ちょっと残念だった!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

 

 つい先日、映画館にて待望の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を観てまいりました。なんだか人見知りの激しそうな演技をしているエディ・レッドメインさんに惹かれて観に行ったのですが・・・う~ん、ちょっと残念だった

 

残念だった点を挙げていきます

決して結末をネタバレする気はありませんが、設定や雰囲気すら知らずに映画を観たい!という方はぜひ引き返してくださいませ。それではいきます。

 

起承転結がなかった

いや、多分あったとは思いますけど、感じづらかったなあ。とにもかくにも平坦な映画でした。ものすごく盛り上がるかと思えばそうでもなくて、というのもメインがファンタスティック・ビーストだったからか、魔法も全然ときめかないんですよね笑。

ストーリー展開はかなりぬるっとしてました。ぬるっと感じたから、全然物語が進んでもいっこうにワクワクしない。ワクワクさせてくれるのかな~と思ったら自然に映画が終わってた感じで。

 

物足りない私は、・・・で?って感じでした。

 

キャラクターが魅力的じゃない

主人公ははっきり言ってコミュ障ですし(ただコミュ障、人見知り演技はとっても素晴らしかった!)ヒロインはがっつり真面目の・・・言い方悪いけど堅物女と、その妹も天真爛漫系ではなくおっとりした子だから全然キャラクター同士の狂言回しがいない

ノー・マジ(人間)のメインキャラも、なんだか尋常なまでに魔法への受け入れ方、順応が早すぎて、ノー・マジ設定があんま活かされてないように思えたし、う~ん・・・と思った。もう少し感情的に動くキャラクターがいたら、話スイスイ回った気がするんよね。

 

CGが雑な気がした

1920年代でしたっけか・・・そっちのねえ景色のCG、というか舞台はすごく綺麗だったのですが、魔法のトランクの中の映像がなんかすごく安っぽく感じてしまいました。確かに空想のものを作り上げるのって大変だとは思うんですが、全然質感を感じない!

なんかぺらっぺらの舞台で演技しているみたいで、すごく・・・嫌だったんですよね。期待していたからこそ、魔法動物があまり質感を感じず、THE・CGみたいな映像だったので感情移入しづらいというか。

 

伏線回収も雑

伏線も、これ私がハリーポッターシリーズを見直した時に思ったことなんですが、世界観を説明するために1作目がつくられている気がしてならないんですよね笑。だからすごく雑に感じたなあ。

途中途中で主人公の過去に関わりそうな人物の話とか、闇の魔法使いの話とか出てきたんですけど、それもなんか、「次回に続くから覚えておいてね!」みたいな投げ出し方だったので、ちょっとついていけなかった。

 

むしろ予習必須の映画だったのだとしたら余計腹立たしいなあ、とも思って。別にハリーポッターを詳しすぎるほど知らなくても観たい映画になったはずだよ!と思って。

 

いいところを数点

もちろんいいところもありましたよ。なんていったって俳優が豪華でしたからね。

エディ・レッドメインコリン・ファレルエズラ・ミラーの三人は本当に素敵だったなあと思いました。

エディさんの人見知り演技、本当に全然人の目を見れない人を演じていたので、面白かったです。魔法動物の時だけ饒舌になる感じとか。

あとネチネチした嫌な感じのあるコリンさんの演技と、トラウマ抱えまくってる感のあるエズラさんの演技が最高。三次元BL好きな私は不覚にもコリンさんがエズラさんをそっと抱き寄せる時(変なシーンでは決してない)秘かに興奮してました。

 

でも、観る価値はあるよ

もちろん、これは私の評価だから、観てみる価値はありますよ。その後の評価が私と180度違うのか、全く一緒になるのかは分かりませんが笑。まだまだ上映してますから、まだの人は注目あれ。

 

ちなみに私はハリーポッターを本で読んでいた時、「幻の動物とその生息地」買って読みましたよ。

 

この本は面白い!想像力がかきたてられるから今でも好きです

これはマジで笑

 

では。

 

◆本日の一冊◆