読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼらレシピが好きだ。でもあれは「ずぼら」ではないと思うし、「ずぼら」でいいと思う。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170221183005j:plain

調子が良い日には、恐ろしく頭が冴え渡り、次々とレシピが浮かんできます。とは言いつつ良妻賢母側ではない。どちらかと言えば、ずぼら。

しかし「ずぼら」という言葉の意味から考えると、多分恐らくレシピが浮かぶ私は「ずぼら」というわけでもなさそうで・・・。

 

ずぼら飯レシピの魅力

 

例えば、本屋さんで見つけた可愛らしい装丁のこの本は、朝食レシピ本でした。確かにちゃちゃっと作れてとっても簡単なレシピです。しかもイラストや写真が明るいので、朝食が楽しみになること間違いなし!

 

ただ・・・表紙に書かれているように「ズボラーさん」は本気の「ずぼら」ではないと仮説をたてました。この可愛らしい見た目のずぼらは、きっとビジネスずぼらなんです笑!

 

本気のずぼらならきっと

 

ずぼらの言葉の意味を見直してみましょう。

  1. [名・形動]行動・性格がだらしのないこと。また、そのさまやそのような人。ずべら。「悪い男ではないが、ずぼらで困る」
  2. 引用元:ずぼらの意味 - goo国語辞書

だらしなさが全面に押し出されていることを考えると、先に紹介したズボラーさんは決してだらしなくないと思うのです。

むしろそれどころか、ズボラーを名乗ることで「頼り無さげな守ってあげたくなる人間像」が生まれています。・・・やっぱり、ビジネスずぼらだ!

 

それに対して漫画『花のズボラ飯』を見てみましょう。主人公花の作るズボラ飯は、確かに味としてはとても美味しいのですが、つくる過程がかなりゆるゆるです

見た目、栄養バランス?知らん、そんなもの二の次じゃ!的なレシピが登場し、そんな食事が大好きな花さんの体型も、ほんのりもっちりしています。

 

決して花のずぼらさが魅力的でないわけではありませんが(もっちりボディとか超最高)、ズボラーさんと比較すると、花さんは本気のずぼらだと思うのです。

例えば残った食パンと鮭フレークとチーズで「鮭トー」を作るのですが、きっとその動機は純粋にお腹が空いたから。ただそれだけのはず!

 

食せればいいじゃない!

でも花さんが本気のずぼらだなんて言いましたが、確かにね、美味しくご飯が食せれば十分なんですよ

決してズボラーさんが本気のずぼらではなくたって、ズボラ飯がずぼら過ぎて「こんなの料理と言えない」と両断されてしまったって、食せれば十分生きてゆけます

 

例えばこんな記事について。

toyokeizai.net

小さな頃、お弁当の時間って確かにワクワクしたのですが、実際に自分が作ってみるとなると「すまん。手の込んだものをつくる余裕がない」ってなります。

夫にお弁当を作る時、申し訳ないほど勇ましいお弁当になってしまいます。おひたしや煮物がメインの激渋弁当です。が、味には自信がある笑。

 

この記事では、私の頑張りも十分すぎるほど、そんなに必死にならんでも大丈夫よ〜ん的な文章でした。フランスの話なので、日本でこの文化が取り入れられるかというと疑問ですが。

 

でも私もオーストラリアに語学研修へ行った時は、たった2週間ではありましたが、痩せて帰国しました笑。なぜなら朝も昼も夜もかなり質素だからです。

朝、シリアルかなんかをかきこんで、昼ご飯の準備をします。といっても冷蔵庫からパンとハムとチーズとレタスを取り出して挟むだけ。それに小さなリンゴが1つ。

夜は野菜炒めに軽く添えられたタイ米(私が日本人だから気を使ってくれたらしい)でおしまい。外食してもピタパン1つくらいしか口にしない。

 

一汁一菜でもいいの

ただこのミニマムな食経験で、バランスはある程度摂れていた。野菜も食べたし、たんぱく質もちゃんと摂っている。

 

それなら十分なの。

 

だから結局日本で食べられてきた「今までの一汁三菜」から見たら、ズボラーさんもずぼら飯も立派なまでに「ずぼら」なのであって、でも別にそれで構わないのだよね。

心身を支えるだけの栄養バランスがあれば、一汁一菜で本当に十分!具がもりもり味噌汁に魚か肉、それにご飯。もう全然立派な食卓である。

 

最近見かけるずぼらレシピは、本当の意味でのずぼらでは決してないと思ってしまうけれど、「ずぼらでオーライ!」的な世の中に徐々に移行しているのであれば嬉しい

楽で美味しい毎日を。

では。

 

◆本日の一冊◆

 土井先生が仰っていたのでこの記事を書きました。

スポンサーリンク