電話に出たくない理由を話すよ。相手の時間、尊重してる?

スポンサーリンク

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161028211052p:plain

電話に出たくありません

知っている人の電話番号ですら、怯えてしまうほどの電話恐怖症です。未だに「よく社内で電話を一番早くに取れたなあ」と我ながら思うのですが、実際には機械的に出るしかなかったので、やっぱり本心では相当嫌だったなあ。

「電話に出ない」ことに関して、上司や先輩方は言及してきました。

早速トラウマ級の思い出を話すけど、部署の人間全員にメールで名指しで注意された時には「死んだ」って思ったなあ・・・笑。挙句部署のリーダーからも「電話に出ないやつはチームにいらない」と全員にメールされたのも今では良い思い出です。

 

電話に出たくない理由 

・用件以外の用事を頼まれる可能性が高い

・用件以外の感情が挟まる場合が多い

 

大体がこの理由です。

細かく見ていきましょう・・・!

 

用件以外の用事ってホント邪魔!

電話になると、なぜか分かりませんが用件以外の無駄な会話が挟まってくることが多くてげんなりします。私はめんどくさがり屋なので、用件だけを遂行するのであれば文字の羅列だけ伝えてくれればいいのに、と思ってました。

 

いつ、

どこでかかってくるか分からない中、

「電話がかかってくるかもしれない」と構えるのが

めんどくさい

 

雑踏の中でかかってきた電話とかだと何も聞こえないからイライラします。

受話器に耳押し当てなくても聞こえるほどの大声もイライラするのですが笑。

 

用件以外の感情ってホント邪魔!

「直接言わないと分からないだろうが!」と社内の人や取引先からお叱りの電話がかかってくることもあるのですが、時たまに感情が邪魔してきます。確かに”お叱り”の気持ちに関しては誠に申し訳ないのですが、用件以外の怒りや人格否定だけはいまだに許せません

というかそれって

”お叱り”ではない

 

ゆとり世代特有の感性だと、おっしゃる方もいるかもしれませんが、言わせてもらえば怒りの感情で相手を委縮させたところで解決しないでしょ?と思うんです。怒った側が気持ちいいだけで今後の発展に貢献しないじゃない。

 

一番嫌なのは、時間をとられること

そして最も電話に出たくない理由は時間をとられることです。

こちらが自分の時間を割いてでも出たい相手なら出たいですよ。

でも「メールとか時間のムダ。話した方が早い。さっさと出ろ」とおっしゃる方には物申す。あなたはそう思うかもしれないけど、相手の大事な時間を考慮したことある?と聞きたい。

「話した方が早い。さっさと出ろ」

相手の持っている時間に敬意も払えない人からの電話になんか

出たくない

 

私が電話に出られなくなったのは

私は友人の電話ですら正直出たくない。もっと言えば、旦那の電話も家族の電話も正直かかってくると恐怖を覚える。それは確実に先に述べたような相手の時間を尊重しない人達が一日に何度も何度も電話をよこしてきたからであって。

だから私にとって着信音

背後から刺されるような恐怖と同じだ

 

1~3分置きくらいにかかってくる電話。振替休日でもただの休日でもかかってきた電話のせいで、私にとって着信音はいまだに心臓に悪い音なんだ。

「あ~あいつ休みか。じゃ、しょうがないか」っていうのは異常で、

「休日?知らねえよ。電話でろ」って方が普通なの?

違うよね

 

相手の時間、尊重してる?

相も変わらず電話に出たくない病は治らない。

でもその分、時間の価値を知るようになれた。

私も常に他人の時間を意識しなければ。

では。

 

◆本日の一冊◆