読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かがやってくれるかも、という思想が死ぬほど嫌いだ。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170424173220j:plain

 ちょっと腹立たしいことがあったので、この場を借りて吐かせていただく。

人によっては小せぇ怒りだなと思うかもしれないが、私はこの思想の積み重ねによって要らんものを背負わされている人達の姿を知っている。

 

誰かがやってくれるかも、という思想が、私は死ぬほど嫌いだ

 

今日起きた出来事

私は今日郵便局へ行った。用事を済ませ、外へ出ると老女が何かを拾った後、それを捨て置いて立ち去るのが見えた。そこにあったのはクレジットカードだった。

クレジットカードをこんな無防備に置き去りにするのはまずい!そう思い彼女に近寄ると彼女はこう言った。

 

「それ折れてるし、もう使えないと思って」

 

確かにカードは折れていた。折れていたとはいえ、意図的に折ったのかどうかは分からない折り目だった。裏にはしっかり名前が記載されていた。

 

恐らくこのまま置き去りにしていたら、誰かが拾って悪用しないとは言い切れない。というかそもそもクレジットカードだ。個人情報の塊だ

 

しかし老女はそれを一度拾い上げ、使えないと思って捨て置いたのだ

 

私はそれに心底腹を立ててしまった。

 

くだらない?

 

だけど「折れているから使えないと思って」という理由で置き去りにするものがありますか?

個人情報の塊を拾い上げ、すぐ横の郵便局に預けるだけでも十分個人情報は守られると言えるだろうに。

 

誰かがやってくれるかも

私はこの老女の頭の中に「誰かがやってくれるかも」思想があると思った。どうせ折れてて使えそうもないカードを拾って預ける労力すら惜しかったのだと思った。

 

ただこの思想は本当に一人よがりのもので、本当にくだらない思想だと思っている。

 

会社員時代には、コピー用紙やインクが切れてブザーが鳴っても、誰も交換しようとしなかった。挙げ句、そのコピー機以外を利用するような人もいた。

公共のお手洗いでは、トイレットペーパーの替えが沢山あるのに、誰も替えようとしないから、2つ用意されているトイレットペーパーの場所が空だったりする。

 

換えれば、替えれば、拾えば済む話なのに「誰かがやってくれるかも」と思って動かない。

 

それが心底嫌いだ

 

もっともっと激しく忌み嫌うとするならば、その誰かに頼りっぱなしなことに気づかず、大口を叩く輩はもっと嫌いだ。

 

”誰か”を考えたことあるのかよ

もちろん「めんどくさいから」という理由も分からなくはない。なるほど確かにその労力すら惜しい瞬間というのはある。

ただ、その「誰かがやってくれるかも」に出てくる”誰か”のことを考えてことあるのかよ、と言いたい。その”誰か”がいるからこそ、私達は楽ができている。

 

それを考えたことあるのかよ。

 

そういう行いをやってくれる人のもとへ出向き、いちいちお礼を言えとは言わないけど、そういう思考の人達に、”誰か”を思う余裕があるのだろうかと考える。

 

誰かが誰かの尻拭いをしている状況を、そういう状態に陥るお前が悪い、要はいじめ問題において、いじめられる側が悪い等と言う思想の持ち主には”誰か”を思う余裕がないのだと考える。

 

相手を思えないのは惨めだ

私はそんな人のことを失礼ながら”惨め”だと思っている。相手のことを思う余裕もない惨めな人。今回出会った老女に関しても、決して性悪な顔をしていたとは思わない。

 

ただ惨めだな、と思った。

 

拾ったクレジットカードは、郵便局員さんにお願いして預かってもらった。近くに交番があれば交番に行っただろう。持ち主が見つかることを願う。

 

もちろん「人の振り見て我が振り直せ」を意識する必要はある。多分私にも余裕がない時はある。私は聖人じゃない。余裕がない時は本当に余裕がない。

 

だからと言って同じ惨めな人間になんてなりたくない、そう思っている。自分が動くことを意識して生きていこうと思っている。

では。

 

◆本日の一冊◆

余裕がないなら、枡野さんの本を読んで心を落ち着かせてよ。

元・演劇研究部が教える『人に伝えること』の難しさと楽しさ。演劇は日常生活にも役立つツールだった。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170424100707j:plain

私が大学時代、演劇研究部に所属していました。ほぼ毎日を演劇に費やしてきました。学問を重んじる観点からは失格な大学生でしたが笑、学ぶことは沢山ありました

 

