読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさ家事道!第4回『カビキラー愛好家』~化学の力も時には借りる~

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170505123922j:plain

ものぐさは、とにかく時間を割く作業がとても苦手です。

ですから、ものぐさ家事道!第1回で紹介した重曹も、第2回で紹介した宅配野菜も、第3回のリボベジも、お気づきかと思いますが放置が基本です笑。

 

時間を割かれることが苦手ですから、安心安全よりも楽を重視することだってあります(爆)。

そこで今回はものぐさ家事道!最終回にふさわしい(?)トリッキーなアイテム『カビキラー』について語らせてください。

  

ものぐさ家事道!とは

元々は『私の主婦道!』として始まったこの企画。主婦の定義について調べてみると、

 

主婦(しゅふ 英:Housewife あるいは Homemaker)は、一般に家事育児を主にする既婚(もしくは内縁)の女性をいう。

近年では専業主婦兼業主婦などの語もみられる。現代では、主婦は必ずしも家庭内役割のみを担っているわけではなく、フルタイムで管理職として働く女性も含まれるが、「男は賃金労働、女は家事・育児」とする、身体機能(出産・授乳)から派生した性役割分担に期待された家庭内役割の責任を負い、実際に遂行する女性を表すことが多い。

引用元:主婦 - Wikipedia

 

とあります。

今の私はここで言う性役割分担に期待された家庭内役割の責任を負い”の部分に心底納得がいっていないため、自分は主婦ではないと定義しております笑。

そのため、『私の主婦道!』を改めるついでに、自分のものぐさも認めることにしました。改題したタイトルは『ものぐさ家事道!』

 

性役割分担にありがちな完璧主義から逃れるため、ものぐさ家事を極めることにいたしました。

最終回である第4回は『カビキラー愛好家』。ものぐさなので、時々は強力な化学の力もお借りします笑!

 

ものぐさの天敵「ぬめり」

ものぐさと言えば放置笑。

しかし放置にはそれなりの短所がつきものです。その中でも私が最も天敵としている存在がぬめりです。

 

排水溝のぬめりは大の苦手で、未だに触れることができません。一つの恐怖症だと思っています。それぐらい苦手。

とはいえ生活の中で意地でも掃除せねばならん状況下に置かれることもあるので、慣れと覚悟で何とか触れることもあります。

 

が、可能なら触りたくない!

 

しかしぬめりの原因は、紛れもなくものぐさである私の責任です笑。私の放置によって微生物達が「いえ〜い!元気!」と繁殖するからぬめるのです。

第1回『重曹』によって微生物繁殖予防はできますが、ものぐさの度が過ぎると重曹ではとても間に合いません。

 

カビキラーの力を借りる

そんな時、情け容赦なく化学の力をお借りします。微生物を滅せよ・・・!と誰かが言っています笑。助けてくれる化学の力こそ『カビキラー』です。

 

 

▲手軽なスプレータイプや

 

 

▲洗濯槽専用もあります

 

泡が長持ちする

私が愛用するカビキラーはキッチン用です。特徴的な泡は気になる場所へ吹きかけると、泡がしぶとく残ります。だから対処しにくい壁面も楽々です!

 

カビだって生き物ですから、生き残るために必死です。微生物は生まれてから死ぬまでのサイクルが早い分、繁殖力はものすごい

だから菌を滅したいのであれば、じっくりじっくり殺す必要があります

 

泡が長持ちなカビキラーは、吹きかけたらすぐに洗い流すのではなく、じっくりそのままキープしましょう。

 

全ての菌に万能ではないけれど

カビキラーは全ての微生物に効果があるわけではありません。第一、頼りがいがある製品とはいえ、例えば排水溝のぬめりの原因が全てカビというわけでもない

が、微生物が生ごみや食べ物汚れを栄養にして「飯あざーっす!」とそこに居ついてしまうのは事実。

 

だからこのカビキラーという化学の力は、消臭や抗菌といった目的で使えば、納得のいく使い心地になりますよ

 

しっかりカビを落とすなら

カビキラーを利用して、しっかりカビ汚れを落としたいのであれば、カビキラーを噴霧した後、キッチンペーパーなどでフタをすることをおすすめします。

カビキラーでカビの住居を密閉してしましょう!カビキラーが乾燥してしまうことも防げるし、微生物を長時間、カビキラー漬けにすることができます。

 

まずはものぐさ抗菌から

f:id:tomu_saito:20170505130802j:plain

とはいえ。

人に害を与えたり、気分を害する見た目にしてしまう微生物たちとの闘いは終わることはありません。彼らの方が圧倒的に数も多いし、どこでも生きていけますから。

人に良い影響を与える微生物だって、ところかわればすぐにでも滅される運命です。

 

なので不快なのであれば、カビキラーという化学の力を使う前に、ものぐさ抗菌を実行しましょう

例えば重曹を水に溶かし、キッチン使ったらシュッ!お風呂場使ったらシュッ!とスプレーするだけ。彼らにとって棲みにくい環境をつくりあげましょう。

 

 

ものぐさ家事は、放置が大切です。でも放置するにも、ただ放置するだけでは後々自分が困りますから、後々自分が困らない放置を心がけましょう

では。

 

◆本日の一冊◆

敵を知ることが大切。 

スポンサーリンク