【独特の世界観】期間限定!新宿・伊勢丹の横尾忠則限定アートショップへ行こう

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20171005112910j:plain

横尾忠則ってご存知?

 

日本を代表する芸術家であり、グラフィックデザイナー。一度見たら忘れられない強烈かつ奇抜な横尾ワールド全開の作品をつくり続けている御年81歳の方。

 

そんな横尾忠則さんの限定アートショップが、伊勢丹新宿5階で開催されています。

 

 

限定アートショップへ行って来た

この期間限定のショップは、2017年10月4日(水)〜10月17日(火)と少々期間が短いです。気になる方はお早めに。

 

伊勢丹新宿5階へ向かうエスカレーターを上がるとすぐに

 

「あ!あの世界は!!」

 

と思えるぐらい彩り鮮やかな横尾ワールドが待っていました。横尾忠則さんの作品目当てで伊勢丹に入った訳ではなかったんですが・・・目に入ったらダメですね笑。

 

足が横尾ワールドに向いちゃう。

 

www.fashion-press.net

 

奇抜な世界観のポスターだらけ

私は大学で演劇研究部に所属していましたが、当時一番好きだった戯曲家は寺山修司

 

「生まれてきた時代を間違えた」と思うほど笑、どアングラな世界が好きでした

 

そういえば寺山修司の作品『ああ、荒野』が菅田将暉さん主演で映画化されましたね。でも私が好きなのは『毛皮のマリー』じゃ笑!!!

 

 

(↑)美輪明宏さんとミッチーが美しすぎるんだよ、この公演・・・!

 

横尾忠則さんは、そんな寺山修司作品の公演ポスターなども手がけておるのです。寺山修司 横尾忠則でぜひ検索してください。絶対どこかで見たことあると思う。

 

でね、伊勢丹5階のアートショップには、そんな彼の名だたるポスターがどかーんと展示されている訳!

 

驚くほどポップで驚くほどアングラ!

 

有名な作品なのですが、あんなにポップな首つり死体のイラストがありますか笑?!

 

芸術家としてのグッズも素敵!

1人で足を踏み入れて、1人にも関わらず「すげー」「素敵」を連呼しまくっていたら、お店の方に声をかけられまして。

 

何かと思えば、グラフィックデザイナーとしての作品(ポスター)以外にも、芸術家として描いた作品のグッズがありますよ、という宣伝でした。ありがとう!!!

 

芸術家としてのグッズは、やっぱり横尾ワールドなんだけどポスターほど目がチカチカしないというか、もっと素直な感情で描かれているようなイラストが多くて。

 

ファイルとか、Tシャツ、トートバッグ、どれも可愛かった・・・。

 

 

ポストカードに一目惚れ

本来何も買う予定がなかったのに、まんまと買ってしまいました、ポストカード。

f:id:tomu_saito:20171005113152j:plain

(↑)黄色い放射線デザインと

f:id:tomu_saito:20171005113157j:plain

 (↑)ブルーの放射線デザイン。

 

 

ポスターは買えませんでした。印刷物なので絵画よりは購入しやすい価格ですが、10万円を超える買い物はまだできない泣。 

 

でもポスターを購入すると、横尾先生が直筆サインを入れてくれるとお店の方から聞きました。

 

だから買えなかったことがものすごく悔しい!!!

 

奇抜な世界が好きなあなたに

日本のアングラ芝居やヒッピーやサイケ文化が私は大好きなんだな〜と改めて認識。

 

横尾さんのアートショップは、今まで覗いてきたアートショップの展示より群を抜いて派手で奇抜だと思った。極彩色ではないと思うんだけどね・・・!

 

奇抜な世界観が気になるなら、ぜひ実物を観てください。

 

圧倒されますよ。

では。

 

◆本日の一冊◆

横尾忠則作品集とか、最高かよ!