読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

具合が悪くなってからじゃ、遅いんじゃ!休息と病院通いを恥じるな!

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170211115014j:plain

先週あたりに久しぶりに風邪をひき、それ以降鼻水真っ黄色から回復したにも関わらず、頭痛やめまい、動悸によってパソコンになかなかむかえない時が続きました。

 

休息と病院通いを恥じるな

今回このブログを通じてお伝えしたいのは、「休むことと病院へ通うことを決して恥じないでください」ということです。特に頑張る社会人はどんな立場、役職、肩書きにあってもです。

 

別にこの世の全てにおいて命が一番大事!とは言いませんが、その命がいつ、突然終わるか誰も予測できないのに、自分から命を削るようなことはしなくてもいい

死にたがりが何を言ってるんだ!と思うかもしれませんが、やりたいことを体調不良でやれなくなることは死にたがりだろうが、生きたがりだろうが苦しいことなんです

 

たかが体調不良、されど体調不良。

 

お金を稼ぐことができないのも悔しいけど、自分の好きなことができなくなるのも悔しい。しかも自分のせいで。自分が体調管理を怠ったばっかりに。悔しいでしょ?

だから「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ではありませんが、「休息や病院は一時の悔い、行かずに死ぬのは一生の悔い」ですよ!

 

つらい体に鞭打って・・・的なのはもう良い。いや別にすぐにでも死にたいなら構わないけど、少しでも夢があるなら、やりたいことあるなら、今すぐ休んで!今すぐ病院行って!

 

夜間病院の活用

私が今回「これはまずい・・・」と思い駆け込んだ病院はたまたま夜間病院でした。働く人達のために診察時間が18:00〜22:00という病院。

日中やってません。これで日中もやってたら逆にお医者様の体力が不安になってしまう。お医者様にとってもホワイトなアイディアだと思う。多分日中も研究や仕事でお忙しいとは思うが。

待ち合い室にはスーツやオフィスカジュアルの男女だけじゃなく、夕方熱を出してしまったのであろう子供やお母さんの姿もありました。

 

でも、本当にこういう病院があるとありがたいよね。心療内科に通っていた時も20:00まで開いている病院は本当にありがたかった。仕事帰りに立ち寄れるから

どうしても病院へ通う暇がない、会社の周りの人の目を気にしてしまう、という人はぜつ夜間病院を活用してください。そして意地でも病院へ行ってください

 

意地を出すのは、体調が悪いのに無理して仕事をする瞬間ではなく、気合いで病院へ通う瞬間に使ってください。

 

予防が大切

でね、今回我ながら反省している。

私が会社を休職・退職してから日々の出費の大半は食費(主に酒・・・やめたくないなあ笑)と医療費。医療費は週に何回か通うことになるから割と出費。

だから、そろそろ医療費払わずに済むように健康を維持しようだなんて決心した矢先のこれだよと。この決心がやっぱり毎度遅すぎるんだなあ、と反省。

 

なので読んでくださる皆様には、意地でも「健康第一」を貫いてほしい。小学校や中学校の頃の「無遅刻無欠席」を斜に構えることなく、誇らしげに胸に掲げてほしい

心身の健康、当たり前のことができない世の中だからこそ、そこで一つ頭を飛び抜けてほしい。最早当たり前のことが当たり前じゃなくなっているから、誇りに思って良い、健康を!

 

病院行きました

そんで、病院へ行きました。胸の圧迫感、息苦しさ、脈、めまい、吐き気、挙げるだけでキリがない「絶不調」状態を伝えて、見てもらいましたが、純粋に貧血疑惑があります。

なんでもいいので、お医者様から処方された薬を黙って飲もうと思います。心臓系の疾患じゃなきゃひとまず安心だから、とりあえずは。月曜日の血液検査結果待ちです。

これで何でもないって言われたら・・・筋トレだね。

では。

 

◆本日の一冊◆

読むと面白い。そして勉強になります。

スポンサーリンク