読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『心身ともに健康に』この大切さを身を持って知った週末と、今日の体調不良。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170515184305j:plain

私事ではございますが、身近な人の体に異変が起き、その人と私には病気と一生付き合わなければならない義務が生じてしまいました。

その人も私も、割とあっけらかんとしたタイプなので、当人も言っていましたが「なってしまったものは仕方がない」の精神ではいます。

 

しかし、病気というのは衝撃的なものです。

 

もし、今このブログを読んでくださっている人達が、まだまだ健康で、でもしっかりとソレを意識しているわけではなく、不摂生な生活を送り「根拠のない大丈夫」を掲げているのであれば

 

できる限り「根拠のある大丈夫」変えていく意識を持ってほしい

 

心身ともに健康に

心身ともに健康に、というテーマを掲げて絵を描いたり、このブログを書いたりしている。私の健康への意識は皮肉にも、体と心をぶっ壊してから始まった

 

体だけでなく、心も健康でいるべきだと思った。そんな経験ばかりが色濃く私の頭の中にいるから、今心身ともに健康な人にはそのままでいてほしい

 

そして今少しでも体と心の調子に違和感を感じている人には健康を考える意識をしてほしい、と思っている。

 

人の人生に口を出すのはどうだろうとも思うけれど、私は何人もの友人から「生きていてよかった」と口に出されて言われた時思った。

 

人は、人に生きてほしい

 

発覚は唐突なものだった

その人の病気の発覚は唐突なもので、むしろ気づいて本当に良かったとも言えるタイミングだったけれど、体に巣食っていたソイツ以外にとっては本当に突然の出来事だった。

 

その人も、その人が話してくれたこともあるから私も、できる限り飄々と受け止めていたけれど、もし本当に神様がいるのであれば「顔がボッコボコになるぐらいタコ殴りにしてやりたいな」と思った。

 

本当に、神様なんて糞食らえだと毎回思う。自分がガンになった時も思った。平和も糞もへったくれもない。病気が抽選で決まるものだとしたら余計タチが悪い。

 

何気なく過ごした週末

とはいえ、私には土日に大事な用事が詰まっていて、当人も病巣以外とっても元気なので、何気なく過ごすことにした。

 

なんせ私の用事の相手は、当人と全く関わりのない人ばかりだから、起こったことを話す必要もない。けれどやはり用事を楽しむ間にも、当人と病巣のことは頭から離れない

 

それは当たり前のことなのだけれど、その用事の楽しい場面の中で、居もしない神様を舞台から引き摺り下ろして殴る想像を何度も何度もした。許せなかった。

 

その人のためにも”普通に”生きる

f:id:tomu_saito:20170515184814j:plain

私が思っていた以上に、衝撃的な出来事は私の体にのしかかっていて、私は疲労から今日一日ぶっ倒れていた。久しぶりにあんなに寝た。一日何もできなかった。

 

ということは、多分私が病気だった時、同じようにぐったりした人がいるのだろう。

 

その人のためにも、そして自分のためにも”普通に”生きる。でもせっかくだから、私は文と絵をかき続ける能力を授かったのだから、発信し続ける。

 

健康な人に「根拠のある大丈夫」を持ってほしいと思うのだ。

 

心身ともに健康であれ、と思う。

 

会ったこともないけれど、確かにそこにいるあなたのために。

では。

 

◆本日の一冊◆

この人の心境は、とってもよく分かりました。ぜひ。 

スポンサーリンク