エニアグラムが全てではないけれど。ずっと迷っていたけれど決心したタイプ4の話。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170301174943j:plain

 中途半端に夢追い人で、中途半端にお金が好きだから、ずっとずっと悩み続けていたのですが、とうとう決心いたしました。

 

エニアグラムご存知?

自己分析などでも用いられるエニアグラム診断90もの質問「20歳の頃だったらどう考えるか」という前提のもとバシバシ回答していくことで、分析結果が出るというやーつ。

shining.main.jp

※実際このような自己分析系の質問事項って、先読みできると「どう解答すれば、望む結果になるか」が分かるものなのですが、そこは考え込まず素直に解答してください。

 

ぜひとも挑戦してみてください。何が良いって、自分の弱点を客観的に見つめ直すことができるところです。もちろん直すも良し、開き直るのも良しですが笑。

どんなタイプの人と補い合えるかも理解することができるので、相性診断的要素もあって面白いですし、どんな偉人とタイプが同じか知ることができるとちょっぴり嬉しいもの笑。

 

タイプ4という診断

私の診断結果はいつだってタイプ4です。

エニアグラムタイプ4の特徴・適職(職業適性)

このサイトでなくたってタイプ4の横に書かれている(芸術家)という診断になります。しかし私は「芸術家」と出ること自体にはすごく喜びを感じるんだけど、迷いも生じるのです。

 

就職活動時も途方に暮れた

かつての私が途方に暮れた理由としては、「至って普通のサラリーマンになるべきだ」と思いこもうとしていた時期にとって、普通のサラリーマンっぽさを感じなかったから笑。

今考えれば仕事も辞めているし、やりたいことはブログとか絵とか写真とか色々、表現やファインアート側の仕事だったりするわけで。演劇諦めた割に執着心に代わりはないし。

 

だから途方に暮れる理由もなかったんだけど、私の中で「芸術」が切っても切れない存在なんだと確証してしまったからこそ途方に暮れた。

 

でも今はタイプ4で良かったと思うし、エニアグラムで人生を決める必要はないけど、「芸術家」っぽい仕事に就くためにどん欲に活動しようと思う。

努力は続けるけど、まだまだ誰の足もとにも及ばない。だから”才能”はまだないし、人の心を感動させられる自信もない。

 

けど好きなものは好きで、結局離れられないならいっそ、どっぷり浸かるべきなのだろうとも思ってしまった。久しぶりのエニアグラムで、そう思った。

 

どんな診断でもこうなる笑

この簡易的なエニアグラム診断ではない診断も、就職活動の時にやってみたのだけれど↓

就職活動をバックアップする自己分析・適職発見プログラムR-CAP

これでも「適正職業」が「作家」「役者・俳優」になるのよね笑。正直に解答しすぎなんだろうなあ笑。おかげさまで就職活動に悶々としたことを覚えています。

 

もちろん辞める前の会社には、今では感謝していますクラウドソーシングサービスでもライター募集に連絡する時も、社会人1年目マナーを経験したからこそ、伝わるようなメールを打とうと意識するし・・・本当にありがとうございました

 

だけどいつだってこの診断なんで、私、逮捕されたら(されないけど)「自称・アーティスト」として名前があがるように頑張ります笑。

 

また正式に宣伝させてください

こんな決心がついたのも理由がありまして。

 

実は本名で登録した写真がSONY WORLD PICTURE AWARD」で入賞しました!本名、インスタグラムとかツイッターでさらしまくりなのでご存知の方もいるかもしれませんが笑。

 

あと、やりたいことリストにも書いていた「デザインフェスタ」への出展が決まりました。明日しっかり出展料払ってきます笑。

 

何だかトントン拍子で物事が進んでいるので、ちょっと頑張ってみようと思ったんです。雑記ブログではありますが、感性そのまま書き連ねていきますので、呼んでくださる皆様、今後ともどうかよろしくお願いいたします。

 

もう少し精神的に余裕ができたら、もっとブログらしい文章を書きます!

では。

 

◆本日の一冊◆

「お金」から考えるのも楽しかったです。