特に人に伝えることについては学ぶことが多かった。

 

人に伝える難しさ

演劇はお客さんありきの芸術だと考えています。観客がいなければ、演劇として成り立たない、そう感じています。だからこそ人に伝えること重要視されます

人に伝えるということは本当に難しくて、演劇研究部時代は悶々と悩むことが多かったです。それは演技でお客様に伝えるという観点でも、役者同士で演じながら伝え合うという観点でも。

 

ただ、演劇から離れ、会社員時代や日常生活を送る中で、演劇研究部で学んだことは日常生活に役立てることのできるツールだということに気づきました。

 

芝居の中で学んだこと

f:id:tomu_saito:20170424103810j:plain

例えばそれは「相手の表情を読む」とか「相手の動作を先読みする」「聞き手がどう思うか考えながら話す」などです。

商談や会議、プレゼンの中で大いに役立ちましたし、演劇をやっていたからこそ”相手”重要視して動くことができたのではないか?と思うことも多々ありました。

 

お客様に魅せるために

年4回の定期公演の際、演出を担当する先輩や後輩は毎公演違いましたが、彼らは一貫して「お客様を意識しろ!」と口を酸っぱくして言ってくれました。

お客様を意識することは当たり前のことではありますが、自分の演技に集中してしまうと「魅せること」を忘れがちになるのも事実です。

お客様にお尻を向けてしまったり、他の演者にかぶってしまい大事なシーンが見えづらくなってしまったり、といったものが挙げられます。

 

ただお客様に魅せること、すなわち相手に伝えることの意識があるかないかで、このようなミスの頻度は圧倒的に減ります。常に意識をめぐらせて演技をするだけで魅せ方は変わるのです。

 

相手を意識することの重要性を知ることができました。

 

役者間で捉えるために

また演技をしている役者同士でも「伝えること」の重要さを知りました。同じ舞台上に立ち、設定があるとはいえ、演じているのは自分とは違う赤の他人なわけです。

演じ方や考え方に相違があると”親密な間柄”という役にも関らず、不自然な雰囲気になることもありました。

 

だから演じている役者間でも、互いに意識をキャッチボールし合う必要があったのです。ここをおざなりにすると、演出が台無しになります。一人一人がお客様を意識していても、良いお芝居にはなりません。

 

一役者として一人の役を演じながらも、舞台に参加する一人の人間として他の参加者のことも意識しながら動き回っていたのです。

 

共に活動する相手へ意思を伝える重要性を知りました。

 

入り込まないと薄っぺらに

そして最も難しかったのが演技の観点です。伝えることを意識しすぎても、演技が不自然になりますし、役に入り込まず重要な台詞をただ喋っただけだと薄っぺらになります。

 

面白いな、と思うのですが、思ってもいないことを口にする大体薄っぺらになります。これは演劇に限ったことではなく、日常生活においても、です。

中には器用な人もいるので、そんな風に思わせない人もいますが、マニュアルに沿っただけの言葉が少々不自然に思えるのはこういう所にあるのでしょう。

 

相手を意識し、相手との意思疎通を意識し、その上で思っている心のうちを丁寧に伝えないとお客様に伝わらない。

 

非常に難しいことではありましたが、演劇という土台で経験したことで、会社員時代に役立たせることはできました。

 

会社員時代の活用

f:id:tomu_saito:20170424104158j:plain

商品開発に携わり、プレゼンをする機会があった時には、話すスピード声量相手の顔を見るアクションなどを意識して行いました。

 

さすがに初めてのプレゼンでは、演劇とは勝手が違ったため、緊張のあまり上司に「そんなにウマくない」と断言されてしまいましたが笑、こちらの話を聞いていないお客様は見当たらなかったので、初プレゼン成功と考えました笑。

 

商談会の会場では、混雑しやすい場所の列を解消するため、迅速かつ的確にお客様に説明することで、他のおすすめ会場への分散を促すこともできました。

ここの伝え方を間違えれば「混んでいて邪魔になるのでどいてくれ」とも捉えられかねません。

しかしお客様の困っている様子も同時に汲むことができたからこそ、空いている箇所への誘導が迅速にいったのでは?と考えています。

 

