『ローガン』は超渋い映画だった。男、ウルヴァリンの生き様を目に焼き付けて!

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

http://eiga.k-img.com/images/movie/85859/photo/e3995eb1c08bdabb/320.jpg?1487929551

出典元:http://eiga.com/movie/85859/

 

X-MENシリーズを欠かさず観ております

そんな訳で、今回も『ローガン』観にきた訳ですが、いや〜面白かったね!

 

正直X-MENに登場する主人公ウルヴァリンことローガンは、闘う時、基本的に雄叫びあげまくりなので、鑑賞中もむふっと笑ってしまったんだけれど笑、それでも良かった。

 

※今回は感動した設定の中に、多少ストーリーに関係するネタバレが入ってくるので、ネタバレして映画観るの絶対嫌!って人は、映画を観てから読んでくださると嬉しいです。

 

 

 

映画『ローガン』について

気になるストーリーをざっくり。

 

2029年という近い未来、ミュータントのほとんどが死滅してしまった時代に生きるローガンは、ひっそりと身を隠すように生きています。

かつての威厳をわずかに残しながらも、しっかり老け込んだプロフェッサーXを匿いながら、パーティーリムジン(?)運転者として生計を立てているご様子。

 

そんなある日、ある女性に頼まれ、武装集団に追われている少女をかくまうことに。

 

その少女は”新しく生まれてきた”ミュータントの一人だった・・・。

 

ウルヴァリンの生き様が渋い

トーリー展開の中で、ウルヴァリンはもう生きる気力・・・はギリギリ失ってなさそうだけど、生きる希望はあまりなさそうなご様子。

だからこそ「少女を匿え」というプロフェッサーに対しても、「もうどうにもならないよ・・・」と後ろ向きな姿勢を終始訴えかけます。とはいえ、よく、怒鳴るけど笑。

 

ただ、とにかくX-MENシリーズに登場するウルヴァリンの、文句は言うけど守るべきものは守る姿勢カッコいいんですよね

 

今までのX-MENシリーズの中で、一番文句言ってるけど、一番身体張ってるような印象を抱きました。

 

▲でもやっぱり、一番身体張ってたのはこのラストかな・・・映画としての評判は悪いけど笑

 

非協力的→協力的の流れが良い

映画の流れとして、始めは少女を匿うことに、かなり非協力的な人物として描かれるローガンですが、そういえばX-MENシリーズの最初から「俺は協力できない」スタンスではある。

 

の割に、ベースが心優しい人物なのかは知らないけど、何かを守ろうと決心したら、本当に身体を張って守り抜く人物でもある訳で・・・惚れるわ!

 

アマダンチウムの設定が良い

かつ今回、生き様かっけー!となった理由の一つに、体内に組み込まれた”アマダンチウム”という架空の金属が大きく関わってくるのであって。

 

地球上で最大の硬さを誇る金属かなんかの設定で、あのキャプテン・アメリカのトレードマークである盾もアマダンチウム製。

 

▲マーベルに”アマダンチウム”は欠かせない

 

ただそんな金属が体内に入っているせいで身体が毒されて弱っているという設定なんですよね、今回は。

 

元々ローガンは、手の甲から骨が伸びちゃう特徴と驚異的な回復力(ほぼ死なない身体に等しい)性質の持ち主。

だから映画公開前はずっと疑問だったわけ。あれ、だって死ななくない?この人って、と思ってた。

 

だからアマダンチウム製の身体設定に納得でした。なんか自然に「そりゃ身体に悪いわ」と納得してしまった。

 

もうね、超弱ってます

 

不安になっちゃうくらい必死な姿が良い

だから映画中、観客の私ですら不安になるくらい、立派に死にかけているローガンが、「うおー!」とか「ぎゃー!」って叫びながら必死になって闘う姿に、

 

も・・・

 

もういいよ!

 

身体労ってよ!!!

 

って思いました笑。

 

他に注目してほしいところ

そんなローガンの激渋設定に惚れ惚れするのも去る事ながら、もちろんこの映画の着目すべき点はそこだけにとどまらず。

 

ローラが超可愛い!

同じように「ぎゃー!」と叫びながら、ガンガン敵ののど笛を搔き切っていく、文面だけで観ると相当恐ろしい、少女ミュータントであるローラ。

 

めっちゃ可愛い・・・!

 

あのギョロっとした、獣を狩るような目つきと、時々普通の少女に戻る感じがたまらないのです。ローガンが「守らざるを得ない」と思い立つのも分かる笑。

 

でも戦いスタイルはかなり好戦的なので、敵に回したら最期だな〜とは思う笑。そのくらいまあまあ強い。

 

ウルヴァリンって「クズリ」っていう体格の割には凶暴な動物のことなんだけど、ローラってまさにウルヴァリン原点回帰って感じ。まさしくクズリ。可愛いのに凶暴。

 

matome.naver.jp

  

そういえば、X-MENシリーズでウルヴァリン誕生秘話的な物語もあるのだけれど、それに登場する幼少期のローガンも、結構可愛くってよ(↓)。

 

▲ローガンにはお兄ちゃんがいます。お兄ちゃんの動きは、まるでにゃんこw

 

おじいちゃん演技が凄い!

加えてねえ、プロフェッサーXを演じる俳優パトリック・スチュアートの演技力にご注目ください。凄いよ、本当フッツーのおじいちゃんだよ。

 

確かにプロフェッサーの能力って、テレパスだから一見地味なんだけど、めっちゃくちゃ驚異的なテレパスなのね。全世界の人間&ミュータントを操れるんだから。

 

だからヨボヨボおじいちゃん状態、制御が自分でもできない、そんな状態で能力使うと大量破壊兵器”呼ばわりされるぐらい、恐ろしいことをしでかすんです。

 

その怖いパワーも注目してほしいし、本当に普通のおじいちゃんのように、ぶつくさ文句言ってるだけな姿も観てほしい。

 

ローガンの生き様だけでなく、プロフェッサー役のパトリック・スチュアートの演技力にもご注目くださいませ!

 

超渋いアメコミ映画です

アメコミ映画だし、マーベル系列だし、X-MENシリーズだから、X-MEN知らなくても楽しめるか?と聞かれると、X-MEN1作目くらいは観た方が良いかも、と言っちゃう。

 

でも今までのアメコミ映画と違って、THE・アメコミというよりは、アメコミをすっげー渋く撮ってみた映画だと思う

 

アメコミのごてごて感が苦手!って人は多分観やすいよ。

 

とりあえず2時間半くらいの長い映画ではあるけれど、長年ウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマンの労いも兼ねて、ぜひ観てほしい映画だね。

では。

 

X-MEN関係の記事はこちら

ジェームズ・マカヴォイって知ってる?かっこよすぎるジェームズ・マカヴォイが観られるおすすめ映画3選

好みのイケメンを探せっっ!アメコミ映画にハマった女が紹介するアメコミ映画3選 

 

◆本日の一冊◆

アメコミって独特な絵柄でカッコいいよね!