NHKのEテレで育ちました。知的好奇心・観察・思考力を高める、見てほしい3番組。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20170115183853p:plain

私が通っていた小学校では、NHKの教育テレビがフル活用されていました。

「さんさんさん、さわやか三組~♪」でおなじみの子供ドラマも授業で観ましたし(なんの授業だ?)、英語も理科も何だかしょっちゅう教育テレビがついていた気がする。

 

こんな人に読んでほしい

  • 勉強し続けたい意欲のある人
  • 今まで科学と美術に目がいかなかった人
  • 大々的な実験や企画に興奮する人
  • 考えるのが好きな人
  • 好奇心がある人

 

科学と美術で知る

私はそんな小学校の頃から、理科と美術の授業だけは真剣に受けていたこともあって、この番組をおすすめできるベースがあるのかもしれません

 

が!

 

もし、そんな理科と美術大好きっ子だった時代にこの番組を観ていたら、今頃はガチで研究者か芸術家、デザイナーを目指してたんじゃないかな、と思っています。

それほどまでに、これから紹介する3番組はとんでもなく頭を刺激する番組なのです。この番組のためなら、受信料は絶対に払わなきゃいけんよね・・・!

 

観察眼と思考力が高まる

知的好奇心もくすぐられ、観察眼、思考力が高まる~!そんな3番組です。存じ上げている人にもそうでない人にも、Eテレのファンとして、Eテレの魅力が伝わるといいなあ

 

1.デザインあ

f:id:tomu_saito:20170115183759p:plain

デザインあ」は、私たちの身の回りに当たり前に存在しているモノを
こうした「デザイン」の視点から徹底的に見つめ直し、斬新な映像手法と音楽で表現。
こどもたちに「デザインの面白さ」を伝え、
デザイン的な視点と感性」を育む一歩となることをめざしています。

出典:http://www.nhk.or.jp/design-ah/about/

それまで意識して見つめてこなかったであろう「デザイン」に注目した番組です。製品のつくられる過程を見せて、どのような手順でその製品が完成するのか。用途別や種類別にデザインを観察して、共通点を見出してみたり・・・。

 

番組説明にもありますが、今まで「当たり前に存在しているモノ」に対してどれだけモノを気にせずに接してきたかが分かります。

伝統工芸ともいえる古きよき手作りの製品工程を見ていると、「て・・・手間のかかる・・・!」と驚かされることもありますが、モノへの価値をどれほど理解できているのだろうか、なんて観点からも楽しめます。

 

色んな世代、絵の経験歴とかバラバラの人が皆でモノを見つめて描く「デッサンあ」も、一人ひとり全く違うモノの見つめ方が楽しいので、私は好きだなあ。

 

2.大科学実験

f:id:tomu_saito:20170115184558p:plain

この番組で扱う実験は、
「1.7kmの道に86人が一列に並んで音の速さを調べる」
「50mのクジラ型ソーラーバルーンで人を持ち上げる」など、スケールの大きなものばかり。
実験部分の映像はすべて実際に撮影し、コンピューターグラフィックスは使いません。
影技術を駆使(くし)した説得力のある映像で、あなたの科学への好奇心をかきたてます。

出典:http://www.nhk.or.jp/rika/daijikken/origin/about.html

「スケールの大きなものばかり」を、実際に実験し、撮影し、放送する。もう、この番組設定だけで、大興奮です。

理科の実験の難しいところが、教科書に載った理論上の結果を小さな理科室では再現しにくいんですよね笑。学校で、生徒を納得、興奮させられるほどのワクワクする実験は正直やりにくいのだと思います。

そう考えると、本当にこの大科学実験は素晴らしいのなんのって。この間観た回では、象の体重を測るために、いかだを作り、水に沈んだ分まで人を載せ、載った人の体重を足していって算出するという・・・なんとも大変な実験をしてくれましたw

 

でも「実際にやってみた」ってなんだかんだでワクワクするし、説得力が違うよね

 

3.考えるカラス

f:id:tomu_saito:20170115184442p:plain

とにもかくにも、「答えを出さない」という番組の終わりが最高に素敵です。観察し、仮説をたて、実験をし、その結果をもとに考えるという「科学の考え方」を学ぶ番組です。

様々な観察や実験が淡々と行われていくのですが、こればっかりは大人も「うっ」となるものばかり。凄く難しいわけではなく、きちんと答えられないという事実に驚きます。「そういえば、これって・・・なんでだっけな」みたいな。

番組の決め台詞「ここから先は自分で考えよう。今日から君も考えるカラスで締めくくられるこの番組は、本当に実験結果の解説動画がないので、時々本当に分からない時には「うわー勉強不足だー」落ち込みますw

 

が、めげずに「観察→仮説→実験→考察」をすれば、科学がワクワクするものだと気づかされます。

 

勉強し続けよう

この3番組は欠かさず観ています(録画だけど)。NHK関連の番組は他にもいっぱいいっぱい観ていますが、まずはコレをお伝えしたかった・・・!

さて、今日も科学と芸術に触れようかな。

では。

 

◆本日の一冊◆

解散!もクッソww面白いです。