結婚はゴールじゃない!これから結婚する人へ。「結婚=幸せ」はもうありえないから。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161212114447p:plain

これから結婚する人へ伝えたいことがあります。

 

どういう理由で結婚に至ったにせよ、結婚はゴールじゃないです。

 

あと「結婚=幸せ」だなんて式は、もう成り立ちません。

 

目次

 

結婚はゴールじゃない

f:id:tomu_saito:20170815122604j:plain

私が考える”結婚”は、結局は他人である夫や妻と共に歩む、スタート地点でしかありません

 

これから結婚する人は、これからの時間、連れ添う他人とともに時間を過ごしていくことになります。

 

分かりきったことだとは思うけれど、時間を過ごすということは不可逆性だから、相手にも自分にも変化が生じるということ。

 

それは老いによる外見の変化もあるだろうし、夫婦になってから分かる変化もある。

 

家族とのつながり方に変化だって生じるし、それこそ今後の働き方だって変化が生じる。

 

その変化がどのようなものになるかは、誰ひとり想像することしかできなくて、予想通りにコトが進むことなんて滅多にない

 

ということは、その予想がどんなものでも何とかなるさ!と思えない限りは、スタート地点でしかない結婚がつらいものになる可能性もあるのです。

 

「結婚=幸せ」はもうありえない?

f:id:tomu_saito:20170815122710j:plain

もちろん「結婚=幸せ」だなんて、はなから考えていませんよ!って人もいるでしょう。その対極として、「結婚は我慢だよ」なんて言葉もあります。

 

しかしいずれにせよ、結婚”したから”幸せか、と問われると疑問なんですよね。

 

そもそも幸せの尺度に結婚は当てはまらないよね、多分。

 

結婚に利点はない?

もしかしたら普通の人であれば、利点なんて求めずに結婚するから幸せなのかもしれない笑。だけど私の場合、どこか利点を欲してしまいます。

 

”結婚 利点”というキーワードでグーグルに打ち込んでみたら、内閣府の打ち出している結婚のメリットが表示されて、ちょっとビビった笑。きらびやかな結婚のイメージは、そこにはなかったね笑。

 

 

私はこのご時世、”社会的に認められる”という利点以外、特に結婚自体にもう利点はないなあと思う。しかもこの利点も、多分そろそろ利点でも何でもなくなるだろう。

 

事実婚、なんて言葉が自然と存在する昨今。

 

本当に事実婚ぐらいが、男女の関係としてはちょうどいいんじゃないか、だなんて思えてきた。 

 

結婚してから気づくことについて

それから・・・これから結婚する人の、誰にでもあり得る話なのだけれど、結婚してから気づくことだっていっぱいあります。

 

そして結婚してから気づくことを、あなたがどう受け止めるか、って結構重要です。

 

例えば・・・私の場合は、私自身の変化でもあったのだけれど、私達2人には子どもを産む能はあっても、育てる能はないかもしれないと気づいてしまった。

 

結婚した後、しょっちゅう「子どもは?」と聞かれるようになったけれど、「子はかすがい」なんて言葉を聞いた時、私はぞっとしてしまった。

 

私の場合、子をかすがいになんかしたくなくて、1人の他人として育てたい。でも、そうはさせてくれなさそうな”家族”の存在が正直疎ましいとも感じてしまう。

 

 

私は彼と結婚したかったんじゃなくて、ただ男女の関係でいたかったんだな〜と気づいてしまった笑。

 

だから「結婚=幸せ」だなんて”わざわざ”思わないし、子どもも生まないかもしれない。

 

「結婚=幸せ」はもうありえない

f:id:tomu_saito:20170815122940j:plain

私がありえない、と断言してしまう「結婚=幸せ」は「結婚=安泰」と同義語だと思う。

 

だけどやっぱりこのご時世、安泰なんて言葉は夢物語だ

 

そんな安易に”幸せ”と吐けるほど、幸せは単純なものじゃないし、結婚するという行動そのものが幸せに結びつくなんて、そんな簡単なものじゃない。

 

というか”幸せ”なんてものは、その人だけが決めることのできるものであり、唯一の信仰とも言えることなのだから、他人がとやかく言う問題じゃない。

 

他人:幸せですか?

 

私 :当たり前だろ。

 

とにもかくにも結婚はゴールじゃない。結婚はただのスタート地点だし、もしかしたらただの記号でしかない。それだけは忘れないでね。

では。

 

◆本日の一冊◆

結婚でもやついている人は、この本が面白いと思う。