読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在宅ワークで大事にしたいこと。稼ぐ金額や目的は人それぞれ違うから、自分の軸は大切に。

こんにちは、齋藤吐夢です。 

f:id:tomu_saito:20170515192347j:plain

先日こんなイベントに参加させていただきました。

crowdworks.doorkeeper.jp

【クラウドワークス】 には、普段在宅でのライター仕事でお世話になっているのですが、まさかこんな貴重なイベントに参加させてもらえるとは!?と嬉しかったです。

 

イベントに参加したことで、私の存在意義が新たに一つ増えたように思えます。とっても感謝。それはクラウドソーシングで大事にしたいこと”を伝えるという役割です。

 

在宅ワークで大事にしたいこと

まず私が在宅ワークで大事にしていることを書き出すと、

 

  • 無理なく続けること
  • 目標(金額や仕事する時間)を決めること
  • それを自分で達成すること

 

となります。

 

もっともっと具体的に言うと

 

  • 時給換算して1,000円/時の仕事はやらない
  • 1日7,000円稼ぐ
  • やりたいと思ったことをやりたいと思った時にやる

 

ですね。

 

基盤はきっかけにあります

大事にしたいこと(大事にしていること)の基盤は、在宅ワークを始めたきっかけにあります。

 

在宅ワークを始めるきっかけは人それぞれ違うと思いますが、どんなきっかけであっても、まずそれを始めたこと自体に意義があると思っています。

 

私の場合は、会社勤めで心がへこたれていた時、心の支えとして始めましたし、いつまた病気になるか分からない不安から逃れるためでもありました。

(在宅ライターならパソコン1台で、いつでもどこでもできる仕事だから)。

 

稼げる・稼げないも大事だけど

もちろん稼げる・稼げないも大事です。大事な論点です。だってお金がなきゃ、おまんま食べられないもの!だからゲスい話※、金額だってがっつり重視します。

 

※「ゲスい話ですが」と前置きしてからお金の話をすることは多いですが、実際は全然ゲスいと思ってないです。だってお金大事だから。でもお金の話を積極的にしづらい風潮あるよな〜ってちょっと思う。だから齋藤は気を遣ってるんだな〜と思ってください笑。

 

ただね!一概にクラウドソーシングは稼げない!」結論づけてほしくはないな、と思っています。報道やニュースやSNS上でのクラウドソーシングへの印象を聞く限り。

 

発注側からすれば、確かに面倒な仕事を割安で外注できるこのシステムはとっても便利だと思う。私だって何かサービスを買う時は、金額を抑えることを考えているもの。

 

でも稼ぎたいなら、稼げる道を自分で探して、稼げる仕事すりゃいいだけの話で、どんなに1つの金額が安くても「やってみたかったことができるなら嬉しい」って人はやりゃいいんです!

 

いや、マジで。

 

「安すぎて、あんなんで頑張っている人バカなんじゃな〜い」みたいな人がいると、テメエはやらなきゃいいだけだっつの!と思う、マジで笑。ちょっと黙ってて笑。

 

軸に応じて柔軟に取り組む

f:id:tomu_saito:20170515194843j:plain

だから自分の軸、在宅で稼ぎたいのか、夢を叶えたいのか、単なる暇潰しなのか分かりませんが、自分の軸に応じて柔軟に取り組むことがとても大事だと思う。

 

例えば私の友人との会話で「月14万円の仕事とかあり得ない」と言われた時、「やっべ〜www私月10万円いくかいかないかだよw」と思ったけれど笑。

 

でも私の軸では、月14万円以上のその仕事は、私にとってやりたくない仕事だった。だから今の、月10万円いくかいかないか、カッツカツの仕事の方が向いているwww。

 

し、なんせ楽しい

 

 

取り組む姿勢に誇りを持ってほしい

人によって、やりたい・やりたくない、向いている・向いていない、ラク・ラクじゃない、色々です。

 

だからとりあえず、クラウドソーシング、在宅ワーク、始めたい・始めようと考えている人には、取り組む姿勢に誇りを持ってほしいな

 

人からどんなに「稼げねえ」だの「働いているように見えない」だのとやかく言われようと、自分が始めたことなんだから誇りを持ってほしいな

 

だって何円稼いだから一人前みたいな評価は、誰にもできないもの。

 

在宅ワークからシステム開発まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

 

▲もちろん単価がアホほど安い仕事も正直あります。

 

でもそれが嫌なら、プロフィールやスキルを充実させて、単価の良い仕事を自分で探せばいいし、やりたいことを重視したいならとにかくやれば良い。

結局、ただそれだけのこと。

 

では。

 

こんな記事も書いてます。

新しい働き方が、いつまでも続くとは思わない。それでも私はクラウドソーシングで救われた。

在宅ライターを始めて。生きるための知恵と、生きるための柔軟さを手に入れた気がする 

 

◆本日の一冊◆

面白かった。スキルを自分で積極的に売り込めば、何だって仕事になるんだねえ。

スポンサーリンク