モダンアート展を観てきたし、上野の桜は凄かった。どちらかと言えば桜を見るあなたが好き。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170405185313j:plain

本日はあまりにも天気が良かったので、外へ出かけることにしました。インスタグラムで知ったある画家さんの絵を観に行くために、いざ東京都美術館へ!

 

モダンアート展を観てきた

モダンアート協会という協会の存在を知っていた、というわけではなく、インスタグラムで知ることになったある画家さんの絵が展示されているとのことで興味を抱き、足を運びました。

モダンアート協会:トップページ

 

観て来た感想としては、ある意味「モダン」という言葉自体が少し古さを増してきているのかもしれないな、という少々の危惧感と笑、抽象画が並ぶと理解できずにちょっと困るという体感でした笑。

 

抽象画が割と多めだったという印象、そして当たり前(?)だが若者の姿が見えなかった美術の敷居が高くなっている気がして残念。まあ、平日の日中だということもあるのでしょうが。

 

入り口にある絵が圧巻

インスタグラムがきっかけで観に行くことになった今回のモダンアート展ですが、その目的のお方の絵は、なんと入り口ど真ん中!

 

圧巻の作品が目に入るので、ぜひぜひ観ていただきたい素晴らしき1品です。

 

制作過程をインスタで拝見していたこともあってか、やっぱり作品の背景が感じ取りやすかったのも感動した理由の1つかもしれないけど。

 

ただやっぱりほぼ鉛筆だけで描かれたその作品は、渾身の一作とも言える力量で描かれていました。

 

写真撮っても良かったみたいなんだけど、撮るのに怖じ気づいてしまった笑。ぜひ実物を生で観ていただけると嬉しい。私、ただの一ファンだけど笑。

 

唯一の難点

ただ!ただね、今日このモダンアート展で許せなかったのは、多分協会の人なのかボランティアなのか分からないけれど、受付の人のやる気のなさっ!許せんっ笑!!

 

公募展はその展示会場入り口で決められた料金を支払って鑑賞するわけだが、近寄っても「いらっしゃいませ」「こんにちは」の一言もないってどういうことなのよ!!!

 

挙げ句こっちが気を遣って「800円ですかね」って聞いたら、すんげ〜小声で「はい」・・・それだけて!おつりも券も無言手渡して!私より何年先に生きているのあなたは!と思った。

 

彼女達だけではなく、各所にいる受付の人達の私語がすごくて萎えた。前を通っても喋り続けている。いや、とりあえずモダンアート展の窓口なんだからしっかりしようよ、って思ったなあ。

 

上野の桜は凄かった

f:id:tomu_saito:20170405185626j:plain

※画像はイメージです笑。

 

だから、目的の絵を観たら完全に萎えてすぐに外へ出てしまいました。グッバイ、他のモダンアート・・・。

 

しかし今日は晴天で、上野の桜は圧巻で。ていうか今日平日ですよね?!って勢いで人、人、人で焦りました。電車も結構混んでいた。

 

桜を見る人々が好き

で、とにもかくにも桜そのもの以上に、素直に桜に感動する老若男女最高に良かった。日本人も外国人観光客もこぞってカメラを向けるあの姿。

 

春の風物詩だなあ。

 

上野の不思議なところなんだけど、皆異様にニッコニコなのよね笑。今日は桜のおかげもあったかもしれんが、上野にいる人々がほんと好き。

 

桜を見る人々が好き。

 

ちゅうかあなたが好き

ちゅうか、私はかつて上野をぶらりして楽しかった思い出を思い出してはニヤニヤして、あ〜あの人やっぱり好きだな、なんて感情を抱きながら笑。

 

皆のニッコニコのおかげで生きている感じを味わえたわけで。

 

鉛筆画の素晴らしさと、日本の春ってやっぱり良いね!が味わえたので今日は満足です。受付の人の悲しい対応は、忘れよう笑。

 

良い一日でした。

では。

 

◆本日の一冊◆

上野、違い。