簿記の資格って無意味なの?いいえ、簿記の基礎を知れば役に立つ!

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161024113223p:plain

簿記の資格について、「無意味なんじゃないか」という疑問をよく耳にします。

 

正直、簿記3級に関しては「誰もが持っていて当たり前」と言われるほどの知識だそうですね。だから資格をとる目的によっては確かに「無意味」なのかもしれません。

 

しかし簿記の基礎を知ることは、少しでも稼ぐことに関心があるのなら役に立つはずです

 

目次

 

簿記の知識は役に立つ 

f:id:tomu_saito:20170817193844j:plain

もしあなたが、何らかの形で”稼ぐ”ことを考えているのであれば、多少なりともかじっておいた方が後々、お金の動きを理解しやすくなるでしょう。

 

簿記の知識は、経営内容を可視化することができる利点にあります。

 

「資産」「負債」「資本」「収益」「費用」といったお金を可視化することで、売り上げや利益を計算することができるのですから。

 

利益の有無は、簿記の存在があってこそ理解ができるものです。

 

また「経営や”稼ぎ”に興味はないよ!」と言う人も、家計簿をつけたり「今月お金使い過ぎてないかな」と収入と支出を確認している行為も、ある種の簿記と言えるでしょう。

 

知らぬ間に簿記とかかわり合っているのであれば、基礎は知っておいて損はないと言えます。

 

簿記の知識勉強法

f:id:tomu_saito:20170817194011j:plain

とはいえ、今まで経済やお金に関して興味・関心を抱いてこなかった人にとっては、簿記を学ぶということ自体が、少々ハードルが高く感じる場合もあります。

 

私が・・・そうだったので笑。

 

ただ目的を持って資格をとるにしても、知識だけを得るにしても、まず初めは簿記に関心をもつところから始めるべきだと私は思います。

 

興味・関心を抱いて、楽しさを知ってからが、勉強が楽しくなる秘訣なのです!

 

おすすめの”超”基礎知識本

まず私が”簿記そのもの”に興味を抱くことができた"超"基礎知識本をご紹介します。

 

それがこの『これから始める人の簿記入門』です。

 

 

章と章の間に分かりやすい漫画が挿入されている1冊。

 

主人公である新米社長と、しっかり者の従姉妹、そして本を監修する税理士・佐々木理恵(ささき まさえ)さんがこの2人を指導するといった内容。

 

主人公たちが私達が抱く簿記の疑問を、ガンガン先生にぶつけます。ありがたいことです笑。

 

簿記に頻繁に登場する”勘定科目”という呪文のような単語達を、暗記させるのではなく、言葉の意味を紹介してくれる本です。

 

だから戸惑うことが少ないはず!

 

おすすめの勉強サイト

「簿記の基礎知識は得たから、実際にお金の動きを確認してみたい」「問題を解いてみたい」と思った人におすすめなのが、下のサイトです。

 

studyboki3.com

 

驚くほど学習のしやすいこのサイト。つくってくれた人にホント、感謝です。

 

解説も非常に分かりやすい上、勉強の進捗を確認することもできるので勉強のモチベーションがあがります。

 

先に紹介した『これから始める人の簿記入門』と合わせて、問題を解いていき、簿記に登場する独特な”勘定科目”が何を意味するのか、しっかり理解した上で解いていくことをおすすめします。

 

本と合わせることで、絶対に理解が深まります。

 

その場だけの勉強ではなく、知識の落とし込みができますからね!

 

公式本はとっつきにくいけど

 

またこれは公式問題集です。

 

私個人としては、”とっつきにくい”ので正直この問題集を解くのは苦手なのですが笑、理解を深めた上で解いていけば、どってことないでしょう。

 

実際の試験問題は、どちらかといえば公式問題集に近い出され方をするワケですから、試験対策をする場合には、こちらを解くことに力を入れるべきですよ。

 

まずお金に興味がなければ

冒頭の質問のとおり・・・簿記の資格は、とる目的によっては無意味だと思います。

 

私はもう、会社に属するつもりがないため笑、「アピールする意味もない資格を取ってもなあ・・・」という発想から、”私にとっては”簿記の資格は無意味です。

 

が、お金に興味があるからこそ、その知識を読み込んだことに悔いはありませんし、むしろ感謝しているほどです。

 

私は今、お金をある額以上稼いだら確定申告をする必要があるので、その時は簿記とまた巡り会いますしね笑。

 

まずは”お金”に興味をもつことから始めましょう。”お金→簿記の基礎知識→稼ぐ”って愚直すぎるかもしれませんが、損もないと思うのです。

では。

 

◆本日の一冊◆

まずはお金から!