私は下手かもしれないけど

もちろん私はプロのコミュニケーション講師ではありませんから、こうは言ってもまだまだ「人に伝えること」が下手だなあと思っています。

でも、下手かもしれないけど、演劇研究部で学んだという土台はしっかりあります。

相手を考えて伝えることへの意識の有無は、コミュニケーションを取る上で重要なことだと思っています。

 

人に伝えることは難しいけれど、だからこそ人とのコミュニケーションは楽しかったりします

 

演劇と聞くとウッとなる人もいるかもしれませんが、案外日常生活に役立つ、只の便利ツールだったりします笑。

では。

 

◆本日の一冊◆

彼女の本は、演劇耐性がなくても十分楽しめる良本です。

今週のお題「部活動」

価値観が違うのなんて当たり前!幸せな2人になりたかったら、価値観押し付けんなよ。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170421094917j:plain

価値観の違いが原因でお別れするカップルや夫婦が多いと聞く。

私なんか結婚相手との価値観なんてほっとんど違うし、むしろ人間的には嫌いなところが多いほどである笑。

 

価値観が違うのなんて当たり前だ

 

幸せな2人になりたかったら、そもそも価値観の押し付け合いが間違っていると思う。価値観が違うのなんて当たり前なんだってば。

 

価値観の違い

f:id:tomu_saito:20170421094935j:plain

これはカップルとか夫婦に限らず、人それぞれ価値観に違いはあるのだから、そもそも一致する方が少ないってことを頭に入れておかなきゃならない。

 

価値観が全く一緒の人間に出会える確率なんて、ほんっとうに少ないはずだ。

 

価値観の対象は、本当に様々で、人間が生きるための基本である”衣食住”や趣味・嗜好、人の好みもお金への感覚も挙げられる。挙げたらキリがないほど対象がいっぱいだ。

 

押し付け合えばケンカになる 

だから価値観が違う、ってだけでお別れするなんてことは本来早々ありえないことだ。だって価値観なんて違って当たり前なのだから。

そうではなくて、初めから違う価値観をすり合わせようとなんてするから、ズレが生じて嫌になったり、別れたくなったりすると思うんだ。

 

特に”価値観の押し付け合い”はケンカになる。

大抵「私がこんなに○○なのに・・・!」と爆発する人が多いと思うが、相手にとってみれば、そんなこたぁ知ったこっちゃないのである。

 

 

分かり合いたきゃ受け入れる

もしあなたの価値観に対して相手が寛容だとする。

それは価値観が一致したのではなく、相手が自分の価値観を受け入れてくれた、ただそれだけに過ぎない。

 一致なんかじゃない、受け入れたか否かだ。しかも受け入れた”だけ”のはずだ。理解したかどうかは分からない。でも受け入れてくれたのだ。

 

妥協も必要になる 

幸せな2人になりたかったら、時には妥協も必要になる

受け入れることそのものが妥協に捉えられることもあるし、受け入れた後相手の価値観を理解することが妥協に感じることもある。

 

でもある程度相手を尊重したいと思ったら、静かに受け入れた方が精神的に楽になる

 

変にすり合せようとして、また自分の価値観に相手を引きずり込もうとするよりは。

 

妥協したくないなら 

f:id:tomu_saito:20170421095422j:plain

もし「相手に対してそんなことしたくない!」「相手のために妥協するなんて毛頭ごめんだ!」というのなら、別れが生じても仕方ないと思う。

 

人と付き合うということは、どれだけ自分と相手のことをバランスよく保つことができるか調整できるかが重要だと思っている。

 

それがめんどくさくて愛おしいから人間関係は難しくて楽しいのだ。

  

とかく、価値観の押し付け合いだけはケンカにしかならないからやめておけ

価値観違うのなんて当たり前なのだからさ。

では。

 

◆本日の一冊◆

男女ともに、男女脳をある程度理解しておくと楽だと思う。

【忘備録】タイ料理ファン必見。本場タイで食べるタイ料理はひと味違うぞ!

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20160518091049j:plain

タイ料理は好きですか?

