オーガニックの良さってなに?『科学者が考える、リアルオーガニックライフ』は説得力があって面白い!

 

はじめに

f:id:tomu_saito:20180523214513j:plain

普段すっぴんで生活しているわたし。

一時期すっぴん美容のため、「オーガニック化粧品」に強く関心を抱いていた時期があった。その影響で今でもオーガニックに興味がある。しかし「信者」と揶揄されるほどの熱意は向けていない。

 というのも、

  • オーガニックが善
  • ケミカルが悪

みたいな話には「???」となることが多い。オーガニックに興味を抱いていた割には、苦手意識が強い。そんなわたしだったが、『科学者が考える、リアルオーガニックライフ』は説得力があって面白かった!!!

 

科学者が考える、リアルオーガニックライフ

本の概要

中山美穂さんが一目惚れしたオーガニックコスメ、MiMCの創設者が初めて書き下ろした、真っ当で合理的で新しい、本物のオーガニックの本。

「MiMC」を生み出した科学者が考える、これからのオーガニックの真実。化学物質過敏症を克服した科学者が作った、本物のコスメと正しい暮らしの物語。オーガニックを始めて幸福になった、ひとりの女性の「引き寄せ物語」。 

引用元:【バーゲンブック】科学者が考える、リアルオーガニックライフ|Amazon

 

著者の体験に説得力を感じる

著者・北島寿さんは、実験に勤しむ研究熱心な女性。しかし肌や体の調子を後回しにして研究に励んだ結果、肌あれや体調不良に悩まされることになる。

そんな時彼女が出会ったのがマクロビオティックである。マクロビオティックを生活に取り入れたことで体調が改善した彼女は、それをきっかけにオーガニック化粧品の開発に取り組み始める。

 

実体験や科学者としての視点から解説されているため、オーガニック化粧品開発のきっかけ、彼女のオーガニック化粧品が肌に優しい理由などに説得力を感じる!

 

「オーガニックが良い」と書いてないのが面白い

そして彼女のオーガニック化粧品に対する説得力だけでなく、肌や体への向き合い方に対する説明が面白い。

 

彼女は「オーガニックが良い」とは書いていない

例えば肌の章では、「元々肌に棲む微生物の力を利用すればいいだけ」と書いてある。保湿クリームの油分や、洗顔料、クレンジング剤の強い洗浄力で微生物達が弱ることが、肌トラブルの原因であると話す。

その続きとして彼女のつくったオーガニック化粧品の話が出てくるが、決してオーガニック推しではない

  

「コスメだけでは肌は育たない」

彼女の一説にこんなものがある。

もしかしたら「コスメの話を知りたかったのに、食事の話が多い」と感じた人もいらっしゃるのではないでしょうか。けれど、それには理由があります。

根源にあるのは、「コスメだけでは、キレイな肌は育たない」というシンプルな事実です。

私たちの体は、「自分が食べたもの」だけで作られています。

どんなにいい成分の美容液を塗ろうとも、高級なクリームをつけようとも、お肌を、そしてあなたを作るのはコスメではなく「食べたもの」なのです。

この考え方は、今まで触れてきたオーガニックの世界にはなかった。

わたしのオーガニックに対する苦手意識は「理由はともあれオーガニックなら良い」感にあったのだが、彼女の一説は「あくまでオーガニックは手助け」的な書かれ方をしている

肌や体を思うなら、まず「生活習慣から正すべき」という、ごくごく当たり前のことを説くこの本に、いたく感動した。

 

オーガニックの良さってなに?

f:id:tomu_saito:20180523215132j:plain

わたしは「選択肢が増えること」だと考える。

「オーガニックだから・・・」「ケミカルだから・・・」で話を進めるのではなく、両方のメリット・デメリットを理解したうえで使い分けることができれば、心地よいのではないかと考える。

そもそも『科学者が考える、リアルオーガニックライフ』で彼女は、

根源にあるのは、「コスメだけでは、キレイな肌は育たない」というシンプルな事実です。

と言っているのだから。

 

説得力のあるオーガニック本のおかげで、一度大きく膨らみかけていたオーガニックへの苦手意識が小さくなっていった

「オーガニックって本当に良いのかよ?」とちょっと疑っているのであれば、一度読んでみてほしい。良い・悪いの回答ではなく、納得できる本だから嫌いにならずに済むはずだ

是非に。

では。

 

◆本日のおすすめ◆

普段化粧をしない分、冠婚葬祭メイクに活用したい。