【告知】『LIFE ON EARTH展』に参加します。スペース102でお待ちしております。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170911090640j:plain

記事執筆のお仕事の傍ら、ずっと絵を描いているのですが、このたび9/17(日)〜9/23(土)に行なわれる『LIFE ON EARTH展』に参加します。

 

 

LIFE ON EARTH展について

地球上に棲む生き物達をテーマにした企画展。

 

それぞれ「水」「陸」「空」エリアに分かれて展示が行なわれます。

 

発見されているだけで170万種以上の生物が生息する母なる大地、地球。

この展示では菌類から哺乳類まで無限に広がるいのちの多様性を表現する作家が集結します。
「LIFE ON EARTH」展はギャラリーEAST館の1階を「水」、2階を「陸」、スペース102、203を「空」エリアとし開催する生命をテーマにした企画展!

引用元:http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2017/09/life-on-eartheast1.html

 

会期スケジュール

企画展名:LIFE ON EARTH
開催日時:2017.9.17 SUN - 2017.9.23 SAT(1週間)
開催会場:DESIGN FESTA GALLERY EAST1、2階
1階:水フロア 2階:陸フロア スペース102、203:空フロア

 

在廊スケジュール

1週間作品を展示するのですが、そのうち私が在廊している期間を以下に記しておきます。

 

  • 9/17(日)11:00~15:00
  • 9/18(月)未定(午後、在廊予定)
  • 9/19(火)未定(午後、在廊予定)
  • 9/20(水)未定(午後、在廊予定)
  • 9/21(木)不在
  • 9/22(金)不在
  • 9/23(土)11:00~18:00

 

記事執筆の仕事の進行具合で在廊時間はマチマチです、ご了承ください。出来る限り在廊します。外のカフェで仕事しているかもしれません笑。

 

また実は人見知りなので、以下に紹介しているSNSにてご一報いただけると構えずに済みます笑。

 

デザフェスギャラリーの場所

私は原宿という立地に惑わされ、しょっちゅう迷子になっているのですが、そこまで遠くありません。人混みに飲まれ、方向感覚を失い、迷子になるだけです笑!

 

 

という立地。

 

明治神宮前駅からであれば、出口5から出ましょう。竹下通り前の交差点を右へ行くと、ムラサキスポーツが見えてきます。その右横の道をまっすぐ行きます。

 

2番目(私はいつもよそ見して間違えます)の曲がり角を左へ。直進すると右側にデザフェスギャラリーが現れます。

 

原宿駅から歩く場合には、竹下通りを突っ切ったら、後は上記の通り。ただ竹下通りは人混みがとんでもないので、慣れていない人は明治神宮前駅がオススメ。

 

www.designfestagallery.com

 

出展する絵について

f:id:tomu_saito:20170911091651j:plain

出展するのは「空」エリア。宙を舞う微生物や胞子をテーマに描きます

 

紹介している絵は、『Psychedelic oryzae』。日本の発酵食品に欠かせない”麹カビ”をテーマに描きました。胞子がこうやって見えたら超かっこいいのに!

 

普段のテーマ

普段は「心身の健康」をテーマに、病気の体験をもとにした明るい臓器の絵を描いたり、心臓の頭をもつ「心臓人間」を描いています。

 

khoksart.thebase.in

 

今回のテーマ

今回は普段とは違い、「人間」ではなく「他の動物」をテーマに描いています。が、「見えないけど確かにあるもの」という点では内臓も微生物も同じだな〜なんて思っています。

 

微生物を描こう!と思ったきっかけは、LIFE ON EARTHを企画したスタッフさんの「芸術と科学のあいだ」のお話に感動したことです。

 

企画したスタッフさんの想いが超・熱かった!

 

それに私自身、生物は小学生の頃からずっと好きで(理科と美術だけが成績良かった)、微生物に至っては大学〜大学院とずっと向き合ってきた対象です。

 

これはもう・・・描かない以外にない!と思いました笑。

 

身近な”彼ら”を知ってほしい

微生物って何とも間抜けで愛おしい。

 

生きるのに必死で、でも試験管レベルで育てると、自分の生成物で死ぬ※笑。だから人間が時々植え替えをしないといけない。

 

※一番たまんないのが乳酸菌。乳酸をばんばん出して、他の菌を殺すんだけど、ある一定度までいくと、その乳酸のpHで自分も死ぬという馬鹿さ加減。

 

薬用石鹸とかの宣伝で、「手にばい菌が」なんて言うけど、そのばい菌から身を守っているのは免疫力もあるけれど、自分の体に棲む微生物の力だったりする。

 

「カビ=ばい菌」みたいに思う人もいるかもしれないけど、カビによっては醤油や味噌、酒づくりに大いに貢献するやつもいて。

 

なんだ、微生物様々じゃん!と思うことがしばしばあります。

 

だから私はそんな身近な”彼ら”を知ってほしい。そのうえで、「もし彼らが肉眼で見れたら・・・!」という妄想をベースに描きました。

 

スペース102でお待ちしております

在廊期間は未定ですが、ツイッターやインスタグラムでお声かけいただければ、頑張って駆けつけます!

 

 

もしかすると、外のカフェで記事執筆の仕事をしているかもしれません笑。

 

もし微生物ファンの方がいれば、より深い知識や微生物愛を私に授けてください。第2回があれば、また微生物をテーマに参加する気満々なので。

では。

 

◆本日の一冊(参考文献)◆

微生物にときめく。