セックスレスの原因は私かもしれない。セックスが苦手になってしまった3つの理由。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170828080805j:plain

こんな記事を読みました。

 

tabitora.hatenablog.com

 

セックス嫌いな若者たち、というタイトルを聞いても、私は「彼らの人生なのだから別にいいじゃないか」とも思うのですが、社会的に問題視されている少子高齢化も、不安っちゃあ不安なワケです。

 

が、前々から私はセックスに対して疑問に思うことがしばしばあって。

 

今回はそんな話をします。

 

 

セックスレスの原因は私かもしれない

結論、もし私達夫婦がセックスレスになるのだとしたら、その原因は100%私、かもしれない

 

というのも私はセックスが苦手だ

 

激しく拒絶するほど、というワケではないものの、私の人生における優先順位は決して高くない。私にとって、感情が盛り上がった時におまけでついてくる感覚だ。

 

行為に対しては、盛り上がった時にはやはり心地が良いと感じるし、コミュニケーションの最高峰なんじゃないかとも思う。裸の付き合いだしね。

 

でもセックスが苦手だ。

 

私がセックスを苦手とする理由

f:id:tomu_saito:20170828081202j:plain

学生時代とは違う価値観になったことも原因だろう。

 

相手とは長い付き合いとなるからか、「(価値観が)変わったね」と残念そうに言われたし、それは認める。

 

が、ぜひ「変わってしまった」ことを憂う人に問いたいのは、それに至った原因に、周りの環境や、憂う自分が影響していないか考えてほしいと思った。

 

しなくても充足感があるから

例えば私は、「好きな人と一緒にお出かけをし、運がよければ手をつなぐ」だけでも充足感が得られる。夫という存在であれば、ハグだけで「あ〜しあわせ〜」となる。

 

裸にならなくても、充足感が味わえる

 

むしろ感情が高ぶらない限りは、裸になることにも抵抗がある。

 

生活の一部としてお風呂に入るという行為での裸に違和感はないけれど、私の中ではっきりと生活と性での裸が分断されている。今後、それを相手に明確に伝えなければならないのが課題だ。

 

性に抵抗がある時に、体にさわられるのは非常に苦痛。

 

「嫌だ」と言ったらやめてほしいのだが、もしそれを「”私は良い”から良い!」という理由で触られ続けたら、あなたならどう思いますか?

 

興奮する時期と嫌悪する時期の存在

そして私自身、自分の女性性が本当に嫌で仕方がない。

 

一般的に女性には月経がつきものである。

生理周期が28日とし、生理が始まる日を1日目と数えるとします。
1日目から7日目(生理期間)までは、女性らしさをつくるホルモンも妊娠に関係するホルモンもあまり分泌(ぶんぴつ)されません。

排卵日が近くなると13日目から女性らしさをつくるホルモンの分泌が増え始め、排卵日の15日目がピークとなります。

〜中略〜

この期間を過ぎると、20日目くらいから妊娠に関係するホルモンの分泌量が増え始め、からだの中では妊娠の準備が進んでいきます。

ここで妊娠しなかったときは、両方のホルモンが減っていって生理が起こります。

引用元:生理(月経)と女性ホルモンの関係とは?|はじめてからだナビ

私はこの”ホルモンバランス”の言いなりになっているような気がしてならない

 

なぜなら1ヶ月のうちに、性的に興奮する時期と、性的なものを嫌悪する時期がはっきり分かれて存在しているからだ。ただおかげでルナルナを活用せずとも、いつ生理がくるか大体分かる笑。

 

この激しすぎる時期の違いに、まず自分自身が嫌になっている。

 

なんせ相手に迷惑をかけるからだ。相手がノリノリなのに、自分が嫌悪期に入っていると、セックスなんてできない。2人の雰囲気も、もう最悪である。

 

でもその時の罪悪感を抱えたままの行為は、決して心地良いものではないし、行為に至らなかった時の相手の落ち込み方を見るのもつらい。

 

しなければならないプレッシャー

行為に至らなかった時の相手の落ち込み方を見るのはつらいが、それがあまりにも続くと、私の中で「セックスをしなければならないプレッシャー」が生じたことが分かった。

 

彼のために、私はセックスをしなければならない

 

最近はそう思うことが増えた。これは相手にも失礼だし、自分にも良くないんじゃないかと思っている。でも、あまりにも落ち込む相手を励ますにはコレしかない、という悪循環。

 

これは私の場合に限るが、私は周りの環境に影響を受けやすい。だから一緒に住む人や身近な人が落ち込んだり不機嫌になると、同調してしまう。

 

自分が明るく生活するために、相手に元気になってほしくて、乗り気じゃなくても体をさらす。それが結果的に”やりたくないことをやっている”から自分を苦しめている。

 

自分のために自分を苦しめている悪循環があるから、セックスが苦手になったのだと思う

 

ギャップがあると指摘された

f:id:tomu_saito:20170828081620j:plain

最初に紹介した記事には、結婚に関する充足感のアンケートで、女性は男性に対して「経済的充足感」を求めているのに対し、男性は女性に「性的充足感」を求めているというアンケート結果が出た。

 

私はセックスに対するギャップについて指摘されたばかりだったので、この記事はすごく読んでいて受け入れやすかった。

 

「ギャップがある」と相手に指摘された。それは事実だと思う。でも、そのギャップを埋めるには、もう相手との距離ができすぎた、とも思う。

 

「セックスがしたい」「できません」の繰り返しで、どちらかが折れてセックスすることになっても、しないことになっても、あまり心地よいものじゃないよね。

 

だけど、どうすればいいか分からないまま、今日も夜を迎えるのだと思います。

では。

 

◆本日の一冊◆

性について学んだ後は、伝える術を手に入れなければ