読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似合う髪型にするために必要なこと。自分の髪の特徴を認め、時には美容師さんに申し訳ないことをする。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170517102022j:plain

美容師さんとの攻防(?)は、よくやっています笑。このブログでも、

【これって美容師あるある】美容師さんに物申す!「四の五の言わずに切ってくれよ!」

美容室が苦手?ならば会話を続けなければいいのですよ。

なんて記事を書きました笑。

 

本当に似合う髪型にするために

本当に似合う髪型にするには、自分自身が認めたくないものを認める必要があったり自分の癖とやりたい髪型の妥協点を知っておく必要があります。ありました笑。

 

そして結局コミュ力は必要です。必要でした、残念ながら笑。

 

加えて、こちらの要望にしっかり答えてもらうために、もしかしたら美容師さんに申し訳ないことをしているのかもな・・・と思ってます。

 

自分の顔の形を認める笑

とりあえず似合う髪型を追求するために、やらなければならないことを書きます。

 

悔しい思いもあるかもしれませんが、本当に似合う髪型を追求するのであれば、まずは自分の顔の形を認めましょう笑。

 

正直顔の形のせいで、やりたい髪型ができないことばかりです。くっそ丸顔のせいで、やりたい髪型がことごとく似合いません。

 

骨張った骨格の人が似合う髪型、とても好きですが、私の顔はぷくぷくです。それを認めないことには次へ進めません・・・。

 

自分の髪の癖を把握しておく

私は髪に癖があります。くるくるパーマではなく、パッと見では極ストレートなので「癖なんかないじゃないか!」と憤慨する人もいるかもしれません。

 

しかし私は自動的にM字バングになってしまう前髪の癖と、右に逸れる毛のハネ、襟足が綺麗に割れてハネる癖を持っています。これが意外と厄介でした。

 

なんせ重ため前髪が流行った時期に、重ため前髪に挑戦しても、すぐに割れる!ブローしようがアイロンしようが前髪がすぐ割れる!できない髪型を知る必要があります

 

妥協したくない部分を先に伝える

美容師さんによっては、その癖を気にしてくださって、その癖をカバーするように髪型を整えてくれる人もいます

 

が!それがかえって髪型を煩わしくさせることもあります

 

例えば私は襟足の長い髪型が苦手というか嫌いなのですが、襟足の癖をカバーしようと、放っておくと百発百中で襟足を長く残されます。

 

「襟足が・・・」

「あ、癖が強いので、この方が癖が目立たなくて良いと思いますよ〜」

 

という会話を何回してしまったことかっ!

 

最近では、前もって「癖はありますが、襟足を残されるのは嫌いです。ガンガン切っちゃってください!」と依頼するようになりました。

 

要望を聞いてくれる美容師さんを探す

そして最も大事なのは、勇気を出して言った事前の要望”受け入れてくれる美容師さん”と出会うことです。

 

拒絶されたこと、正直数回あります笑。

 

拒絶と言っても「いやいや〜こっちの方がいいっつうの」とごり押しされた訳ではありませんが、私が持参した切り抜きではなく、新たにヘアカタログを持ってこられ、

 

「この髪型でもいいですか?!(潤んだ目)」

 

で提案された時には、正直げんなりしました。笑ってしまうほど、私が依頼した髪型と違う髪型を持ってこられたので笑。

 

今、流行の髪型だったそうですが、私は流行の髪型にしたいわけではないのです。

 

美容師さんの本音を知りたい

f:id:tomu_saito:20170517102656j:plain

テレビとかで見る一流の美容師さんは恐らく、確固たる信念があってアーティスト気質な人が多いと思うし、それに憧れる人も多いのだろう。

 

もし、そのような人に憧れている美容師さんが当たってしまった場合には、申し訳ないけど「あなたの提案ではなく、私の要望通りに切ってくれ」言わざるを得ない

 

髪を切りたいだけなんだ、流行とか、お洒落とかじゃなく、私には私の確固たるこだわりがあって、その通りに切ってほしいだけなんだ・・・と言わざるを得ない。

 

本当に似合う髪型にしてもらうためには、時に美容師さんの心を傷つけているのかもしれない

 

しかし、そう思いつつも、私は美容師さんの提案に歯向かい続けています。

すみません。

 

では。

 

◆本日の買いたい一冊◆

なんじゃ、このマニアックな本!!!欲しいんですけどー!!!

今週のお題「髪型」

スポンサーリンク