読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『キングコング〜髑髏島の巨神』は、胃がもたれるけど愛の詰まった、面白い作品だった。

こんにちは、齋藤吐夢です。

▲”人類よ、立ち向かうな”でもうノックアウト

 

映画好き夫婦は、様々な映画ジャンルに手を出します。今回はキングコング〜髑髏島の巨神』でした。

 

正直私は乗り気じゃなかった笑。

 

でも夫の強いラブコールのおかげで観に行くことができました。で、まんまと楽しんできました笑。あのねえ・・・愛の詰まった、面白い作品だったよ。

 

天下のキングコングである!

多分というか確実に、私はゴリラという動物そんなに惹かれていない

 

だからこそ、天下の怪物映画キングコング』シリーズへの思い入れはほぼないに等しい笑。

そんな私ではあるが、『キングコング』シリーズがどれだけ愛されている映画シリーズかは理解しているつもりだ。世の中には必ずファンがいるものだ

 

天下の『キングコング』ムービーが、夏休みでもないこの期間に上映されるのはいささか不思議なものであるが、作品ポスターから感じられる気合い半端ないよね。

怪獣映画大好きかよ!

とりあえず、怪獣映画、特撮映画が大好きな人力を合わせて楽しく作ったってことはよ〜く分かった。素人目でも分かった。愛が重すぎる笑。

 

絶妙な血しぶきやグロ音声、銃を(ムダに)ぶっ放す、汚い言葉遣いが登場したら、褒め言葉として捉えてほしいが、最高のB級映画だと思う。

 

で、この映画はまさしくそれなんだな。

 

お金かけられるだけ余裕のある大の大人が、うっひょぉぉぉぉコング最強だぜぇぇぇっと奇声を発しながら撮ったんだろうな、と思っている。これも一応褒めてる

 

トムヒが出てるなんて聞いてない

私が少し動揺したのは、大好きな俳優であるトム・ヒドルストンが割と普通に主役だったことだ。マイティ・ソー でソーの弟ロキを演じていたトムヒ。

映画のメイキング映像で見ることのできるトムヒ本人の性格を考えると、確かにこういう映画が好きなのかもしれない・・・と思う笑。

スポンサーリンク