精神的に限界なら、逃げよう。メンタルクリニックは現代の駆け込み寺だと思う。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161101180431p:plain

私は2016年6月に体調不良で会社を休職、その後2016年12月末で退職しています。

 

今では「はなっから会社員に向いてなかったんだな〜」と思えるようになりましたが、あの時は”精神的に限界”という感覚しかなく、ツンと押せばボロボロと崩れ落ちる、そのぐらいもろい精神状態だったことを覚えています。

 

目次

 

精神的に限界なら

http://3.bp.blogspot.com/-fm10DkDb-jk/Udy6jWQ4PVI/AAAAAAAAWIQ/xqVY0qM4I4M/s800/busy_man.png

私は、精神的に限界だ・・・と思うのであれば、まずは逃げてほしい

 

なんだか風潮的に、逃げることは恥だ!と強く言われているけれど、人はただただ好き勝手言う生き物です。

 

逃げずに立ち向かい続け、自殺してしまった人に対して、言っていることを180度曲げて「逃げれば良かったのに」なんて無責任なことを言う人もいると思う。

 

だから他人なんて気にせず逃げてほしい

 

私の場合

私は会社員時代、会社の在り方や人間関係に悩んでしまい、”自律神経失調症”になりました。その症状がきっかけで、休職→退職しています。

 

体の調子を崩し始めたのは、休職するよりずっと前からでしたが、「休職させてください」と訴えた時には、激しい動悸や腹痛、不安感などに襲われていて、自分でもビックリするほど、身も心もボロボロでした。

 

”このままだと死ぬ、逃げないとダメになる”と思い、メンタルクリニックに駆け込みました。

 

その時、お医者さんの前で信じられないほど泣きました

 

精神的に限界だったのだと、そこでやっと悟ることができました。 

 

メンタルクリニックへ駆け込もう

http://1.bp.blogspot.com/-xO7DZCmQ4mo/VSufqqdxlrI/AAAAAAAAtAE/yBZhnyA6Kfs/s800/monshin_woman_doctor.png

精神的に限界なら、まずはその場を逃げ出してほしい。

 

そう簡単に逃げ出せないのであれば、聞こえは悪いけれどメンタルクリニックへ駆け込んで、お医者さんの力を借りて逃げ道をつくりましょう

 

お医者さんの力を借りると、色々と変化を起こすことができます。

 

薬を処方してもらう

例えば薬の処方。

 

精神的な病というのは、”脳の病気”ですから、薬で症状を抑えることはできます

 

精神状態が悪化して、会社員から脱出する前から、私は少々精神的に不安定だったのですが、一時期は薬で症状を落ち着かせていました。

 

今の私は、薬で症状を抑えるのではなく、環境を変えることで精神状態を落ち着かせていますが、薬の効果がなかったワケではありません。

 

まず自分の症状から逃げ出したい、という場合には薬の処方を受けにメンタルクリニックへ駆け込むのはアリだと考えています。

 

根本から向き合いたい

自分の症状や、置かれている状況にたいして根本から向き合いたい。そんな時もメンタルクリニックへの駆け込みは重要になってきます。

 

環境を変えるためのきっかけが欲しい、という動機でメンタルクリニックへ駆け込んだっていいと思っています。

 

私の場合、会社員時代に駆け込んだメンタルクリニックでは、薬の処方を受けませんでした。その代わり、自分が置かれている状況・環境を改善するという目的で病院へかかりました。

 

自分の症状から逃げ出すのではなく、環境そのものから逃げ出したい場合にも、メンタルクリニックは助け舟になってくれることでしょう。

 

お医者さんをもっと頼って

精神的に限界を迎える人は、きっと他人のことを思って、自分のことに目を向けられない人も多いと思います。

 

でもメンタルクリニックは、そこにいる”お医者さんという他人”は、それが仕事なのだから頼っていいんです。

 

精神的に限界なら、人を頼って逃げましょう、駆け込もう。

 

 

我慢だけはしないで

http://1.bp.blogspot.com/-2GiMCaqMR5U/VcMmRqCA6dI/AAAAAAAAwf8/iTawqHeSXOQ/s800/pose_namida_koraeru_woman.png

とにもかくにも我慢だけは絶対にしないで

 

メンタルクリニックのことを、私は現代の駆け込み寺だと思っています。

 

明確に症状を名付けてくれて、逃げ道を示してくれる駆け込み寺。

 

もちろんそんな駆け込み寺も、1つの商売といえば商売なので、評判が悪かったり、相性が悪かったりということもあるかと思います。

 

でも、まずは駆け込みましょう

 

結局、大切なのは心身を休めることなんですよ。自分で休もうと思っても休むことができないのであれば、駆け込み寺に駆け込んで休む口実をつくらないと・・・と思う。

 

あなたの心身をボロボロにした相手が、どんな相手かは私は知らない。

 

でもあなたが、あなたの心身をボロボロにした相手から、ボロクソ言われる筋合いはない。 

 

限界を迎える前に逃げる

逃げたっていいじゃん。

 

限界を迎えてから逃げるのは、体にも心にも負荷が大きすぎる。真面目であればあるほど、そんな自分の状況を責めたててもっともっと心に傷を負ってしまうはず。

 

逃げるが勝ち

 

まず逃げよう。ね。 

では。

 

◆本日の一冊◆

逃げる技術を得ておこう!