私は好きです。アジア圏のご飯は絶対にウマいと思いこんでます!信じてやまない。食あたりみたいな痛い目に遭っていないだけかもしれないけど笑。

 

ただ、初めて足を踏み入れた本場のタイ料理ひと味違ったのです・・・。その驚きと感動を共有したい。

 

▲タイ・インスタント麺の美味しいや〜つ。

 

タイ料理は味が極端?!

f:id:tomu_saito:20170418115428j:plain

私が今まで食べたことのあるタイ料理というのは、日本国内に存在するタイ料理屋さんのものだけです。だからやっぱりどこか日本に馴染みのある味が多かった

 

で、会社員時代に一度タイへ出張に行ったことがあるのですが、現地事務局にいる職員と食事をすることになり、本場のタイ料理屋に連れていってもらうことになりました。

 

そこで食べた時、おお?!ってなりました。

 

極端に甘いか極端に辛い

結論から言うと、極端に甘い料理か、極端に辛い料理しか出てこなかったんですよね笑。びっくりしました。

 

舌の上に載せると、とにかく刺激が強い。酸がマイルドに思えるほどの辛さ。どかんとした甘さ。いや〜凄かった!

 

たまたま連れて行ってもらったお店の味がそうだっただけかもしれません。

が、日本で味わったことのない、表現するための語彙が用意できない特徴的なスパイスの味。そしてデザートでもないのに、がっつり砂糖的な甘さのあるおかずが登場したりして、プチパニックに陥りました笑。

 

ただねえ・・・帰国して少し経ってから、あのがつんとした極端な辛味・甘味味わいたくて仕方なくなったんですよね。

 

アレは本当に癖になる美味しさです。

 

▲カルディでつい買ってしまうトムヤムヌードル。これ、美味しい

 

パクチーは日本よりマイルド?

ちなみにタイ料理の定番(?)パクチーは、日本で食べるよりマイルドな味に感じました。むしろ全然青臭くない

 

でも、もしかしたら辛い・甘いのおかずのおかげでそう感じたのかもしれない笑。

 

タイのパクチー農家がどう育てているのかさっぱり分かりませんが、風土に合っているから味が違ったのかも。日本のお野菜は甘い、みたいな感じです。

 

▲ちなみにパクチーはうまく育つとボーボーに生えるので、ベランダ栽培に最適です。

 

日本はちょっぴり旨味アリ

その後日本国内で様々なタイ料理屋さんに行きました。

中には本場にほど近い、あま〜いパッタイや辛すぎるトムヤムクンにも出会いましたが、やっぱりどこか日本味なのです

日本の食材のせいなのか、日本の調味料のせいなのか、それともわざわざ日本味に整えてくれているのかは定かではありませんが、旨味の影響は大きい

 

日本人特有のものだと思われていた「UMAMI」は、やっぱり味への影響力がハンパなくて、本場タイ料理に旨味がないわけではありませんが、感じる量が圧倒的に違う。

日本で食べるタイ料理は、日本人の舌に合うように、どこか優しく整えられているような気がします。まあ、結局タイで食べても日本で食べてもタイ料理は美味しいけどね!

 

タイへ行くからこそウマい

f:id:tomu_saito:20170418120613j:plain

でも!本場のあの味極端にも思えるあの味は、タイへ行って、タイで食べるからこそウマいのであって。

 

あれは本当に”タイへ行かないと食べられない”味そのものです。

 

思い出しただけでも、あのタイの熱気と香辛料、魚醤の香りが脳裏に浮かびます・・・。そうです、タイ行きたい病の末期です笑。

 

ちなみにまたタイへ行きたくなっちゃったきっかけがあってね笑。元々時々無性に行きたくなるんですが、そんな時に出会ってしまった1冊の本

宝島社の出してるムック本魅惑のバンコク (TJMOOK)は、本当にタイへの愛が詰まっている1冊でした。コレのせいで、私が稼がなければならない理由ができたよ笑。

 

料理が大好きな旦那さんを連れて、タイ食い道楽をやりたいなあ。

 

タイへ行く時の注意

でも初めてのタイで本当に失敗したなあと思ったのは、湿気に対する心構え出来ていなかったことです笑。私は日本の夏が苦手だから。湿気が苦手だから。

 

・・・湿気しかないやん!

 

ってなったよ笑。一週間ほどの出張でしたが、前半は完全に体調を崩しましたね笑。暑さと湿り気に負ける私。いや〜弱ってた、弱ってた。

本当にねえ「夏は苦手、でもタイ行きたい」って人は、湿気と暑さに対して過剰すぎるぐらいの意識で臨んだ方がいい笑。

過剰すぎる構えで行って、そうでもなかった・・・の方がマシだからね!

