそれっぽっちの価値と、何もかもに嫌悪感を抱いた

 

そんなものを持って生まれた自分の身体も虚しく感じた

 

女の身体だからこそ得られた"何か"も、無意識の中にあるのかもしれないけど、少なくとも声を大にして言える「おっぱいがあってよかったこと」なんて、私にはない。

では。

 

◆本日の一冊◆

男性・女性に二分された性を持たない人達を指します。

※2017年11月20日更新