料理が嫌いな私が、めんどくさいと思った時につくるご飯レシピと「それの何が最高か」を語る。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170723061438j:plain

「料理が嫌い」

 

世の中には、そう思っている人が結構いそうなものですが、なんだか世間一般では「料理が嫌い=ヤバい、ダサい、ありえない」的な考えがほんのり充満していると思える今日この頃。

 

私は「好きか嫌いか」と問われたら、その2択しかない限りは後者を選びます。はい、そうです。私は料理が嫌いです。

 

でも「料理が嫌い」でも、別にいいんじゃない?

 

目次

 

めんどくさい時のご飯レシピ!

f:id:tomu_saito:20161221140318j:plain

まず「料理が嫌い」代表の私が、それでも料理をしなきゃいけない時に活用している”ご飯の味方”を紹介します。料理がめんどくさい時、これさえあればラクです。

 

サッポロ塩らーめん

簡易調理麺の代表とも言える『サッポロ塩らーめん』です。

 

もしあなたが塩派ではなく醤油派だったり、超おいしい豚骨ラーメンの『マルタイラーメン』派だったりしたら、それを選ぶのもまた良し。

 

ただ塩をおすすめする理由は、味をいじってもそこまで失敗しないところがおすすめなのです。

 

料理がめんどくさい時には、規定量の水でお湯を沸かし、麺をぶち込み、好きな具材をぶち込み、スープの素をぶち込むだけで完成する優れたレシピ。

 

しかしながら毎度同じ味というのも人は飽きるので、トマトジュース足してみたり、カレー粉足してみたり・・・ができる!

 

 

マルちゃん焼きそば

大きな見出しの下に挿入した写真は、まさしく私が「料理、だる」となった時につくった1品です。冷凍庫や冷蔵庫で余っていた具材を投入して、説明書き通りに炒めただけの簡単レシピ。

 

こちらも味が決まりきっているものの、そこまで濃ゆいソース味に悩まされることもないし、麺をわざわざ茹でて・・・みたいな手間もないし、調理・味付けともにラク。

 

どんな具材を入れても基本的には味がまとまるため、余りものをどれだけぶちこんでも旨い。

 

逆に、冷蔵庫に何もなくて貧相な焼きそばができあがっても旨い。

 

 

お茶漬けの素

ちょっと味が濃い目だけど、ご飯さえ炊けていればお湯を注ぐだけでスルスル食べられる便利アイテム、それがお茶漬けの素。

 

お茶漬けは、めんどくさい時のご飯レシピとしては結構上位にあがるんじゃないでしょうか。

 

調理がめんどくさい時にも効果的ですが、「食べるのがめんどい・・・」という若干、精神的に参っている時にも効果的なレシピだと思っています。

 

 

これらの何が最高なのか

これらアイテムが、ラーメン・焼きそば・お茶漬けというレシピが、なぜめんどくさい時に最高なのか、”最高に便利なのか”をお教えしましょう。

 

調理器具が少なく済むから

私が考えるダントツの理由はコレ!

 

とにかく「使う調理器具が少ない」ということは、「料理が嫌い」「料理がめんどくさい」と思う人にとって、その負担を軽くしてくれる項目だと思います。

 

例えば”焼きそば”なら、炒めるためのフライパン、それから具材を切るためのまな板と包丁、皿と箸ぐらいで済みます。超めんどいなら野菜は手でちぎって入れればいいし、フライパンから直接食べちゃえば良いw。

 

調理器具は少なければ、調理時間と片付け時間の短縮につながるので、料理の時間そのものがめんどい人にはうってつけな訳。

 

洗い物が減るから

調理器具の少なさ=洗い物の少なさです。

 

”焼きそば”も”ラーメン”も”お茶漬け”も、食器と大きな調理器具が洗い物となるのは免れないですが、たったそれだけとも言えます。

 

ざっと洗えばいいから楽。細々とした調理器具や食器にため息つく必要なし。洗い物もざっと終わらせられたら次の行動がしやすいというもの。

 