 

う〜ん、タイ行きたい。

では。

 

◆本日の一冊◆

さっきも紹介したけど、コレ読んで。絶対タイ行きたくなるから笑。

【忘備録】映画『ハードコア』は発展途上だったけど、一人称視点の可能性を感じた。

こんにちは、齋藤吐夢です。

一人称視点といえば、VRが想像できるのではないでしょうか・・・。

しかし最近は少々VRの熱狂が落ち着いてきたように思えます。

私も一度ゲームショウでVR体感をし、YouTubeのVR動画とスマホ用VRゴーグルで遊んだ以来、熱狂がおさまってしまいました。

参考記事:VR体験してきました。人生初の東京ゲームショウはなんだか凄かった。

 

さて、そんな中VR体験とまではいきませんが、全編一人称視点の映画が上映されています。その名は『ハードコア』。なかなか面白かった!

 

映画『ハードコア』

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/84713/photo/0dce0a45a3c3bc82/320.jpg?1482716783

出典先:ハードコア : 作品情報 - 映画.com

 

元々はこの映画を撮ったイリヤ・ナイシュラーが率いるパンクバンドの、一人称視点MVがベース

アクションカメラGoProを使ったMV映像が話題を呼び、この映画のプロデューサーでもあり、映画監督のティムール・ベクマンベトフがナイシュラーに呼びかけ、長編映画化に至ったのだとか。

 

▲誰でもアーティストになれる時代だね!

 

トーリー

ネタバレなし

一度死んだ主人公である”あなた”が、めっちゃ美人でセクシーな奥さんの手でサイボーグとしてよみがえるのだけれど、悪の組織に奥さんが拉致される。"あなた"は敵の攻撃から逃げながら、自分の存在目的の真相に近づいていく。

 

一人称視点の可能性を感じた

f:id:tomu_saito:20170421091758j:plain

とにかく今回この映画を観て良かったところは、一人称視点の映画に可能性を感じたこと。これは間違いない。だって面白かったから。

確かに脚本・演出、キャラクター設定など、至らないというか「これは・・・どうだ?」みたいな部分ももちろんあった笑。

 

でも十分楽しめる映画だ。

 

ワクワク感が違う

やっぱり一人称の良いところは、まるで自分が体感しているかのような映像によるワクワク感だろう。

 

確かにGoProによる映像もまだまだ発展途上で、自分自身が映像世界へのめり込むほどには至らない。でも、臨場感は下手な演出をするより感じる。一人称だから。

殴られた時に頭が豪快に振られる感じとか、目の前で撃たれた人の血しぶきとかは、リアリティを感じるかもしれない殴られたことも目の前で人が死んだこともないけどね。

 

また全編一人称視点で撮り切った映画はほとんどないだろうし、そのやり切った感を見届けるだけでも十分価値ある高揚感が味わえる。

 

脚本も頑張っていた

どうかな?と思う部分もあったけれど、脚本も頑張っていた。ネタバレなし、としたので詳しくは書かないが、全編一人称で書き切った勇気と努力にあっぱれである。

絶妙に集中力の途切れない上映時間。怒濤のように襲い来る敵達。多分割とテンポは良い部類に入るだろう。

 

 

”ジミー”に注目

脚本・演出で評価したいのは”ジミー”という男の存在だ。この作品でキーパーソンと言える。キーパーソンというか狂言回しというか、割と大事な役割を担う。

彼の設定のおかげで、世界観に入り込みやすいし、彼の存在が自然に入り込むおかげで、説明台詞が回避しやすくなっていた。それでも多少は説明台詞が多いけど。

 

私個人としては、”ジミー”のおかげでこの映画が観やすくなったとも思う。それだけ重要な役割だ。彼を観る目的で観たって全然おすすめする。

 

難点は”酔う”

難点は言わずもがな”酔う”ということ。

 

こればっかりは未だ回避できない。VR映像はガンガンに酔う。臨場感溢れる一人称視点はアクションが大きければ大きいほど酔う。避けられない。

映像にただでさえ酔いやすいという人は、酔うわ、殴られて頭が振られるわ、落っこちて地面転がる映像で目を回すわで散々だと思うので避けた方がいい。

 

三半規管の強い人なら率先して観るべき映画だと思う。

 

可能性を知りたいならぜひ!

とやかく言ったけれど、オススメできる映画ではあった。映画として面白いかどうかで言えば中の下かもしれない笑。ただ可能性を知りたいなら観る価値はある

 

今後に十分期待できる。

 

では。

 

◆本日の一冊◆

スターウォーズのVR映像が発展したら、現実に戻れない自信がある笑。

スポンサーリンク