フリマアプリでモノを売る体験をしよう!「仕入れて売る、利益を得る」ことの大変さと楽しさ。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170418091707j:plain

家族の引っ越しに伴い、「要らないものが沢山あって困っている」という声にお答えして、要らないものを大量に引き取ってきました。

私達にとってソレが要らないものであっても、必要としてくれる人は必ずいると考え、フリマアプリ不要品販売をすることにしました。

 

モノを売る体験をしよう!

f:id:tomu_saito:20170418093200j:plain

元々フリマアプリは活用していました。

 

自分たちの引っ越しの際、不要品をどうやって処分しようか考えていた時、話題沸騰となっていたのがフリマアプリ。

代表的なもので私も今回お世話になっているメルカリやお洋服販売には持ってこいのフリル(FRIL)。他にも クルクルとかラクマとか・・・色々あります。

 

ただモノを処分するくらいなら、他にソレを必要としている人に使ってほしい

それに加えてちょっと利益がもらえると嬉しい・・・!という考えから使い始めたフリマアプリ。

 

しかし数回不要品販売を経験するうちに、モノを売る体験として、誰でも一度はフリマアプリを体験してほしいと思うようになりました。

 

モノを売る基礎づくりに

フリマアプリ、というか商品の売買において当たり前のことですが、販売する側は商品に値段をつけますよね。

商売の基本は「安く仕入れて、高く売る」だと思いますが、その基礎づくりを学ぶ上で、フリマアプリの活用は最適なのでは?と考えています。

 

不要品を販売するとなると、仕入れ値は大体0円(不要品の消耗度合いにもよりますが)なので、仕入れの体験はできないかもしれません。

ただそれでも、不要品の消耗具合自分が得たい利益相手が欲するであろう金額を考えて価格設定するのはなかなか難しく、それでいて面白いものです

 

フリマアプリで販売してみると、意外なものが高値で売れたり、人気がありそうだと思って設定した価格を大幅に値下げしてやっと売れる商品があったりと、非常に面白い体験ができます。

 

初心者編

f:id:tomu_saito:20170310173704j:plain

私などは、フリマ転売ではなく、あくまで不要品販売をメインで行っているので、利益率は低めに設定しています。

それでも自分が欲しい最低限の利益と、手数料などで引かれる金額、お客様が購入しやすい価格を考えながら価格設定するのは、相変わらず苦戦するけど、その時間が一番楽しいです

 

双方がWIN-WINの関係でやり取りできるような、そんな不要品販売を常に心がけています。

 

不要品から始めて良い

フリマアプリでお金を稼ごう!と考えた時、まずは家の中にある不要品を探すところから始めることをおすすめします。

慣れていないうちからフリマアプリや古着屋、古本屋からの商品仕入れを考えなくてもいいと思っています。後単純に慣れないうちの出費が怖い笑。

 

不要品も状態が良かったり、自分が使わないだけで有名なブランドだったりすれば、不要品買取サービスに出すよりは、高い値段でやり取りすることはできます。

 

利益重視は失敗の素

ただ利益重視で、その不要品の消耗具合などを無視した価格設定をすると、なかなか売れないのも現実です。

 

ちなみに、売るために嘘の写真とか広告写真を使うのも絶対にダメですよ!ネットショッピングのトラブルを引き起こす側になってはいけません。

 

何度か不要品販売を経験していくうちに、どの程度の利益率なら人が購入してくれるか、そのギリギリラインが見えてくるはずです。

逆に、ガンガン値下げ交渉されると分かった上で、高めに価格設定しておくのも一つの手ですが。

 

洋服販売ならコレが便利。流行に敏感な子が活用しているみたいで、洋服なら、比較的早く売れました。ターゲットが女の子ならコレがいいかと。

 

中級者〜上級者編

f:id:tomu_saito:20170301174943j:plain

で、もっと要領の良い人は、恐らく研究欲もあると思うので、もっと早く利益が出せるようになると思います。

 

販売時間帯を調査

例えば販売する時間帯を研究して、どの時間帯に出品すると商品が動きやすいのかを研究、時間を狙って販売する人もいます。

フリマアプリで商品を見る時は大抵スマホを利用しているはずですから、通勤時間帯昼時終業時間後などは、お客様のチェック頻度も高まることでしょう。

 

実際、朝8〜9時の時間帯に携帯を見てみると、イイネ!頻度もコメント頻度も購入頻度もめまぐるしいです。

 

写真の効果は凄い

あと写真の効果は凄いです。買い手側に回って考えた時も「確かに」と思うんですが、商品写真が綺麗に撮影されているだけで、購買意欲が湧きます

とはいえ別に撮影機材を完璧に揃えろ!という訳ではなく、せめて背景は綺麗な壁にしようとか、床面に綺麗な布を敷くとか、必要なのは一手間だけです。

 

最も、自分だったら買いたいと思うかどうかを基準にやってみるのが一番かと思いますが。

 

やっぱり使いやすい。ユーザーが多い分、商品が埋もれやすいこともあるので、ある程度同じジャンルのものを一気に出品するのがおすすめ。

 

大変さと楽しさを味わってほしい

もちろん写真は撮るわ、商品の説明は書くわ、発送しなくちゃなんないわで、「手間!だるい!」という人は、買取サービスに頼んだ方が絶対に良いと思います。

 

ただ自分が気に入っていたものを手放すという時は自分で販売することをおすすめする。買取サービスを使わないで、自分の手で。

 

高く売れるからってのも理由の一つだけど、

お気に入りだったものが人に引き継がれて、

またそこで大事にしてもらえるなら、

やっぱり嬉しいじゃないですか。

 

仕入れて売る、利益を得る」って、世の中難なくこなしているように見えるけど、ミニマムな環境で、自分の力でやってみるとなかなか大変だってことに気づく

 

でも実際に、大変な思いを経験した上で商品が売れると、なかなか楽しいものですよ

 

では。

 

◆本日の一冊◆

公式ガイドもあるんだよ!