会社行きたくない!でも行かなきゃならない、そんな時。無理矢理会社へ行くための強引な方法3選。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170609111255j:plain

はじめに。

先に説明させていただきますが、私はもう会社員ではありません。在宅で働く、しがないライターです。でも、会社員だった過去が存在します

 

私もよく思っていました。「会社行きたくない!」と。でも、行かなきゃならない。行かなきゃ稼げない。行かざるを得ない。

 

正直「行きたくない!」と思ってしまった人には無理して行ってほしくない。我慢し続けて、メンタルがぶっ壊れて、何もできなくなってからでは遅いからね

 

でも、どうしても行かなきゃならない理由が生じた時。そんな時のために、無理矢理にでも行く方法を3つご紹介します。

 

最終手段として、ご活用を

 

 

無理矢理会社へ行くための強引な方法

f:id:tomu_saito:20170610122801j:plain

私には会社員だった過去があります。しかし今だから告白できることですが、私は入社して1日目から「会社へ行きたくない!」と思っていました笑。

 

バリバリの社会不適合者だと、自分でも思ってます笑。

 

ただそんな私でも、1年間は会社へ勤め続けることができました。結果的にメンタルを壊し、退職したとはいえ、強引に会社へ行くことはできたのです。

 

どのようにして1年間会社へ勤められたのかお教えします。

 

1.ギリギリに出社する

新入社員は、誰よりも早く会社に出社し、頑張る姿勢を見せろ!的なことをやんわりと言われた記憶があります。

 

が・・・

 

結局、出社が早かろうが遅かろうが理不尽な無理難題は降り掛かってきます

 

というか早く出社しても、正直何の役にも立たなかったし、第一、理不尽な課題というのは終業間際に降り掛かります笑。

 

そこでどうせ理不尽なことが起こるなら

出社前の時間は存分に楽しませてもらう!

 

という風に開き直り、ギリギリ出社を慣行しました。

 

ギリギリ出社には、自分の心身の限界値をはかることができるという利点があります。

 

ギリギリ出社すらできない、そもそも布団から起き上がれない、玄関から出られない・・・そんな人はもう心身やられちゃってます。休んでください

 

2.精神面をシャットアウトする

もし働くことへの価値が、お給料重視であるならば、この方法をおすすめします。

 

嫌なことを平気で言う、理不尽な仕事を平気で振ってくる、会社によく分からない慣習がある、などなど・・・嫌な想いをすることは多々あるでしょう。

 

が、もし「働くのはお給料のため」「出世のため」等々目標がもう定まっているのであれば、そのために必要な感情”以外”はシャットアウトしちゃいましょう

 

私の好きな言葉を紹介します。

 

"人ってね、大半が水でできてるんだよ。だから、誰かに怒られた時には「ああ、なんか水が怒ってんな」って思えばいいんだよ"

引用元:Twitterに流れてきたツイート

  

ああ、なんか水が怒ってんな。

 

この表現に、どれほど救われたことかww

 

どうでもいい人に傷つけられるぐらいなら多少性格悪く生きましょう。どうでもいいばかりが心地いい環境に、自分を虐げることで整える必要はないからね。 

 

3.帰る時間をカウントダウン

目を覚ました瞬間から、帰る時間をカウントダウンしましょう!出発する前から帰ることを考えるんです笑。

 

もっと端的に言えば、「あと○時間もある・・・」と考えながら仕事するのではなく、「あと○時間すれば帰れるじゃん!」と残り時間をポジティブシンキングするんです!

 

ちなみに私は、「終業まであと2時間」という時間が大好きでした笑。なのでお昼休憩をワザと後半にずらし、つらい仕事の時間を耐え抜いてきました。

 

どういうことかと言いますと、まず空腹を15時まで耐えます笑!!そして15〜16時に休憩をいただきます。するとどうでしょう・・・。

 

休憩から戻ってきた時、あと2時間で仕事を終えられるという快感が得られるのです・・・笑!

 

最後にお願いがあります

f:id:tomu_saito:20170610122736j:plain

無理矢理会社へ行っている人へ。

 

私は今回、無理矢理会社へ行く方法についてご紹介しました。

 

会社へ行く理由は多々あると思いますが、もし心身の不調を抱えているのであれば働き方について見直すことをおすすめします。

 

私は自分の経験から、動悸や息切れ、吐き気、腹痛や下痢などに悩まされてまで、一生懸命体にムチ打って働く必要はないと考えています。


「会社辞めろ」とまでは言いませんが

 

でも自分の人生において何が一番大切か、それを考え直す時期だと考えてもいいと思うのです。

では。

 

◆本日の一冊◆ 

 考えてみてね。