読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰も見ていないなら踊り狂うといいよ。ストレス解消になるダンスミュージック5選。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161121192558p:plain

最近毎日コツコツと記事を執筆できるようになりました。躁状態鬱状態を行ったり来たりしている私にとってはかなり珍しいことです。もちろん躁状態鬱状態では執筆のノリや進みに違いが生じますが、ずっとパソコンに向かっていられるのは本当に久々。

そんな私ですが、ずっとパソコンと向き合い続ければ、頭も体も痛くなるし筆がのらない時間帯だって存在します。そんな時私は誰も見ていないことを良いことに自宅で踊り狂うのです

 

誰も見ていない解放感

例えば誰も見ていないところで、大好きな芝居の1シーンを真似したり、歌を大熱唱したり、私みたいに踊り狂ったり。多分、恐らく、絶対に、やったこと一度もないって人はいないんじゃないかと思ってる

黒歴史として心の奥底にしまっている人は多いと思うけど、誰も見ていないところで何かをするという解放感を味わったことのない人はいないでしょう!?

誰も見ていないからこそ、何をしたって許される(不道徳的なことや非人道的なことはダメよ)から、私は疲れたり煮詰まったら踊り狂うことにしている

 

あの解放感、最高。

 

ストレス解消に運動がいいと言う

ストレスが溜まったら運動がいいと言う。あと、私が読ませていただいている方のブログ記事にもあったけれど、負のパワーを運動に替えるというのは非常に合理的だな、と思う。その方は走るという。私は踊り狂う。

元々運動がそんなに得意ではないし、運動に苦手意識があって、ジョギングやランニングについてはクソダサい私の自意識が邪魔して全然チャレンジできない。自分のペースでやればいいのに周りの凄さが際立ってジムへも通えない。

 

だから踊り狂う。

 

最近腹筋は気に入っているから、気が向くと腹筋しまくっているけど、それも踊りの一環で曲に合わせて踊り狂い、曲に合わせて腹筋しまくる。結構息があがるし、汗もかくけど、ただの運動以上に自分の世界へ入り込めるからすごく煮詰まってた感情が解放されて心地いい

 

踊り狂うためのダンスミュージック5選

演劇研究部時代にもダンスという稽古があった。今私がまさしくストレス解消でやっているダンスと変わりはない。音楽に合わせて全身を使い、表現する

演出する人によっては「誰よりも目立て」という指示もあったし、「全員で同じ動きをする」という指示もあった。どの指示に対応するのも大変だったけれど全身を使って表現することの気持ちよさを教えてくれたのはこの稽古だった。

 

もちろん好きな曲で自由自在に踊るのが一番だ

アニソンを一切知らない私が全員が知っているアニソンでノレなかったのはかなりつらかったけど、踊りやすい曲というのはあった。

だからその感性で紹介する。

ダンス」というジャンルの曲ではないけれど、

 

踊り狂うには向いている

 

1.凛として時雨

illusion is mine

illusion is mine

 

踊り狂うには向いているけど踊りにくいのは確か。演劇研究部時代、これを流して非常に嫌がられた記憶がある笑。けれど“踊り狂う”には向いている

たった三人で構成されたバンドとは思えないほど音が多い。同じような曲調、同じような歌詞をつまらないという人もいるけれど、この苦しそうな高温と重すぎる重低音のバランスが“狂う”には最高の音だと思う。

中でも静→動に狂えるのがこの曲だ。

 

2.Sia


Sia - Cheap Thrills (Performance Edit)

歌詞からして最高の一曲。踊るためにあると思っている。週末にダンス。

 

3.水曜日のカンパネラ


水曜日のカンパネラ『アラジン』

 

今まさにヘビーローテーションで聴いているのが水曜日のカンパネラ。特に『メデューサ』『ラー』『モノポリー』あたりは踊り狂いやすい。紹介した新曲はまずダンスシーンが可愛すぎるので、観ても楽しい、やっても楽しい。

 

4.DAFT PUNK

 

王道ダンスミュージック。絶対にノる。強引に気分を上げる時にも活用、応用、全然可能。

 

5.ONE OK ROCK


ONE OK ROCK - Taking Off [Official Video from Nagisaen]

踊りやすいのに、踊り狂いやすい。メッセージ性も強いからただ聴くだけでも最高。『完全感覚Dreamer』あたりは首を痛めるくらいまで踊り狂える笑。実際この曲で踊り狂うと負傷する。せっかくなので、『Taking off』で踊り狂うことにした。

 

煮詰まったり、ストレスが溜まったり、怒りや悲しみが全身を覆ったら、誰も見てないのをいいことに踊り狂うことを私はおすすめする

 

自分の世界を自分だけで表現したっていいじゃない

自分だけの世界を大事にしたって

では。

 

◆本日の一冊◆

コンドルズの近藤良平さんの踊りが好きで。

スポンサーリンク