新婚旅行でポートランドへ行ってきた。ポートランド観光おすすめスポット その1。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160628111442j:image

↑ホテルへ向かう道中です。最初に泊まったホテルは住宅街に突如現れました。

 ポートランドの住宅街はだだっ広くて何もなかったです笑

 

 

新婚旅行でポートランドへ行ってきました。

新婚旅行でアメリカのオレゴン州ポートランドに行ってきました。

非常に面白い旅となったため、その1からその5くらいにまとめて更新していきます。

ポートランドとは?

f:id:tomu_saito:20160705081319p:plain

出典:ポートランド (オレゴン州) - Wikipedia

ポートランド英語: Portland)は、アメリカ合衆国オレゴン州北西部マルトノマ郡にある都市。同州最大の都市かつ同郡の郡庁所在地である。太平洋岸北西部ではワシントン州シアトルカナダブリティッシュコロンビア州バンクーバーに次いで3番目に人口が多い。

ポートランドは環境に優しい都市であるとされ、その評価は全米第1位、世界で見てもアイスランドレイキャヴィークに次いで第2位と言われる[1]

ポートランド、言ってしまえば片田舎みたいなもんだね」と発言したのは私の旦那ですが、実際かなり小さなエリアにも関わらず、東西南北で全然雰囲気が違ったため、かなりユニークな旅になりました。

およそ7日間の旅で3か所のホテルを泊まることにしたのですが、それがものの見事にバラバラの地区となり、非常に濃い7日間を過ごすことになりました。

◆カナダ乗り継ぎ便にすることで、10万円ほど浮く!

ちなみにアメリカ ポートランドへはデルタ空港を使用すれば直行便で行くことができるのですが、その額おおよそ30万円ほど。結婚式の時点でかなり膨大な金が出て行ったこともあり、私達は30万円にチキりました・・・。

が、JTBのお姉さんに到着時間帯や価格について交渉に交渉を重ねた結果、エア・カナダという飛行機を使用し、カナダを経由することで10万円浮かすことができました。

お姉さん、本当にありがとうございます!

で、実際に本当に乗り継ぎ程度にしか滞在することはできなかったのですが、カナダの空港がもうすでに面白かったんです・・・。

◆カナダの入国時、物腰やわらかな質問責めにあう

カナダは乗り継ぎでもeTAという入国のために必要な審査を受けなければならないんです(有料)。ちなみにアメリカもESTAという同様の審査が必要です。

ただ上記の2つはPCで検索すれば、日本語入力可能な専用HPがありますから、すんなりと入力、審査は可能だと思います。私達も問題なく審査に通りました。

が!

カナダの入国は思った以上に手間取りました。以下詳細。

 

入国審査官(以下カナダ)「どこから来たの」

私達「日本です」

カナダ「どこへ行くの」

私達「ポートランドです。アメリカの」

カナダ「何しに行くの」

私達「観光です」

カナダ「何しに?」

私達「え?観光です・・・私達ハネムーンなんです」

カナダ「あら、そう!おめでとう。で、何しに行くの」

私達「なにしに・・・観光ですね・・・」

カナダ「これは重要な質問なの。詳細を教えてくれる」

私達「(無計画だったため)あ~・・・ビール飲みにいきます。コーヒーとか・・・」

カナダ「・・・」

私達「・・・」

カナダ「・・・(パスポートに判を押す)楽しんでね。結婚おめでとう」

 

物腰柔らかな質問責めだ・・・。

 

私が今まで行ったことのある国は様々ですが、大体顔をジロリと見て、言葉を発したとしても「何しに行くの」「観光です」の単調な英会話を交わすくらいだと思っていたものですから、ここまで事細かに質問されるのは予想外でした。

でも態度が悪いわけでもなく、厳しい顔をしているわけでもなく、「聞かなきゃいけないのよ」とすごくやわらかな表情をしたおばさま審査官とのやりとりだったので、驚きつつも第一声の英語がこれでよかったな~と思ったり。 

 

◆無事、ポートランドへ到着(午後1時半)

無事にポートランドへ到着。

カナダからポートランドまではおよそ1時間くらいの短い旅なのですが、

飛行機くっっっっっっそ寒かったです笑。

公共交通機関特有の冷房の効きすぎに早速やられかけました。

 

そして早速腹ペコ夫婦は、アメリカ上陸後最初の飯に手を出します。

f:id:tomu_saito:20160628111656j:image

 

f:id:tomu_saito:20160628111915j:image

旦那が迷いもせずにまっすぐ入っていった空港のレストランが大当たり笑

 

<ハンバーガー> 

ハンバーガーは顎が外れかけるほどのサイズです。さすがアメリカ。ナイフとフォークが用意されていたので、実際にはナイフで切って食べるのかしら。でも旦那がワイルドにかぶりついたので、その食べ方を統一。ハンバーガーってやっぱりかぶりつくと美味しいねえ。肉は分厚くかーなーりージューシーでした。そして思っていた以上に薄味、というかジャンクな味は一切しなかったです。旨い肉はやっぱりシンプルに塩コショウが美味しいよね!

付け合わせのきゅうりのピクルスはすごく日本人風の味で驚きです笑。日本で売っている浅漬けのもとみたいな味がしました。旦那いわく、多分砂糖が入っているとのこと。

<ピザ(シチリア風ピザとのこと)>

ピザは生地にバジルが練りこんであってほのかに香るさわやかな香りが美味しかった。生地は信じられないほどにふわふわ!少し塩味は強かったのですが、サラミと青菜のピクルス、唐辛子が見事にマッチしていて、ついた直後からビールが飲みたくなりました。今考えるとあの時点でへべれけになっていても全然良かったかも。

 

 

↑今回使用したホテル予約サイト。

 安い価格を提示してくれるし、リアルな口コミのおかげで泊まる際の覚悟ができるよ!

 予約も全く手間取らないし、実際にホテルの人に予約画面を見せるだけで話が通じたので、かなり信頼度が高いです。

ここからMAX(路面電車)に乗って、1日目のホテルへGO!

次回、その2で1日目に滞在したホテルについてお話しするよ!

では。