読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ化したら誰が森若さんを演じてくれるんだろう。『これは経理で落ちません!』

こんにちは、齋藤吐夢です。

 

自分のやりたいことが明確になってきて、とにもかくにも好きなことと得意なことが文章を書くことに一致したので、その勉強のために本をたくさん読むことにしました

そんなわけで小説を読むという趣味も数年ぶりに復活したわけですが、今まで小説を避けてきたのがもったいないくらい面白い小説がたくさんありますね!

 

『これは経理で落ちません!経理部の森若さん』

きっかけ

最近簿記の試験を受けまして。

試算表に数字を埋めていくのが面白かったんです

 

何度も反復練習していた仕訳問題が1問目しか出なかったので、もしかしたら簿記3級落ちてしまったかもしれないけれど笑。

 

それで、数字が右と左きちんと正確に合うことの気持ちよさを知ってしまった私は、経理部の仕事に純粋に惹かれるようになったわけですが、フィクションで経理部が舞台のストーリーだなんて「なんて面白そうなんだ!」と購入。

 

ストーリー

森若沙名子、27歳、彼氏なし。入社以来、経理一筋。きっちりとした労働と、適正な給料。過剰なものも足りないものもない、完璧な生活をおくっている、はずだった。~ある日、営業部のエース・山田太陽が持ち込んだ領収書には「4800円、たこ焼き代」。経理からは社内の人間模様が見えてくる?

 

淡々とした日常

ここで描かれているのはフィクションだし、もっとも私が勤めていた会社の経理の人は数名しか知らず、皆一心不乱に仕事をしているような方ばっかりだから、リアルな世界観がどうかは正直分からない

けれど、日常に起こりうるであろう、正直”人によってはどうでもいい”人間関係のドラマの描き方はリアルだな~と思う。ただ黙々と仕事をこなし、人からは怒っているように見られてしまう森若さんの生き方は、きっとこの世のどこかにいる女性そのものだ。

 

仕事を終えようという時に限ってぎりぎりに駆け込まれる営業部や開発部の領収書の描写は、むしろ私がそのぎりぎりに駆け込む側だったからこそ、「いつもすみません」の心境になった。経理がいるからこそ、会社の金銭は回っているんだな、と改めて、思う。

 

森若さんがかわいい

あと、ドラマ化できそうなほど、話のつくりやすい、とても読みやすいストーリーの中で、主人公の経理部の女性、森若さんがとても可愛らしい

社内の人間関係には出来る限り、首をつっこまずにいたい、というどちらかというと女性の中で群れないタイプなのだが、週末には必ずネイルをこまめに塗り替えている描写が本当に可愛らしい。休日だからこそ派手めなネイルをするあたり、可愛い。

私が購入した単行本にはイラストを担当した方が懸命に想像したであろう森若さんの姿が描かれているのだが、あえてイラストに目をくれずに読み進めると、自分の中だけでの不器用で愛らしい森若さんが浮かぶのでおすすめ笑。

 

時々いるよね、こういう人

そして会社を舞台にしたストーリーだからか、「いるよね~こういう人」という人間が複数名登場してくるので面白い。私は人間観察が大好きだから、会社に実在した人をあてはめながら読んだ笑。

 

同期同士ではしっかりはしゃぐけれど、社内の規則はしっかり守り、無駄なことは一切離さない女性社員や逆にウワサ話が大好き(もはや、生き甲斐)な女性、なぜか同性に対しては威圧的な女性、普段不愛想なのに実は社員思いの上司・・・。

 

森若さんと関わることになる山田太陽という男性のような爽やか男子は、・・・会社にはいなかったけれども笑、でもこういうまっすぐなのかバカなのか、真面目なのかルーズなのか、よくわからない男性は実在するんだよなあ。

 

ドラマ化したら経理部はどう思うんだろう

ドラマ化しても観やすいであろうストーリー展開なのだけれど、経理部の人はどう思うんだろう。また例のごとく「こんなんじゃない」って話で盛り上がるのかな、でも、それはそれできっと楽しいよね。

このご時世、様々な小説や漫画がドラマ化、映画化されているけど、もし誰かがそれを確実に観るのが分かっているのであれば、どんどん娯楽は増やしてほしいな、と思う。下手したら大コケしたっていい。

 

物語を生み出すことが発展するなら、私的には万々歳だ!

読むのも書くのも好きだから、そんな世界は最高だ!

 

では。

 

◆本日の一冊◆

スポンサーリンク