引っ越し費用を安く抑え、自分で行なうために必要だと感じた出費について。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170826081949j:plain

先日、引っ越しの大半が終了いたしました

 

いや〜大変でした。

 

引っ越し業者を使わずに引っ越しをするのはこれが初めて”ではない”のですが、大変さ変わらず笑。

 

ようやっと落ち着いてPCにさわることができたので、文章を書いている今が最高に幸せです笑。

 

さて今回の引っ越しで学んだことは数知れず・・・引っ越し費用を安く抑えて、自分達で完了させるために必要だと感じた、必要最低限の出費についてご紹介します

 

目次

 

引っ越し費用を安く抑えた動機

f:id:tomu_saito:20170826082117j:plain

まずこの内容を知りたいであろう人は、私達と同じような動機をもつ人だと考えました。

 

私達夫婦が、引っ越し費用を安く抑えるに至った動機をざっくり説明すると

 

  • 引っ越しより、他のことにお金を使いたい
  • 時間はあるのでお金はかけたくない
  • 自分達でもできることなので出費は抑えた

 

こんな感じです。

 

引っ越しするための費用って、業者に頼むと20万どころか、ハイシーズンでは40万円かかると聞きます。

 

そのお金を「他のことに使いたい」という欲から、毎回引っ越し費用は安く抑えることにしています。

 

とはいえ次回の引っ越し用に貯金を始めようかな・・・と妻(私)は思っておりますが笑。

 

引っ越し必要最低限の出費とは

f:id:tomu_saito:20170826082312j:plain

そんな私達がよく行なう引っ越し(ワケあって同じ場所に2年以上滞在できたことがありません笑・・・交際歴5年の私達が引っ越しするのはこれで3回目です)。

 

前回と今回で方法はほぼ同じ。

 

自分達で(もしくは家族の力を借りて)レンタカーを借りて運べるものは運ぶ and 便利屋さんに大型家電を一緒に運んでもらう、です。

 

が前回は家族の力を借り過ぎてしまい、「引っ越しはもうこりごり!」というお言葉を両方の家族から言われていました(言われて当然のことをしてしまった私達が悪い)。

 

なのでレンタカーと便利屋さんの力をお借りしたワケなのですが・・・。

 

レンタカーは必ず”バン”で!

私達が主に引っ越しの大部分を自力でやるのだから、私は夫が”バン”のような、積載効率の良い車を借りてきてくれるのだと”勝手に”期待していました。

 

普通の自動車がやってきました笑。

 

・・・。

 

いやいやいや!!!

 

物が多い2人なのだから普通の乗用車はいかんだろう!と思いましたが、借りてしまったものは仕方ありません。

 

めっちゃ積みました笑。

 

ただね、自力で引っ越しするならレンタカー代はケチらない方がいいと学びました。乗用車では全然積めない、結局笑。

 

彼が夏休み期間なこともあり、3〜4日引っ越しに時間をかけられるとはいえ、可能であればさっさと引っ越しして、さっさと落ち着きたいところ・・・。

 

お金は”かけるべきところにかけるべき”、という当たり前のことを学びました

 

反省。

 

便利屋さんを雇うにしても

人の手を借りることにも、ある程度お金をかけることをオススメします。

 

当たり前ですよね!自分が便利屋さんの立場だったら・・・と考えるべきだと思うのです。

 

前回も便利屋さんに引っ越し手伝いを依頼しましたが、その時の価格は8,000円/3時間。だけどチップを上乗せしても足りないぐらい無理難題を押し付けてしまいました。

 

小さな軽トラックに積み込み、便利屋さんのおじさまも屈強とはいえ、少々お年の召している方でした。仕事をしている人にとっては失礼だとは思いますが、申し訳なさでいっぱいになってしまいました。

 

今回は18,000円/3時間

 

大幅にグレードアップした分、便利屋さんは積載量の多いバンで登場し、ひょいひょいと積み込む細身なのに力に安心感のあるおじさまでした。

 

個人的には申し訳なさはあまり変わらないのですが、こちらの方に対する対価の方が、素直にありがたい気持ちでいっぱいになりました。個人の感想ですが。

 

人を雇うということを軽く見てはいけないです。

 

自分だったら・・・という思想は忘れちゃならんと思ったのです。

 

食事代や水道光熱費に注意

おまけ・・・と言ったらなんなんですが、食事代や水道光熱費にも注意。

 

住むことになったお家はプロパンガスなのですが、ガス会社に限らず、どのインフラ会社も私達の住む”家”の存在を知らないという事態が発生しています。住所録に記載がないのか・・・?!

 

まあ、築年数も不明らしいので(?!)社会に認知されていない家なのかもしれません笑。

 

そのため、昨晩は水風呂に入りました。すっげー寒かったです笑。

 

当然のごとく、ガスが出ず、ガス台もなく、しばらくは料理もできそうにありません。外食代も、考慮しておいた方がベターです。

 

自分で行なうために必要なこと

f:id:tomu_saito:20170826082704j:plain

これから住む家も、ワケあって5年後には出なければならないのですが、私はまた2年もしないうちに引っ越すような予感がします笑。

 

そのため、今後の引っ越しに向けてどうすべきか、考えたことを書きます。

 

物を減らそう

元々私は物が多い人です。でも数回の引っ越し経験に「もうこりごり!」な状態なのと笑、できる限り荷物を減らせば、フラッとどこかで旅するように暮らせるのでは?と考えています。

 

だから引っ越しを少しでもラクに終えたいのであれば、物を減らそう!と思いました。

 

例えば私は読書が趣味で、本が大好きなのですが、本はしばらく買いません。

 

巨大な本棚が欲しいけど、移動が頻発するのであれば身軽でいたい。

 

大変な思いをする覚悟

当たり前ですが、覚悟も必要です。

 

お金を使ってラクをするか、お金を削って自分でやるか・・・そこの覚悟がなければやっていけませんもの。

 

費用を削るとは、そういうもんだと思っています。

 

1回やってみて、「次回はこうやれば、もっとラクに作業ができるはず!」とチャレンジ精神にあふれているなら、何度でも挑戦できると思いますが笑。

 

まだ大変です笑

とエラそうに言いつつ、まだ全然引っ越し終わっていません。今日も一日部屋片付けです。来週も引っ越した元の場所の掃除や不要品回収をしなければ!って感じです。

 

引っ越しはやっぱり大変だ〜!

では。

 

◆本日の一冊◆

今回の家では、この精神で暮らすことを目標に。