読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいことリスト100のすすめ。やりたいことをやり遂げるには、明確な目標と楽しむ力が必要!

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161109142538p:plain

やりたいことリスト100

やりたいことリスト100というのは、単純にノートやメモ帳を使って、自分のやりたいことをざっと100個書き連ねていく本当にただそれだけのリストです。でも、ただそれだけのリストなのに、確かに読み返すとやりたいことが叶っているものです。

有名な引き寄せの法則の本なんかがありますが、あの本に出てくる法則もこのリストも同じようなもので、明確な目標を定めて、自分自身で一つ一つ叶えていくだけで叶うもんなんだなと思わせてくれます。

 

明確な目標を立てるには

ただやりたいこと、そのための明確な目標を立てるのって案外難しくて、やりたいことリストに取り組み始めた時には、20も書けなくて愕然としたことを覚えています

ある意味、それだけ「やりたいこと=自分の欲望」に動くことなく生きてきたってことなんだけど。だからこそ愕然としたんです。やりたいことすらもないのか私は・・・ってなった。

そうなってしまった時には、明確な目標を立てる前に「やりたくないリスト10」を書くことをおすすめします。でね、10って書いたけど、面白いことにやりたくないことなら100以上書けるものです笑。皮肉だね~。

でも明確な目標を立てるためには、明確に理解できている「やりたくないこと」を先に書き連ねることって本当に大事で、視覚情報として「やりたくないこと」が目に入るようになれば、おのずと「やりたいこと」への関心が向いていきます。

 

あとは楽しむだけ!

これも全然難しくないはずなのに、今のご時世の「苦しむことが美徳」的な風潮で難しさが年々増している気がする。しかも”バカ”正直とか”クソ”真面目な人達はその風潮で余計に苦しんでる気がする。言っちゃ悪いけど、勝手にね。まあ、私もでしたが。

でも本当に一回病気で何もできない状態に陥ったから言えるけど、いつ死ぬか分かんないって時に”楽しい”感情置き去りにしてていいの?って思う。仕事も楽しい、遊びも楽しい、死んだときの後悔が「あ~まだ楽しみたいのに~」の方が絶対幸せな気がするの。

やりたいことリスト100を書き出すと、予想以上にやりたいことが叶っていくのが分かります。これって当たり前なはずなのにスゴイよね。私の場合はやりたいことが叶ってからというもの、リストに斜線を引いていく瞬間のためにやりたいこと叶えている感じになってきました笑。

 

私が叶えたやりたいことの例

ちなみにやりたいことは超しょーもないことでも大丈夫です。大事なのは実行することですから。消して書き直しても、100以上書いたっていいんです!私が叶えたやりたいことを書き出してみると・・・

 

・ライターの仕事で月1万円以上稼ぐ

・映画を月3~5本観る

・観た映画の感想をブログに書く

・髪の毛を伸ばす

・PCスキルを身に着ける

・161cm、50㎏を目指す

・イラストの仕事をする

・不要なものを売ってお金にする

星新一賞に作品を出す

 

ちっせえ欲でしょ笑。でも成し遂げました。6月に20個くらい書いて、毎月徐々にやりたいことが増えると同時に叶ったこともチラホラ。ただもっと具体的に書くべきだったものもあるので、書き直しつつ、時々見直しては斜線を引いています・・・ふふふ。

 

「5年後の自分へ」

やりたいことリスト100について書きました。「やりたいことを書き連ねて叶うなんて信じられない」という人もいるかもしれないけど、よくよく考えてみて?

実はやりたいことリストも引き寄せの法則も大それたことないのよ。だって考え方が変わって見えるものが変わっただけなんだもん。変わったのは運ではなくて、自分自身なんです。

 

だから5年後の自分へ。

私は今考え方を変えることで、あえてこのご時世前途多難な道へと歩み始めました。安定した収入の得られる会社を辞め、フリーランスクラウドワーカーとして大好きな文章の世界で生きていくことを決めたんです。

でもこのご時世において前途多難と言われるだけで、5年後には普通になっていることでしょう。機械が人間の仕事をとっていくことに対して危惧する声もありますが、私は危惧とは思わない!

 

だってやりたいこと、好きなこと仕事にできたら

そんなこと関係ないでしょう!

では。

 

◆本日の一冊◆

 

たくましいお言葉。 

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

ペン、欲しい!

スポンサーリンク