【美容師あるある?!】美容師さんに物申す!「四の五の言わずに切ってくれよ!」

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161027104938p:plain

美容師さんにはぜひ、一顧客の意見として耳に入れていただきたい

 

カットされる側の皆様には、私がどうやって髪の毛を要望通りに切ってもらっているか知っていただき、参考になれば嬉しい。

 

ず〜っとショートヘアで生きてきた私の、美容師さんに対する切実な思いを書きました。

 

 

美容師さんに物申す!

f:id:tomu_saito:20170517102022j:plain

まず私の体験から。

 

私は長年ショートヘアです。ショートヘアが好きすぎて、襟足がちょっとでも伸びると切りたくなる。

 

しかし私の襟足には中途半端に癖があり、その癖に”気をつかってくださった(?)”美容師さんによって、襟足を全く切ってもらえないことが長らく続きました。

 

今は「襟足に癖があるみたいなんですけど、それより襟足が伸びているほうが嫌なので、とにかく切ってください」という意見をはっきり伝え、かつその意見を聞いてくれる美容師さんに出会ったので、襟足快適ライフを送れているのですが・・・。

 

美容師さんVS顧客の要望

しばらくの間、美容師不信になっていた理由は、こちらが要望しているにも関わらず、違う髪型を提案・変更されたことがあったから

 

そう・・・

 

 

 

要望通りの髪型にならない

 

 

 

ことが頻発していたのです。

 

美容院へ行く理由

私が美容院へ行くのは「髪型を変えたい」からだし「うっとうしい髪の毛をどうにかしたい」からです。そして希望の髪型や要望は”私から”発されるもの。

 

"私から"頼んでいるにも関わらず、180度違う提案をされてしまっては、正直「・・・え?」となってしまいます。いやいやいや、この髪型にしてくれませんか?!

 

もちろん私の髪質や顔の形から「これは絶対に似合いません」というものもあります。そりゃあね、そりゃあ仕方ないけども・・・。

 

目的と違うんですけど!

似合わない髪型があるのは仕方ないけれど、もうひとつ私の体験談を聞いてください。

 

ある日、私は「髪型<襟足の邪魔さ」が理由で美容院へ行きました。重要なのは髪型ではなく、「髪を切りたい」という要望重視で美容院へ行ったこと。

 

「襟足を切ってください」と頼んだのだけれど、「バランスが悪い」だ「癖がすごい」だ言われて「襟足は切らないほうがいい」と答えを出されてしまうわけで。

 

でもこっちは”襟足が切りたい”から美容院へ足を運んでいるの。「襟足切らないほうがいい」と言うのはなんか違うんじゃない?!いやいやいや切りたいって言ってんの!!

 

切り抜きチェンジ事件?!

全然違う髪型の切り抜きを渡されたこともあります。私が持ってきた画像は前髪のないボブヘアだったのですが、ボブヘアってどうしても肩下くらいまである髪型が多いんですよ。

 

で私はとにかくうなじが見えるぐらいスースーするショートが好きなので、”前髪なし”ですっきりショートってできませんか?って聞いたんです。

 

そしたら「難しい」「バランスが悪い」と色々言われ、あげく美容師さんが提案してきた切り抜きは”前髪あり”の”流行”の髪型でした。

 

でも私は流行にしたかったわけでも、前髪ありにしたかったわけでもないのですよ・・・。

 

今だから言うけど、心の中でこう思ってた。

 

 

 

 

四の五の言わずに切ってくれよ!

 

顧客側の私はどうすべきか

f:id:tomu_saito:20170517102656j:plain

「四の五の言わずに切ってくれよ!」と心の中で叫び声をあげた私ではありますが、顧客側である私にも原因はあります

 

要望を通したいなら、それ相応にきちんと伝えなければなりません!

 

似合う髪型を把握しよう

まず自分に似合う髪型は把握しておきましょう。悲しい現実に皆さんを直面させますが、要は「似合わない髪型を無理やり注文するのは避けよう!」です笑。

 

自分の顔の形や髪の毛の癖を把握し、一度でも似合わなかった髪型があるのならもう二度とやらない!

 

切ない話ですが、「ぜってー似合わねーよ」 って思われながら切られたくないし、切ってもらったのにショックも受けたくないなら、似合わないものは避けたほうがいい笑。

 

髪の癖を徹底的に知る

私は丸顔なので、本当は前髪があったほうがバランスが良いらしいのですが、前髪に「勝手にM字バングになりますよ癖」があります。

 

だから重たい前髪が一切できません。THE・女の子みたいな重たい前髪に憧れていましたが、ことごとく割れる笑。ブローしようがアイロンしようが割れます笑。

 

癖をどうこうするよりも、「目にかからない」 とか「首もとがすっきりしている」という実用性を重視した私は、前髪をつくることをやめました。

 

妥協したくない部分は妥協しない!

ただし、妥協したくない部分があるのなら絶対に妥協しない

 

冒頭にも述べましたが、私には襟足に独特な癖があるようで、それをカバーするように美容師さんが襟足を切らずにいてくれることが多々ありました。

 

美容師さん目線だと、私の髪質と顔の形はウルフヘア(襟足が長い髪型)が似合うらしいのですが、私はウルフヘアが大の苦手なんです・・・!

 

だから「襟足は何があろうと絶対切ってください」と頼んでます笑。

 

ベストな美容院を探す

後はねえ、もう経験値っす笑。

 

元々人見知り気味で、意見を言うのが大の苦手な私にとって、自分の要望を強く訴えるのはすごく勇気がいるのですが、言わないせいで自分の気分が下がるのも馬鹿っぽい。

 

要望に対して「分かりました!」とか「やってみます!」と前向きに答えてくれる美容師さんのいる美容院を探すしかないです。後は。本当に。

 

美容師さんの本音を聞きたい 

 

f:id:tomu_saito:20171103153145j:plain

ただ・・・私は「美容師になりたい」という夢を抱いたことがないから、正直美容師さんの本音を聞きたいと切実に思っている。

 

  • お客さんのしたい髪型に仕上げるのがやりがいなのか
  • お客さんに似合う髪型を提案するのがやりがいなのか

 

ということを。

 

アーティストのように、斬新で素敵な髪型を提案する美容師さんもいると思うんだけど、私なんかは「要望通りに切ってもらえればいい」と思ってしまう。

 

この顧客の要望と美容師さんの思いにズレがあるからこそ、話がこじれちゃうのかなって思う。

 

以前1000円カットの記事を書いたのだけれど、”技術料”の話が一瞬話題にあがった。

 

確かに切る技術って美容師さんにしかなし得ないし、ちょっと良い値段のする美容院では納得いくのかもしれないけど、私は純粋に「切ってほしい」だけだった。

 

もしかしたら私の顧客としての考え方と美容師さんが仕事に求める価値のズレが原因で、話がこじれてしまったのかも・・・と思い、今は申し訳なく思う時がある。

 

そんな私の出した結論を最後に。

 

こういう考え方がゆえ、最近では1000円カットに通うようになりました笑。10分で襟足だけ切ってもらえるので、満足しております。

では。

 

◆本日の一冊◆

美容師つながり。ケンジさん、大好き。