風邪をひいた体から、独特な臭いがする。病気の人や亡くなった人の匂いって何だろう?

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170129123224p:plain

風邪をひいた体って、独特な臭いがしませんか?

 

体臭や香り、匂いに興味のある私ですが、今一番気になっているのは、病気になったり亡くなった人の体から発せられる独特な匂いです。

 

時々、私は風邪をひくのですが、その時自分から不思議な臭いが漂っている気がしてならんのです。

 

※私は臭いの専門家ではないので、この記事でははっきりとした原因について述べてはいません。ただ非常に興味のある事象なので、共有できればと思って書きました。

 

独特な臭い、何だろう

f:id:tomu_saito:20171114142152j:plain

体調が悪くなると体から独特な臭いがする

 

表現ができない独特な臭い。ものすごく臭いわけでも、だからといって心地のいい香りでもない。ただただ、”普段”とは違う臭いがするのです。

 

自分でも臭いが変わったことを感じるのですが、私の夫もこの臭いの違いが分かるらしく、体調がちょっと悪いなと思った時、「体調悪くない?大丈夫」と言われた時には驚きました。

 

聞くところによると、がん探知犬として訓練された犬がいるんですね。がん患者を匂いで嗅ぎ分けることができるのだとか。やっぱり匂いの違いがあるってことですよね。

セントシュガージャパン|がん探知犬の訓練と育成・がん研究助成

 

病気によって匂いが違う?

実際に病気の種類によって、漂ってくる匂い成分には違いがあるとのこと。

 

▶︎体臭で病気の種類まで分かる? がん発見に活用も|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

 

健康な体と病気になった時の体では、体内の物質に変化が生じます。それにより生成物にも違いが生じ、匂いが変わるのだと言われています。

 

私が想像していた通り、糖尿病の方からは何だかほんのりと甘い香りがするらしい。黒死病の記述には「腐ったリンゴの香り」と評されているらしい。死は甘い匂いなんだね。甘美でエロいけど・・・嫌だね。

 

とはいえ”嗅覚”の仕組みは非常に複雑。

  

一つの成分を特定したところで香りの断定はできない。人が感知している香りは複数の成分で成り立っているから、たくさんのパターンを仮定して実験して考察の繰り返し。

 

※大学で香気成分を研究していた同期がいたけど、彼は「”嗅覚”に関わる研究は途方に暮れる」みたいなこと言ってたな笑。もちろんやりがいはあると思うけどね。

 

だから、匂いに変化が表れるのは事実だけど、匂いだけで「あなたはこの病気です」という結論にはまだまだ達せないよう。

 

亡くなった人の匂いについて

私の大好きな小説深夜特急インド・ネパール編にもあるけれど、亡くなった人からはほんのり甘い匂いがする。その話が頭に入っていたからかもしれないけれど、この間亡くなった人と対峙した時にその香りを感じた。

 

不謹慎かもしれないけれど、想像通りとても甘かった。

 

もちろん、その方は丁寧に安置されていたから”状態が良かった”のだとも思う。長い間放置されていたら、甘い匂いを通り越して腐敗臭に達していたことだろう。

 

これも健康体と比較した時の、体内物質の変化が要因。体内に残っているガスや微生物分解されたものの臭い。それらが合わさって、独特な臭いを発する。

 

点滴を入れる前の話

病気の人の匂い・・・ってわけじゃないけど、病院で体感した匂いの話を最後にひとつだけ。

 

誰か「わかるわかる!」って人がいれば共有したいんだけど、私ががん治療を受けていた時に経験したヘパリンロック※の際、注入された瞬間にTHE・人工物、プラスチック〜みたいな匂いが鼻に通ったんだけど・・・あれ、なんだろう笑。

 

※輸液を投与せずに血管内にカテーテルを留置すると,先端部分に血液が逆流して凝固し,カテーテルを閉塞させる.この閉塞を予防するためにヘパリン加生理食塩水をカテーテル内に充填しておく,この手技をヘパリンロックと呼ぶ

引用元:ヘパリンロック - 薬学用語解説 - 日本薬学会

 

注入された瞬間に、ほわ〜って鼻の奥に匂いが広がるの。不思議でならないんだけど笑。 

 

健康に敏感になれるんじゃないかって

f:id:tomu_saito:20171114144500j:plain

元々香水やワイン、人の服や人の匂いを嗅ぐのが好きなのだけれど、できることならもっと鼻を、嗅覚を鍛えたいと思った。健康に敏感になれるんじゃないかって思って笑。

 

弱っている自分の匂いを自分自身で瞬時に感知できれば、休むタイミングをつかみやすいんじゃないかと思って。体を壊してからでは遅いからね。微妙な変化に気づければ、すぐに休めるんじゃないかって思って。

 

嗅覚が冴えている人になれたら、それこそ人の役にたてるんじゃないかって。この身ひとつで。

では。

 

◆本日の一冊◆

少し怖い”香り”をテーマにした猟奇的殺人鬼の話。でもものすごく甘美。

※2017年11月14日更新