真夏のデザインフェスタ、無事終了しました。デザフェスでの売り方と今後の意気込み。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170807104724j:plain

今回は画家”かたやまかほ”としてのお話をします。

 

そうです、8月5日と6日に行なわれた真夏のデザインフェスタのお話をします。

 

目次

 

デザインフェスタはどんなイベントか

アジア最大級のアートイベントであるデザインフェスタ

 

プロ・アマ問わず、アートのお祭り騒ぎ、それがデザインフェスタです。絵、イラスト、写真、ハンドメイド、アクセサリー、お芝居、ライブ、なんでもござれ。

 

カオスな空間が広がるデザインフェスタは、国内外問わずさまざまな方と出会える素敵な空間なのであります。

 

よろしければ、初出展の記事もご覧くださいまし。

デザフェスレポートvol.0

デザフェスレポートvol.1

デザフェスレポートvol.2

デザフェスレポートvol.3

 

出展の感想について

結論、とても悔しかった

 

とても悔しい想いをしました、今回は。

 

売り上げは惨敗

まず大切なお金の話をしましょう。

 

今回原画を20数点、ポストカードを10種類ほど揃えて出展いたしました。

 

売れたのはポストカードが約10枚と原画2点。恐らく8,000円ほどの売り上げだったと思います。

 

出展に約20,000円、パネル等備品を借りるのに+約20,000円です。

 

ええ、大赤字です・・・はずかし〜!

 

今回、前回出展した際に”個性が固まっていない”という欠陥があったので、テーマを統一しつつ、前回の在庫をはけようとした罰が当たりました笑。

 

興味はもってもらえた、かな

f:id:tomu_saito:20170807105932j:plain

ただ前回とは違い、作風に統一感を持たせようと、心臓を中心とした臓器の絵を描きまくっていました。そのおかげもあってか、通りすがりの人が口々に

 

「あ、心臓だ」

 

と言ってくれていたので、目は引けたのかな?と思っています。

 

数人は足を止めてくれていたのですが、やはりデザインフェスタでは、デザフェスに適した展示・販売方法をしなければ、売り上げにはつながらないようです。

 

デザフェスでの売り方

実際に売り方を変えて、売り上げがアップするかどうかは11月に行なわれるデザインフェスタvol.46で実証するしか方法がないので、今回はあくまで考察です。

 

”原画を買う”は古い?!

正直、私は”絵”がとにかく好きで、大好きなアーティストさんの”原画”を手にすることにものすごく喜びを感じるのです。

 

そのため、今回私が原画販売にこだわったのも「部屋に絵を飾る、しかもアーティスト直筆の!」という喜びを知ってほしくて始めました。

 

が、しかしお客様直々にも言われましたし、出展者さんにも言われました。

 

「原画は買えないし、買わない」

「原画は売れないし、売らない」

 

そう・・・そういうものだったんです笑。

 

というのも、デザインフェスタという”お祭り”の場では、みなさん作品ではなく”思い出”を買うんです

 

展示と販売は完全に別物!

今回私は意固地になっていました。原画を観てほしくて、そして持って帰ってほしくて。

 

でも展示と販売は完全に別物だったんです。

 

ほとんどのアーティストさんが、パネルには”売らない原画”を展示して、物販でそれを印字したポストカードや缶バッチなどのグッズを展開していました。

 

そう、私の想いは重過ぎた笑!!!

 

絵が売れないのではなく

デザインフェスタはお祭りで、人は、お祭りに参加した思い出がほしくてお金を出すのだと、私は解釈したのです。

 

絵が売れないのではなく、原画を持って帰ってほしいという私の想いが重過ぎただけであり、買う人は買うし、買わない人は買わない。ただ、それだけでした。

 

しかし、今回のアプローチミスは非常に痛かったです笑。

 

今後の意気込み

f:id:tomu_saito:20170807111523j:plain

絵を売る話ばかりしてしまいましたが、話題が広まることだけでも十分嬉しいですが、お金を払ってでも欲しいと言われるような絵を描きたいのです。

 

説得力がでますから、お金が絡むと、どうしても。

 

そのため11月に向けて、今後の意気込みをお伝えします。

 

作品を徹底的に統一

まず作品を徹底的に統一します。

 

人物画は好きですが、私の”個”からは外します。

 

『HEART HUMAN』、心臓人間シリーズと『Series of Glittering organs』、ときめき臓器シリーズを徹底的に描き続けます。

 

内臓が好きなので、臓物描きまくります!

 

 

デザフェスは物販・宣伝目的

そして原画はデザフェスでは売らない方向でいきます!

 

もちろん数点は展示するために持っていきますが、デザフェスは物販・宣伝目的のために顔出しする機会として利用しようかと考えています。

 

実際SNSでも世界は広げられますが、私の性質上、出会った方がよう喋るので笑。後同じ傾向のアーティストさんと出会えるのは、圧倒的に現実の世界でした。

 

だからデザフェスはできるだけ出展しようと思います。

 

でも今後は、個展を開くことを目標に絵を描きます

 

私はやっぱり”描きたい”し、”観てほしい”し、”出会いたい”ので。

 

海外へ向けて発信する

そして、前回今回と仲良くなった方に海外の方が多いので、もういっそのこと海外へ向けて積極的に発信しようと思いました。

 

そのためインスタグラムは完全に英語表記で、絵をメインに発信することにします。

www.instagram.com

 

ちなみにネットショップも、作品タイトル・解説全て英語表記に変更しました。

khoksart.thebase.in

 

ツイッターはブログの更新通知以外は、英語でつぶやけるよう努力します(英語を)。

twitter.com

 

応援、よろしくお願いします

とてもおこがましいお願いだとは思いますが、ブログはブログで考えていることをバシバシ書き続けますので、絵も興味をもっていただければ幸いです。

 

もう色んな人のブログや絵を拝見するたび、「私、自分のことばっかり考えてんな〜」と反省大賞ですが、そうなんです。自分のことばっかり考えてます、結局は笑。

 

ただ、とりあえず20歳の時の病気で、人生がガラッと変わってしまい、

 

「自分本位に生きないと、生きてても対して面白くない」

 

と気づいてしまったんです。・・・お許しください。

 

こんな人間ですが、全然生きてるんでどうかよろしく。

では。

 

スペシャルサンクス

 

@designfesta 

@gataug

@ao_shiori

@_shigoku_kataka_

@chick0903 

@circleplus1210

@suzette.____ 

子乃旗さん

KOICHIROさん

ミィさん

遊びに来てくれた両親

マネージャーと化した夫

and so on!!!