真面目でなぜ悪いについて。はじめまして、齋藤吐夢と申します。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160930165349j:plain

当ブログにお越し下さり、誠にありがとうございます。

 

ブログ『真面目でなぜ悪い』は、2016年5月から始まった雑記ブログです。そして、このブログを書いているのが、齋藤吐夢という者でございます。以後、お見知りおきを。

 

 

このブログを書いている人

f:id:tomu_saito:20170928151407j:plain

改めまして齋藤吐夢と申します(写真は北海道旅行で撮りためた作品のひとつ笑)

 

齋藤吐夢はペンネーム。自分で夢を抑えつけているような気がしていたので、吐き出してやろう!という思いから”吐夢”と名乗ることにしました。

 

絵を描いている時は、かたやまかほ(@Kho_TOKYO)と名乗っています。

 

 

現在はこのブログ『真面目でなぜ悪い』を書き続けながら、クラウドワークスやSNS経由でいただいたお仕事と広告収入で生計を立てております。

 

詳しいプロフィール

1991年1月生まれ。東京都生まれの東京都育ち。東京都の西の端っこでのびのびと育ちました。私立大学〜大学院で演劇と微生物研究に明け暮れる日々を過ごす(ただし成績は真面目に受けているものとそうでないものの差がひどい笑)

 

20歳の時にがんを経験(参考:”がん闘病記”ではなく、がん治療終了後に何もかもイヤになった話と今について、お芝居の道を諦める。

 

研究生活を送る中で双極性障害と診断された後、教授から「一度社会に出なさい」とすすめられ食品商社に就職する。しかし人間関係に悩み就職から1年後に休職→退職へ。

 

やりたいことをやる生き方に変えようと決心した時にクラウドワークスやブログに出会い、書くことが好きだったことからライターとして生計を立てることを決意

 

またやりたいことの中に「絵を描く」という小さな頃からの夢もあったため、2017年1月より絵を描き始める。2017年現在、すでに4回絵の展示・販売を果たしています。

 

ブログについて 

このブログタイトルになる前、「とむとむこーぽーれーしょん」「25歳女の頭の中」というタイトルをつけていました。でも意味がなかったです笑。

 

『真面目でなぜ悪い』は一番しっくりくるタイトル。

 

私は園子温監督の映画がなかなかに好きなのですが、中でも衝撃を受けた映画作品である『地獄でなぜ悪い』、これをもじっていることをここに告白します笑。

 

ブログのテーマ

このブログは”専門”ブログではなく、”雑記”ブログです。しかし、ブログのテーマは一環しています。

 

何でも真面目に考えてみよう、それがテーマ

 

以下に紹介するブログカテゴリには”THINK”、”SUBCULTURE”、”TRY and REVIEW”がありますが、このブログで主に書かれるのは”THINK”の記事です。

 

「どんな些細な出来事も、真面目に考え込んでやろう」という考えのもと、書いてます。

 

開設のきっかけ

「真面目」に対する世の中の見方に噛み付いてやる!と思ったのがきっかけです。

 

このブログタイトルは人を煽るつもりでつけました。なぜなら私自身が「真面目」という私にとっての長所を、いかにも短所のように揶揄され続けてきたから。

 

「真面目」はほめ言葉ではなく揶揄言葉として扱われているような気がしています。実際、真面目な人ほど損をする・・・という構図が見え隠れする世の中だと思っています。

 

が、真面目の何が悪いんですか?

 

ブログで実現したいこと

このブログがきっかけで、真面目に頑張って生きている人が報われること

 

それが実現したいことです。

 

だから、何でも真面目に考え、解釈し、ブログで発信し続けます。

 

お問い合わせ

現在、お仕事募集中です。

 

以下に示す実績のような記事執筆のお仕事はもちろん、ブログやウェブメディアでの寄稿、絵に関するお問い合わせもお待ちしております。

 

気軽な遊びのお誘い、相談事もお待ちしております。

 

”CONTACT”よりお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

<実績>

・ライター実績

クラウドワークス プロクラウドワーカー認定

受注実績134件

 

※オウンドメディアにおける記事執筆の案件をいただいております。ジャンルは【健康】【農業】【生活】【映画】と様々です。

 

・寄稿

【健康】双極性障害の特徴を、大切な人は「いつも通りだ」と笑って受け入れてくれた | 双極性男子のあたまのなか

【恋愛】アダルトショップでバイトした私がその実態とアダルトグッズの魅力を語る | らぶりりーす

【恋愛】カップル向けバイブ・ローターのおすすめを元アダルトショップ店員に聞いてみた | らぶりりーす

 

・イベント参加

副業の第一歩はクラウドワークスで!クラウドソーシング勉強会 ~残業削減の収入不足を補う!持っているスキルを仕事に!~ - クラウドワークス | Doorkeeper

 

・出展

2017/05 デザインフェスタvol.45(東京ビックサイト)

2017/08 真夏のデザインフェスタ(東京ビックサイト)

2017/08 ZEN展(東京都美術館

2017/09 LIFE ON EARTH展(デザインフェスタギャラリー)

 

・入賞

2017/02  写真『CIGARETTE』Sony World Picture Award の静物部門で入賞

 

記事カテゴリについて

書きたいこと山々な雑記ブログではありますが、大きく分けて3つのカテゴリに分けて記事を書いています。

 

"THINK"について

私は何でも真面目に考えます。

 

ある意味、私の書いている記事のほとんどは"THINK"というカテゴリに分けられるとも思うのですが、巷で言うオピニオン系記事に近い感じかな、と思ってます。

 

ただ、オピニオン(主張や意見という意味)よりもっとゆるい言葉で表現できないだろうか、と考えました。

 

その結果が"THINK"です。

 

生活に関わることや、働き方など考えることは様々。主に体と心の健康、それから男女関係の話が多いです。

 

"SUBCULTURE"について

幼い頃から読書、映画鑑賞、美術鑑賞が大好きでした。それは結局、思春期や思春期を超えても一切変わることがありませんでした。

 

”SUBCULTURE”という言葉には、”少数派に支持されている娯楽・趣味文化”という意味があります。

 

私が紹介する本や映画や美術展は決して”少数派支持”の作品ではないと考えています。

 

があえて”SUBCULTURE”としてまとめたのは、美術への軽視が気になるという私の不満や、これまた私のことを「サブカル女」と揶揄の気持ちを込めて命名した人達への皮肉でもあります笑。

 

“TRY and REVIEW”について

体験したことについて真面目にレビューします。

 

シンプルにレビュー記事のカテゴリな訳ですが、自分が感じたモノを丁寧に言語化するよう努めています。だからネガティブなことも容赦なく書きます笑。

  

ほしいものリスト

私がほしいものを公開しました。

 

「1冊ぐらい買ってやるか」という愛に溢るるお方がいましたらぜひお願いします。

 

ほしいものリスト

 

お返しに、デザフェスで販売しているミニ原画もしくは次回告知DMをお贈りさせてください。

 

各種リンクについて

ブログ内で貼らせていただいている一部リンクについて、以下に詳細を記載します。

 

プライバシーポリシー

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google

 

Adsense

『真面目でなぜ悪い』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、以下のURLをクリックしてください。

広告 – ポリシーと規約 – Google

 

Amazonアフィリエイト

『真面目でなぜ悪い』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。