読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合法という文字の安心感wwじわじわ人気のコカの葉のお酒。コカレロを飲んでみた!

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161225185442p:plain

”合法という文字の安心感ww”なんてタイトルにつけましたが、合法と聞くと余計怪しさ満点な気がする齋藤吐夢です。

ただやっぱり人はほんのりアンダーグラウンドなものに惹かれる生き物なもので・・・笑。私はこのたび、合法的にコカの葉に触れることになりました

 

コカレロというお酒

コカレロは、その名の通りコカの葉が原材料に入っているお酒です。コカの葉の他にはガラナ朝鮮人参、ラベンダーやミント、生姜に緑茶、17種類ものハーブを使ったリキュールのことです。

 

緑色の艶々と光る見た目は、何だか普通に美味しそうなハーブリキュール。しかしコカという名前だけで盛り上がれるお酒です笑。

すでにパーティーシーンとかでは話題のお酒なんだそうで、私がコカレロを知ったのは日経トレンディの特別号、2017年にはこれが来る!的な雑誌に登場していたことから知りました。

 

ほんのりアンダーグラウンドな雰囲気漂うもの、私大好きです笑。

 

酒屋さんで有料試飲をさせてもらう機会があったので、飲ませていただいたのですが、これが、また、うまい!

 

香りは?

香りはごく普通のハーブリキュールで、ラベンダーやミントのハーブ特有のスースー感、なおかつ鼻の奥に広がる爽やかな甘い香りがします。

コカ吸引なんて死ぬまで絶対やらないので、コカの香りがするかどうか問われると分からないとしか言えないww

 

味は?

味もその他有名なハーブリキュールである「シャルトリューズ」のようなスタンダードな味わいなのですが、シロップ漬けのような甘みはほんのり、ハーブの青々しい感じが口の奥でほんわ~と広がります

 

シャルトリューズは結構しっかりと甘く、どちらかといえばハーブの香りのする甘いお酒、って感じなのですが、コカレロはそれに比べてハーブ感は強めでも青々しい感じがずっと舌に残るかというとそうでもない

口に入れた瞬間の青々しさは、喉を通りすぎるともったりと存在していた割には引き際が早いというか。しつこくないその甘さと青さがたまりませんでした。

 

お値段は?

Amazonで販売されているものは、700mlで5,000円超えております。ハーブリキュールマニアではないので、はっきりと安価なものか高価なものかは言えませんが、中の上上の下でしょうなあ。

ハーブリキュールで歯磨き粉みたいで大好きな「イエーガー マイスター」は700mlで2,240円でした。ほんとに大昔の話ですが幻覚が見えるとかで販売が中止された「アブサン」なんかはブランドによって全然価格が違うし、う~んお酒って深いね!

 

ほんのりアンダーグラウンド

コカレロは合法的に雰囲気だけでしっかり酔えるww

 

人はこの感覚を中二病と呼ぶのかもしれないけれど笑、でもそれでいいじゃない。違法じゃないんだから笑!

 

普通にお酒として美味しいので興味があればぜひ!

では。

 

◆本日の一冊◆

 ほんのりアンダーグラウンド本、おすすめw

スポンサーリンク