悔しかったら自分から動け!”何の取り柄もない”私だけど、自分から動くからココまでできたんだ!

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161021114424p:plain

認めたくないけれど、私には秘かに憧れる人がいる。

 

私が憧れる人というのは、ブログだけで会社勤めしている人以上の給料を稼いでいる人とか、クラウドソーシングだけで月何十万円と稼げる人とか、世界を旅しながら情報発信し続ける人。

 

 

そうです。

 

稼いでいる人に憧れてます笑。

 

 

憧れるばかりじゃ何も起こらない

ただ、読んでいる人も分かってくれていると思うし、自分でも重々承知しているけれど、その人達に憧れているばかりでは、何も起こらないのだ

 

当たり前だよね、だって私は彼らではないのだから!

 

だけどちょっと前までの、本当にちょっと前までの私はそのことが分からなかった。お芝居やってる時とか本当にひどかった。思い返しても恥ずかしい。

 

すごく・・・自分がやりたい演技を飄々と演じられる人を見ては、唇を噛んでみているだけだった。その人が羨ましいと妬むばかりで、私自身は何もしていなかった!

 

それじゃあ、何も変わらないっつーのに!

 

何の取り柄もない私だけど

正直私は、自分に何の取り柄もないと思っている。地道でコツコツ、真面目に、それこそ人に「クソ真面目」と揶揄される割には、要領が悪く、よく人に追い抜かれる。

 

クソ真面目というよりは、クソがつくほど”普通”の人間だ。

 

それが認められなくて「そうです、私は変な人なんです!」みたいなアピールをしまくっていたけれど、ことごとくスベッていた。今でも時々ちゃんとスベっていると思う。

 

でも”何の取り柄もない”私だけど、私には私にしかできないことがあった

 

それがライターの仕事だし、絵を描くことだし、ブログを毎日1本更新し続けていることだ。これは私にしかできない。

 

何の取り柄がなくても、私にしかできない

 

時々文句ばっかり言う人に出会う

時々、悔しい、羨ましい、妬ましいという感情ばかりで、自分から動かない人を見かける。そういう人に心底腹が立つ。

 

彼らが許せないのではなくて、自分から動かなければ何も変わらないという、その状況に気づけない鈍感さが許せない

 

悔しかったら自分から動け!と思う。

 

例えばブロガーさんが煽って、ブログが炎上。それにのっかって、文句ばっかり言って、自分で何もしていない人を見かけると、・・・なんだかな、と思う。

 

煽りも炎上も、見ていて全然好きにはなれないけど、それ以上に煽りや炎上が平気で生じる現状の方が何だか許せない

 

冒頭の”稼いでる人に憧れる”って話。

時々稼いでる人に対して、「 ○○しても稼げなかったやんか、むきー!」みたいな声を見かける。

 

でもそれは、あなたに最適な稼ぐ方法を、あなたが間違えてしまっただけなのでは?と思う。

 

そもそも同じことして稼げたら、誰も苦労せんよ

 

悔しいからやったんだよ 

私の、ブログを始めて、クラウドソーシングでライター業を始めて、絵を描き始めて、それは全部全部、悔しかったからやったんだよ。

 

やりたいことができなくなって、発狂寸前には至らなくても精神的に崩壊して、それでも結局、やりたいことをやらないって決めたのは自分自身だって気づいて。

 

悔しかった。

 

好きなお芝居を辞めたのも私、薬を飲んで普通に振る舞おうとしたのも私、結局ストレス過多になって病気になったのも私、再発したら馬鹿馬鹿しいなと仕事を辞めたのも私。

 

大好きな映画『アフタースクール』で、主演の大泉洋さんが言った「つまらないのはお前のせいだ」という台詞。ホント、それな・・・と思った。

 

悔しかったら自分から動け

 

”何の取り柄もない”私だけど、自分から動いたから、ライター業は続いているし、ブログだって続いている。お金稼いでるよ。しかも楽しいんだよ。これって地味に凄い笑。

 

受け身になっちゃダメだ。

 

受け身のままだと何一つ変わらないよ

では。

 

◆本日の一冊◆

「○○したい」から、「○○してやる!」に変わろう