憂鬱な人へ生産性のある趣味を。有意義な時間なら、何でも肯定できる。

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161124114530p:plain

私は多趣味です。多趣味、といってもジャンル的には非常に偏りがありますが、趣味の時間を費やすことの大切さ心をぶっ壊してから知りました笑。心をぶっ壊すと趣味の時間ですら「生きててすみません」みたいになるんですが笑。

 

そんな時、そんな人はぜひ生産性のある趣味をやりましょう!

 

仕事をしていると煮詰まる

これは自宅で仕事をする在宅ワーカーであろうが、会社勤めをしているサラリーマンだろうが、なんだろうが、仕事をしていると煮詰まる瞬間、あるはずです。なければないに越したことないですが、私は恥ずかしながらしょっちゅう煮詰まってます

ただそんな時、「まだできる!」「できないのは自分のせいだ!」なんて奮い立たせ方をすると心が死ぬこと間違いなしです笑。このご時世、この方程式を知らない人なんていないと思いますが・・・。

 

休むも楽しむも申し訳なくなる

煮詰まって、そのうち疲れ切って、「あ~なんもできん」状態に陥ったら(というか陥る前にきちんと休め!というのが本来の、本来ヒトがやるべき流れだとは思うのですが)休むな我慢しろ、なご時世。そして大体心を壊す人は責任感が強すぎて、休んですらくれない

そうなれば、「休むも楽しむも申し訳なくなる→休むも楽しむも感覚なくなる」に変貌し、とうとうあなたも来ましたか・・・憂鬱の世界へようこそ!

 

とはなりたくないなら、趣味を!

それも生産性のある趣味をしましょう。“生産性のある”とつくだけで、趣味の時間を楽しんでいるにも関わらず、変な罪悪感に苛まれることもありません。そもそも趣味の時間くらい、休み時間くらい、自由なはずなんですが・・・!

 

なので、生産性のある趣味に興じてください。

 

今回私が個人的に生産性のある趣味だなあ・・・と思っていることを紹介します。“生産性のある”代表例です!

 

料理を楽しもう

圧倒的に“生産性のある”趣味でしょう。だって、黙々と作り続ければ料理ができあがるんですよ?!後々、自分が食べるかもしれない。相手が食べるかもしれない。料理が趣味になってしまえば、新しい食の発見があるかもしれない。

生きるために大事なものの中に『衣・食・住』・・・食入ってますからね。確実に生産性はありますよね笑。別に趣味の料理だからといって、すごく凝ったものを作る必要もないし。

 

私の場合は”いかに美味しい味噌汁が作り出せるか”というこだわりはあります!誰にも言ったことないけど笑。

 

手芸に挑戦してみる

これも、一見するとちまちまと作品を作るだけのようにも思われがちですが、趣味が高じて、突然手芸に目覚め、自分の服作ればいいんじゃね?と思い始めた人がここにいますからね笑。

 

リラックス着なんかはもはや買うものではありません。

つくるものです!

 

ちなみに現在更新が滞っている『ものぐさ女のハンドメイド』企画ですが、地味~に頑張ってます。ひと月で編み物が5cm進んだだけですが笑。でも黙々と編み続けるだけで防寒具が出来上がるって後々すごく役立つと思ってます。

 

▼過去記事

www.tomutomu-corp.com

www.tomutomu-corp.com

 

 散歩すれば頭スッキリ

歩くだけ。

この趣味に生産性なんてあるのか?って思われるでしょうが、煮詰まったり、疲れたり、ああ、もうだめだ・・・ってなった時こそ散歩です。これはもう完全に頭のデトックスです。何が悔しいって、散歩していて紙とペンがない時に限って、良いブログネタや小説ネタ、記事ネタが浮かぶんです。

 

でも、ほら、これって生産性あるでしょ?!

 

時間を有意義に使ってると思えば

心が鬱々としている人にとって、休憩時間に休むこと自体が本当に苦になることがあるんですが、“生産性のある”趣味を取り入れれば、「ああ、時間をムダに使ってしまった・・・私は、ダメな人間だ・・・」とはならないはずです。私は自我を保てました。

 

だってきちんと生み出したのだから

 

何かを生み出した人間がダメなわけありますか。単純なことでもいい、何でもいい、憂鬱が心を覆ってあまりにも深いなら、呼吸をしたことでどっかの植物が生きながらえることができた、でもいいじゃん!

 

時間を有意義に使ってると思えれば、なんだって肯定できるよ

では。

 

◆本日の一冊◆

逆にしないってのも大切だけどね。