手の平サイズ「Google Home Mini」を手に入れた!ガジェットに弱い私でも使えてるよ。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20171024101401j:plain

SF映画好きな私は声で操作できるAI家電に憧れがありました。

 

でもSF映画はあくまでもフィクション。そんな時代はまだまだ遠・・・

 

遠くなかった!

 

SF映画好き・最新ガジェット大好きな夫のおかげで、とうとう我が家にグーグルホーム(GoogleHome)がやってきましたよ!

 

 

グーグルホームって何さ!

 (↑)これさ!

 

そもそも「グーグルホームって何?」って思った人もいるでしょう。

 

グーグルホーム(Google Home)はグーグルが開発したスマートスピーカー。 ... グーグルホームはユーザーがボイスコマンドを喋ることで搭載されている「Googleアシスタント」を通じてサービスを起動させる事ができる。

引用元:グーグルホーム - Wikipedia

 

2016年5月には海外で発売されており、11月にはアメリカ合衆国で、そして日本では2017年10月に販売が開始されています。

 

「OK、Google」でおなじみ

ここで書かれているGoogleアシスタント」は「OK、Google」のCMでおなじみ、人の声で反応してくれるサービス起動システムのことね。

 

私「OK、Google。明日の天気教えて」

AI「明日の天気は晴れ、気温は13度と予想されています」

 

みたいなやりとりができるやつ。

 

スマートスピーカー

我が家が今回購入したのはグーグルホーム”ミニ”だけど、グーグルホームはそれ本体にスピーカー機能がついているので、少々大きめ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/10/24時点)

 

といってもスピーカーの割には非常にコンパクトなデザインなので、お家の景観を崩しすぎないのが良いと思う。

 

ミニもそうですが、キレイな音が響き渡ります。スピーカー優秀。澄み切った声でAIが答えてくれるの面白い。

 

グーグルホームミニ

 

今回購入したミニのほうは、サイズが半分以上小さい。

 

スピーカーとしての機能はホームより劣ります

 

ただ我が家には、すでに心地いいスピーカーが完備されていたので、スピーカー機能を重視しておらずミニで全然OKでした。

 

あと家が広くないから、このサイズがちょうどいいな

 

科学系雑誌WIREDのUS版のレビューではこんな書かれ方をしています。

wired.jp

音質重視しないなら、ミニで十分よん。

 

グーグルホームミニの使い方

f:id:tomu_saito:20171024102121j:plain

(↑)タップしたり反応してくれるとき、光ります。

 

基本的な使い方は「話しかける」だけ。「OK、Google」ってね。

 

もちろん音量調整を手で動かすこともできるし、アプリ連携でやりたいこと無限大!

 

話しかける

本体に搭載されている機能の範囲内なら、特定のアプリやデバイスにつなげなくても返答してくれます。

 

もちろん初期設定でGoogleHomeアプリのダウンロードは必要だけどね。

 

ただ今日も朝方、「今日の天気は?」「今日の株価は?」にすらすらと答えてくれたので、天気予報をテレビで見る文化のない我が家にはぴったりだなと思った笑。

 

個人的には夫の「いってきます」に対する「いってらっしゃい」の返答だけ、やけにカタコトだったのが面白かった笑。SF映画のような人間によく似たAIはまだまだ先の話かもね。

 

音量調整なら

f:id:tomu_saito:20171024102322j:plain

グーグルホームは初期設定の音量がびっくりするほど大きい笑。

 

音量調整は声でも指示できると思うけど、直に触って調整しても良い。

 

といってもそんなに難しい操作は要らなくて、どちらが音量”大”でどちらが”小”かさえ覚えれば、軽くタップするだけで調整はできる。

 

アプリと連携しよう

ただ一番はとにもかくにも、グーグルホームと連携が取れるアプリをダウンロードして設定しつくすほうが優先だ。

 

アプリ連携の量がグーグルホームのある生活の豊かさを決めます

 

指示を出したいコンテンツの登録が済んでしまえば、本当に指示だしと動作がスイスイ決まる。音楽だってスムーズにかけられる。実に楽しい。

 

ロームキャストも活用しよう

f:id:tomu_saito:20171024102642j:plain

加えて我が家では、家族からテレビをプレゼントしてもらったこともあり、ロームキャスト(Chromecast)も追加購入した。

 

ロームキャストは、Wi-Fi環境があれば、インターネット経由のコンテンツ(YouTubeとか動画配信サイトなど)をテレビで楽しむことができるバイスだ。

 

 

例えば我が家は映画が大好きだから、今まではレンタルDVDを借りてみていたけれど、これがあれば動画配信サイトとスマホだけで借りに行く手間が省けるのだ。

 

レンタルDVDショップからしてみれば「うあー!営業がー!!」となること間違いなしのデバイスだが、映画を”気軽に”楽しみたい側からすれば、最高にラクなデバイスである。

 

グーグルホーム設置時の感想

f:id:tomu_saito:20171024101919j:plain

(↑)まるーんとしてて可愛い!

