【ムサビ通信学習記録】イラストレーション

f:id:tomu_saito:20220203185326p:plain2020年4月、武蔵野美術大学造形学部通信教育課程に2年次編入

2021年4月より油絵学科絵画コースの専門課程へ進む。 

 

イラストレーション

課題内容は以下の2つ。

通信課題1)「写真とイラストレーション」写真の内容をイラストレーションと文章を使って表現する。

通信課題2)「いまの“わたし”に至るまで」美術を志すきっかけとなった出来事を、イラストレーションと文章を使って表現する。

“イラストレーションと文章を使って表現する”なので、学習指導書には写真、イラストレーション、文章の割合などが細かく指定されている。指定されている割合や文字数を守らないと再提出になるので要注意。

制作した作品

通信課題1)「写真とイラストレーション」

f:id:tomu_saito:20220203205313p:plain

ムサビ通信入学前に通っていた大学での思い出を描いた。提出する3枚すべて異なる表現に挑戦しようと考えていたので、この1枚では色鉛筆やクレヨンを使用。臭さと意外な美味しさを表現しようと試みた。

f:id:tomu_saito:20220203205309p:plain

新婚旅行先での出来事を描いたもの。新婚旅行先のアメリカ、食べたドーナツの激甘具合から「アメコミ風に表現したいな」と考えていた。提出した3枚の中で最も早くに構想が練られていたもの。

f:id:tomu_saito:20220203205317p:plain

旅行先で見た怖すぎる「巫女の部屋」。太陽の光が一切入らないような暗すぎる部屋に隔離されていた……的な説明文を読んでゾッとした時の感情を表現。鉛筆と木炭を使用。

 

通信課題2)「いまの“わたし”に至るまで」

f:id:tomu_saito:20220203205320p:plain

美術を志す現在の“わたし”に至るまでの過程を表現する課題。1枚目に描いたのは、授業も聞かず絵ばかり描いていた小学校の“わたし”の話。小学生の頃に描いていたラクガキの再現は難しかったが、友達と描いていた漫画を思い出したりしてとても楽しかった。

f:id:tomu_saito:20220203205325p:plain

2枚目は中学生〜大学生あたりの、精神的に不安定だった頃の自分と、そんな自分を支えてくれた美術、表現との関係を表現した。まあまあ抽象的な表現だったので「イラストレーションになるだろうか」と不安だったが、自分にとって大事な思い出であり作品である。

f:id:tomu_saito:20220203205328p:plain

私がムサビ通信で学ぶことを決断できたのは、自分が病気になり、母が病気になり、「人生は一度きり」と吹っ切れたことがきっかけである。そのことを表現するために病院の待合室を描いた。講評でも指摘されたが、「どこの」待合室なのかが伝わりにくくなってしまったのが悔やまれるところ。文章がなければ病院だとはわからないので。

苦労した点

どの課題作品にも「もう少しこうやっておけば……」的な後悔というか、課題はいくつか残っているものの、苦労したというよりは素直に楽しかった。