調理が単純だから 

とにかく調理が単純です。

 

炒めるだけ、茹でるだけ、注ぐだけ・・・が基本なので、どんなにめんどくさかろうと「このぐらいならまだ許せる」と思えること間違いなし。

 

あとつくった料理を食べるのが自分だけなら、もっと気が抜ける。

 

自炊生活は必ずしも”一汁三菜のきちんとした和食”である必要はない。だから、難しいことは考えないで、炒めるだけ・茹でるだけ・注ぐだけに身を任せると良いと思うんだな。

 

体をちょっとでも気遣うなら

f:id:tomu_saito:20170723063700j:plain

ただ先に紹介したご飯レシピにある「お茶漬け」のように”注ぐだけ”と聞くと、カップ麺についつい人は誘われがちだと思うのですが、さすがにあれを毎日食べ続けるのは飽きるし、塩分過多になると思っています。

 

だからちょっとでも体に気を遣うなら、炒めるだけ・茹でるだけ・注ぐだけの調理にプラスアルファの意識をしてみてください。

 

野菜マシマシを心がける

それが野菜マシマシ。

 

炭水化物とタンパク質、それに脂質の方が、味としては最高に美味しいだろうし、食欲も湧くだろうけど、やっぱりそればっかり食べてはいられません。

 

だから野菜を焼きそばにもぶち込み、塩ラーメンにもぶち込み、お茶漬けにもぶち込んでしまいます(お茶漬けというより、雑炊やおじやに近づく)。

 

野菜をぶち込む時は、別に手ちぎりだって良いのだから。

 

栄養バランスを意識する

もちろん野菜ばっかり食べていても、エネルギーが足りなくてへろへろになる場合がある。だから栄養バランスを”意識する”ところから始めたらいいんじゃないでしょうか。

 

”意識する”だけでいいよ、と思っている理由は、「食生活が乱れている人は、まずその自覚がそもそもない!」と思っているから。

 

だから”意識する”だけでも、自分の悪習慣を正す方向に自ずと意識が変わるはず。

 

「あ、今私野菜が全然足りてない」と思えたら、その後足せばいい、だけのこと。

 

「料理が嫌い」でもいいんじゃない?

f:id:tomu_saito:20170723064404j:plain

私は「料理が嫌い」ということを認めても全然OKだと思っているのです。

 

風潮的に「料理くらいできなきゃ云々・・・」な感じはあるけれど、苦手・嫌いをワザワザ好きになるまで克服する必要はないと思うんだよな。

 

生きるために好きになる必要はない

嫌いだろうが苦手だろうが、やる人はやるし、やらない人はやらない。

 

ただそれだけの話だから、「生きるために好きになる」ほどの気迫はいらないだろ〜と思っている、料理に。

 

料理が好きで好きでたまらない人に出会えたら、それはとてもラッキー。料理は彼・彼女に任せ、他の得意な分野でその彼・彼女に恩返しできれば十分WINWINでしょうよ!と思う。

 

「料理嫌い」って断言したって構わない

ここで素敵な本を1冊紹介。

 

潔く「料理が嫌い!」と断言している本『食べるのが好き 飲むのも好き 料理は嫌い』は非常におもしろかったです。

 

これは一応料理雑誌に収録されていた”料理本”なのですが、まあ作者の内館さんは結構な勢いで料理嫌いを語っております笑。

 

でもこれを読むと、「料理嫌い!」って断言したって問題ないことが分かる

 

食べるのが好き 飲むのも好き 料理は嫌い』で、内館さんは決して「料理ができない人」ではないことが分かります。結婚適齢期に料理教室にきちんと通い、料理のノウハウはしっかりと理解していて、そのうえではっきりと嫌いなんですよね。

 

彼女はただ認めているだけに過ぎないんですよ。嫌いだということを。料理なんてたかがそのくらいのものなんだな・・・と思う笑。だから私のような料理嫌いは救われたのでありました笑。

 

では。

 

◆本日の一冊◆