 

ただもちろん正直昨晩家にやってきたばかりだし、AI機能自体も常に発展途上だと思うから、まだ思うように意思疎通できていない部分もある。

 

ガジェットに弱い私だからこそ書ける、ちょっと切ない裏話を最後にいくつか紹介するね。

 

一苦労したのはセットアップ

一番「ん?」となるのはセットアップだと思う。

 

まあ、慣れてないってだけなんだけどね!一苦労した理由は明らかにせっかちな夫とガジェット激弱妻な私が原因さ笑。

 

グーグルホームミニを設置するのは簡単よ。電源アダプタをつないで、コンセントに差すだけだから。これは私でも大丈夫、できた笑。

 

初期設定のやりかた

事前にインストールしておいたGoogle Homeアプリを開きましょう。初期設定、はじめますよ〜。

 

1. アプリを開くと、アプリが自動的にデバイス本体を探します。デバイス本体が見つかったらそれをタップ。「1台のデバイスが見つかりました」って出ます。

 

2. アプリと本体が接続すると、本体から電子音が鳴るので、鳴ったのを確認したらアプリの「はい」をタップ。

 

3. デバイスの位置を設定します。位置というのはキッチン、リビングルーム、ベッドルームなどの把握ね。

 

4. Wi-Fi環境を設定します。ご自宅のWi-Fiとつないでね。

 

5. 「Googleアシスタント」の設定に入ります。説明書きを読んで「次へ」を選ぶと、「声で認識できるようにする」という画面になるので「使ってみる」を選びましょう。

 

6. 指示に従って音声認識を実践してみます。完了したら次へ進もう。ここら辺で音声認識がうまくいかなすぎて、若干疲れてる笑。

 

7. 住所を検索・入力する画面になります。多分自動入力されていると思うけど、違ったら自分で直します。

 

8. 連携するアプリを次々に足していきます。が、これがちょっとめんどい!それぞれにログインして連携・・・の繰り返し。でもここで「Google Music」とか「動画配信サイト」の連携がまとめて取れるので、くじけず足し続けます。

 

9. セットアップ内容を確認して「次へ」を押します。そうすると「Google Homeを使用できるようになりました」と出ます。「続行」を押します。ゴールは近い。

 

10. 簡単な操作方法の説明や、最新情報の案内があって、やっとこさ初期設定完了です。

 

長かった・・・。

 

はじめのうちはAIも・・・

音楽とか動画配信の連携を取ったはずなのですが、AIってはじめっから優秀な訳ではない。昨晩は全然意思疎通できなくて笑った。

 

夫「椎名林檎かけて」

AI「分かりました、椎名林檎を再生します」

♪いいんですか、いいんですか〜

私「これRADWIMPSじゃね?」

 

夫「コブクロかけて」

AI「分かりました、コブクロを再生します」

♪こ〜れからはじまる、あ〜なたのものがたり

私「これ絢香じゃね?」

 

そう、絶妙な間違いを犯します。マイケルジャクソンすら流してもらえません。原因究明は本日行ないます。連携うまくできてないんだろうな・・・笑。

 

これからが楽しみ!

ただね、この音声指示の世界観ってのがたまらなく楽しくてね、ワクワクしています。

 

昨晩さっそくつないだ動画配信サイトで『ブレードランナー』を見返しましたが、音声指示で写真を拡大するシーンがあってね。

 

「ああ、もうフィクションじゃない」

 

と思った。すごいね、未来ってすごいね!

 

 

ガジェットに弱い私でも十分楽しめているので、興味のある人はぜひ家電量販店などで体験してみてね。

 

あと「初期設定完了までが長い・・・」って私は思ったけど、アプリ登録慣れしてる人ならどってことないと思うよ笑。

では。

 

◆本日の一冊◆

表紙の女の子(バーチャル女子高生)もワクワクするよね!