自分に似合う服はコレだ!ちぐはぐファッションだった私が、自分に似合う服を見つけた方法。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170505165117j:plain

このブログを読んでくださる皆さんに質問です。

皆さんは、お洋服が好きですか?

 

私はファッショニスタでもなければ、「お洋服が好き!おしゃれが好き!」というタイプではありません。”衣”に関する関心はごく普通。でもそれには理由があります。

 

つい最近まで、どのお洋服もすこぶる似合っていなかったのです。

 

洋服は好きでしたが、いつもちぐはぐなファッションでした。似合っていないことに打ちのめされ、一時期はお洋服が嫌いになってしまいました。

 

似合う服ってなんだろう?

昔の私にとって洋服は、個性を主張するためのものでした。 

学生時代、とにかく個性が出したくて、同世代の女の子が読んでいるファッション雑誌やファッションを避けました。皆とは””のものが着たかったのです。

 

個性は主張できました。

でも少しも似合っていませんでした

 

私が好きな洋服は、私の体型にはことごとく似合わない洋服ばかりでした。でも、それを個性的な柄や個性的な素材で押し切り続けていました。

でもある日、同じ洋服を着ていて、それがとても似合う子を見つけた時、途端に自分が恥ずかしくなりました

 

自分に似合う服を見つける方法

f:id:tomu_saito:20161007154035p:plain

ただ今では、自分に似合う服がどれか理解できているし、その服が似合うことで自信にもなりました。そのおかげで今は洋服に抵抗はありません、好きな存在です。

 

ちぐはぐファッションだった頃の私は、変な柄、変な素材、変なアクセサリーで目立とうとしていたばかりで、かなりダサかったと思う。

 

でも、自分に似合う服を見つけたら、何てことはない、変に個性を主張しなくても、私らしいスタイルが確立されました

 

コンプレックスは隠さない

まず自分に似合う服を見つけるためには、コンプレックスを隠さない服を選ぶべきだと考えています。

 

ファッション雑誌などを読んでいると、二の腕を隠すためにフリル袖、お腹を隠すためのふんわりとしたトップスなどが紹介されていますが、私は数回着てみて確信しました。

 

コンプレックスは隠せば隠すほど目立つ

 

もちろん、だらしのない二の腕やお腹を存分に見せつけろ!と言っているわけではありません。でも隠せば際立つのです。そこにソレがあるのだな、と気づかれるのです。

 

加えて、お洋服と向き合って悶々と悩んでいるうちに気づきました。コンプレックスを隠そうが隠さまいが、誰も私に注目していないということに笑。

 

自信のある部位を見せる

その代わりと言っては何ですが、自信のある部位は積極的に見せることをおすすめします。足首や手首に自信があれば、ロールアップや腕まくりをしてどんどん見せましょう。

 

 

誰も私に注目などくれていませんが笑、それでもコンプレックスを隠してオドオド服を着ているよりは、自信のある部位が活かせる服を自信持って着ている方が良い。

 

自分の外見に自信を持つ

結局、自分の外見を受け入れることが、似合う服を見つける最善策なのです。自分に自信を持つ、それが近道です。

 

私がちぐはぐファッションでクソダサかったのは、自分にとにかく自信がなかったからでした。自分に自信がないから、着飾ることで自分を奮い立たせようとしていただけです。

 

でも自分自身が変わらないと、どんなに外見を装っても、何一つ変わらなかった。華奢な女の子に”憧れる”だけでは何も変わらないのと同じ。

 

なりたい自分があるのならば、

なるために行動しなきゃ何も変わりません

 

私の場合は、なりたい自分像を想像してばかりで行動もしなければ受け入れもしなかったからダサかったのです。

 

▲骨格診断とパーソナルカラーの影響も大きいです。ぜひお試しあれ。ちなみに私は顔色が悪く見えるため、劇的に緑色が似合いません笑。 

 

似合う服を見つけて変わったこと

似合う服を見つけたことで、こんな利点がありました。

 

  • 服選びが楽になった(似合う型が決まって迷わない)
  • 「あなたらしい」と言われることが増えた
  • 自信を持って服を着られるようになった

 

元々ものぐさ気質のある私ですが、服選びが楽になったは、なかなか自慢です笑。

コーディネートで悩んで、それを着た癖に似合ってなくて凹む・・・かつてはそんな経験していましたが、今はそんなことありません。

 

ちゃちゃっと着られて、自信が持てるって素敵じゃないですか?!

 

 

似合う服を見つけるなら試着必須

最後に、気になる服があったら必ず試着をしましょう。その場で見た時と実際に着てみた時では全く雰囲気は違います。そしてしっくりこなかったら買わない方がいいです

 

似合う服を探すのに妥協は禁物です。

 

では。

 

◆本日の一冊◆

ファッションの勉強であれば、この漫画はオススメ!