1ヶ月休みが取れたなら、お金の心配なしに過ごせるなら、存分にやりたいことができるのに。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170303111242j:plain

休みと聞くと、まだまだこういう映像(↑)が浮かびますw。「1ヶ月自由に休みが取れたら何をする?」というお題を見つけたので、考えてみました。

 

休みのような生活ではあるけど

実際会社勤めしている人から見れば、私の生活スタイルなんざ「常に休み」と見られても仕方のないものです笑。

私は割と規則正しい生活を送っていますが、やろうと思えば好きな時間に起きて、好きな時間にダラダラして、お酒を飲みながら仕事をしたり・・・やりたい放題です笑。

 

しかしそんな私でも「1ヶ月の休みが取れたなら」という質問に答えられた理由はコレです。

 

お金の心配が皆無なら

1ヶ月の休み=お金を稼ぐ心配が要らない状態と捉えました。稼ぐ心配が頭からぽーいと遠のけることができるのであれば、この「休み」妄想もムダじゃないのです。

休んでいる風スタイルの私も、「1ヶ月はお金を稼ぐことを考えなくていいよーん」と言われたら、もう遊びまくりたい笑。そう、存分にやりたいことができるのに、と思います。

 

その状況に自分を置くためのノウハウ記事ではないです。申し訳ない笑。ただやりたいことリストのように、「いつか必ず」と目標だてたら「1ヶ月の休み」は叶うんじゃないかしらん!

 

※やりたいことリストについては、こんな記事書いてます。

やりたいことリスト100のすすめ。やりたいことをやり遂げるには、明確な目標と楽しむ力が必要!

やりたいことリスト100、2017年版。来年振り返るのが楽しみになるように。

ちなみに見返すといくつか叶ってました!わーお!!!

 

海外旅行へ行く

 

まあ、まずは典型的かもしれませんが、海外へ行きたいですよね笑。旅行大好き、異文化交流大好き人間なもので。1ヶ月なら観光ではなく、とにかく日常生活を体験したい

せっかく1ヶ月もあるのですが、短期ステイの気持ちで、スーパーマーケットやマルシェで食べ物買って自分で料理する生活を送りたい。

そこに住む人として同化した時間を過ごしたいものです。行きたいのはポートランド(アメリカ)とイタリア、それからトルコとインド。ああ・・・行きたい・・・!

 

四国遍路もいいなあ

 

後は長年の夢なのですが、四国遍路を徒歩で完遂したいのです。自転車も素敵、なんて思っていたけど、やっぱり死に装束に身を包んで、死ぬなら歩きながら死にたい笑。

白装束に身を包み、上にあるバックパックを背負いながら、汗だくで歩く男性とか好物ですw。自分も好物になりたい・・・。

1ヶ月で歩ききれる体力があるかというと、いささか不安ですが、歩くことだけに集中する1ヶ月なんて、お金を使うより贅沢だと思ってしまうのです。

 

作品制作したい

あとはもう今まさに1ヶ月休みが欲しいんですが「絵を描きたい」ですね〜。F100号というかなり大きなキャンバスに絵の具を塗ったくってみたい欲望が止まりません。

 

休みなくても描けるんじゃ?と思われるかもしれないけど(実際自分でもそう思うけどw)もし全力でそれだけに集中できるのであれば、最高に幸せだな、と思ってます。

 

 

ただ、それだけに向き合える時間ほど贅沢なものはないから、1ヶ月の休みはほぼそれだけに執着したいのです。

 

飽きるまで没頭したい

とにかく1ヶ月休みがあれば、飽きるまで何かに没頭したい。本当に飽きるまで、もう何もできなくなるまで。

本当に何もできなくなってしまったら、それはそれで悲しいけど。贅沢な1ヶ月に贅沢しきることで、後悔はなくなるかな、とも思う。

バカンスだろうと何だろうと、「もういいや、お腹いっぱい」という経験をしてみたいのです。1ヶ月って結構長いぜ〜。

 

とはいえ、今は望まない笑

とは言いつつ、今は1ヶ月の休みは夢のまた夢だし、実は望んでいなかったりする

 

何も作り出せなくなる期間に耐えきれない気がするから。

 

お金稼ぎの不安から解消されないんじゃないか、という恐怖と、不安から解消された時にさみしくなるんじゃないか、という恐怖。うん、1ヶ月の休みは恐怖にも似ている。だから、今はまだ妄想でいいか、と思う笑。

 

でもなあ〜

 

何の心配もなく、存分にやりたいことだけできる人生が「ほいよ」と渡されたら、やっぱり歓喜するのでしょう人間だもの。とむを。

 

では。

 

◆本日の一冊◆

実はこれが一番心地いい「休み」だったりする。

お題「1か月自由に休みが取れたら何をする?」