読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪をひいた体から、独特な臭いがする。病気の人や亡くなった人の匂いって何だろう?

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170129123224p:plain

1年のうちに数回は風邪をひきます。中でも今回は割としっかり風邪をひいたので、自分の体の変化が面白い(え)。

鼻水が止まらなかったり、咳や痰が痛くてつらいのですが、鼻水の真っ黄色っぷりが目に入ると「あ〜私の体、めちゃくちゃ頑張ってんな〜」と感慨深くなる。・・・ならない?

 

独特な臭いがする

ただ毎回不思議なのですが、体調が悪くなると体から独特な臭いがする。表現ができない独特な臭い。ものすごく臭いわけでも心地のいい香りなわけでもない。ただただ、いつもとは違う臭いがする。

自分でも嗅ぎ分けられるのですが、夫も臭いの違いが分かるらしく、「あ、体調悪いじゃん、どうしたの?」と言われた時に聞いてみると「いつもと臭いが違う」との回答(動物みたい)。

 

でも前にニュースで見たことがある。がん探知犬という犬がいるらしく、何でもがん患者を匂いで嗅ぎ分けるのだとか。うん、やっぱり匂いの違いってあるんだね。

セントシュガージャパン|がん探知犬の訓練と育成・がん研究助成

 

病気によって匂いが違う

実際に病気の種類によって、漂ってくる匂い成分には違いがあるとのこと。

体臭で病気の種類まで分かる? がん発見に活用も|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

健康な体と病気になった時の体では、体内の物質に変化が生じるので、そこから生成されるものによって匂いにも変化が表れるそう。

想像通り、糖尿病の方からは何だかほんのりと甘い香りがするらしいし、黒死病の記述には「腐ったリンゴの香り」と評されているらしい。死が甘い匂いってなんか甘美でエロいけど、嫌だね。

 

とはいえ人間の嗅覚というのはとても複雑だから、大学で香気成分について研究している同期がいたけれど、彼いわく嗅覚に関わる研究は途方に暮れるらしいね。

一つの成分を特定したところで香りの断定はできない。人が感知している香りは複数の成分で成り立っているから、たくさんのパターンを仮定して実験して考察の繰り返し。

 

だから、匂いに変化が表れるとはいえ、匂いだけで「あなたはこの病気です(ドーン!)」みたいな結論にはまだまだ達せないね

 

亡くなった人の匂い

あと、私の大好きな小説深夜特急インド・ネパール編にもあるけれど、亡くなった人からはほんのり甘い匂いがする

その話が頭に入っていたからかもしれないけれど、この間亡くなった人と対峙した時にその香りを感じた。不謹慎かもしれないけれど、想像通りとても甘かった。

もちろんその方は丁寧に安置されていたからこそ、だとは思うけれど。悲しくも長い間放置されてしまえば、甘い香りを通り越してどうしたって腐敗臭がする。

 

これも健康体の時とは、体内の物質が変化するから発生する香りの結果であって、体内に残っているガスや微生物が分解したものの臭い、それらが合わさって独特な臭いを発する。

 

当たり前っちゃ当たり前のことなのだけれど、いつもと違う状態になると匂いが変わるということが分かれば、病気への警戒はしやすくなるよね

 

鼻を鍛えたい欲がわいた

元々香水やワインなどのお酒、人の服や人自身の香りを嗅ぐのが好きなのだけれど、できることならもっと鼻を、嗅覚を鍛えたいと思った。

 

弱っている自分の匂いを自分自身で瞬時に感知できれば、休むタイミングをつかみやすいと思って。相変わらず自分の身ではなく、目の前のこと最優先に動く癖があるから、ちゃんと予防したい。

体を壊してしまっては意味ないからね。

 

それでいて、もし嗅覚が冴えている人になれたら、人の役にたてるんじゃないかって思う。

 

それこそ、この身一つで

では。

 

◆本日の一冊◆

猟奇的殺人鬼の小説ですが、匂いを嗅ぎたくなる。

スポンサーリンク