読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神面で不調を抱える人へ。人を頼り、図々しくなり、元気になったら恩を返そう。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161227155306p:plain

人を頼り、図々しくあれ

精神面で不調を抱える人にとっては難しい話に聞こえるかもしれません。でも、まずは誰かに寄り添ってもらう必要もあります。相手に迷惑かも・・・と思うなら、さっさと元気になりましょう

 

つらい思いに追い打ちをかけ

私は12月末に正式に会社を辞めることになりました。恐らく私は仕事を辞めることなく、長く続けることのできる人間でした。でも確かに今年の6月、私は体を壊しました。

会社の朝礼中にとうとう動悸がおさまらなくなり、腹痛と冷や汗をかきながら会社を早退したことをきっかけに、辞めるための動きを始めました。

いただいた休職という期間の中で、働けない間のお金について傷病手当金という制度を活用するようにと、人事の方だけでなく、メンタルクリニックのお医者様からもお声かけいただきました

また他の方のブログにも記載されており、少し目先の金銭の不安が和らいだことを覚えています。

 

正直、とにかく会社と縁さえ切れればいい!と思い込んでいた私にとって、傷病手当金の制度はありがたいのに申し訳なく思い出したくもない会社の人の顔を思い出す要因になり、調子を崩すことも多々ありました。

つらい時に書類を書くのは、会社での記憶が呼び起され、精神衛生上つらいものでしたが、私を支えるものになりました。

 

人を頼ろう

6月から突然の休職、そして半年後の12月に至るまでの時間で分かったこと。精神面に不調を抱え、つらい思いをしている人特有の「自分を責める」という行為から一度離れる大切さを知りました

 

まず人を頼ろう、と

 

相手がどう思うか、豆腐メンタルの私なんかに付き合わせて申し訳ない・・・という想いが体全体を覆い、死にたい、消えたい、私なんか状態に陥ってしまうことが多々あるものの、もし本当に豆腐メンタルな私をどうでもいいと思っているのならとっくのとうにその人は目の前にいません

そういう感情で自分を見ていないからこそその人は私の目の前に立ってくれている

 

だからこそ、頼れるものは頼ろうと思いました。

 

相手は、会うことを避けても考慮してくれる人事の方だったり、話しを淡々と聞いてくれるだけのお医者様だったり、それでも別に構わないと言ってのけた旦那さんだったり、それは人によって様々ですが。

 

図々しくなろう

また多少は図々しくてもいいんだ・・・と思えるようになりました。相手のことを相手のことを、と気遣いすぎて自分が傷ついていることに気づけない方がよっぽど問題で

相手が傷つくことを恐れるあまり、自分がボロボロになるのは本当にバカバカしい

 

もし、心底「こんなやつにだけは絶対にならねえ!」って人がいるのなら、そんな嫌なやつにこそつらい思いを払拭するヒントがあったりする。悔しいけど。

例えば私の旦那さんは「絶対に吐夢みたいにはならない」と断言するほど、私の症状に理解はない笑。いや、理解はあるけど、親身になって理解するには理解しえないと言っていた。

でも、だからこそ、時々無神経すぎて私がイライラするものの笑、自分とは違う彼の言動や行動こそが、私のようにいつまでもつらい思いを抱え込む人にはないものだったりする

 

「自分さえよければいい」

という考え方は時に自分を守ってくれる強固な言葉だ。

 

元気になればいい

人を頼り、図々しくなることが申し訳なさすぎてたまらない・・・というのなら、存分に人を頼り、図々しくなることでさっさと元気になることをおすすめする。

厳しい言いかただけれど、「どうせ」「だから」を繰り返すのではなく、さっさと回復して「今まで悪かったね!」笑顔で返すことがゴールだと思う

 

とにもかくにも元気になればいい

ただし元に戻る必要はない

元気になれば、以前の自分と違ったって全然構いやしないじゃないか

 

恩を返そう

f:id:tomu_saito:20161124172455p:plain

元気になってから存分に恩を返せばいい

例えば「人間なぜ生まれてきたのか」なんて問いに無理矢理答えを当てはめようとすること自体がもうナンセンスで。そんなこと考えるくらいなら、死ぬ寸前に「まあ、いい人生だったかな」と思える程度の元気な人生を歩んだ方がいい

 

つらい思いを抱えている状態で、恩を返そうとする必要もない。迷惑か否か考える必要もない。インドのことわざ的なものにあるけど、迷惑だというなら、もう生まれた時点で誰かに迷惑かけている。だったら今さら迷惑かどうか考える必要はない。

元気になった時、もしかしたら今度は相手がつらい思いを抱えているかもしれないし、人生何があるか分からないのだから、そんな時、自分がされて嬉しかったことをそのまま同じような境遇の人に返すだけでも十分恩返しだ

 

まずはつらい思いを隠さず吐きだせ。

人を頼り、図々しくなれ。

元気になった時に、その分人に返せばいいじゃない。

 

では。

 

◆本日の一冊◆

スポンサーリンク