読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収○○万円の壁について考えてみる。女性の働きづらさを解決するには、自分自身の努力が必要だよ。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161011184708p:plain

年収○○万円の壁

最近新聞を読んでいると、よく見るのが配偶者控除「夫婦控除」の文字。

配偶者控除」は日本特有の税金の制度で、一定の配偶者がいる場合に税金の控除が認められる制度です。

私はお金、税金に関わる知識に関しては極端に無知で、最近になってやっと興味が出てきたレベルなので、

 

とやかく言える立場ではないですが

 

とやかく言います

何故なら私の、今後の女性の働き方に大きく関わってくる重要な話だからです。

 

年収103万円の壁とは

現代の女性が直面している年収○○円の壁はいくつか存在するようですが、よく耳にするのは年収103万円の壁です。

これは”配偶者が働いていない、ないしは年収103万円以下の場合に”働いている方の納める必要のある税金が38万円安くなる配偶者控除という制度から生まれた言葉。

奥さんが年収103万円を超えると、納める税金への控除はなくなります。家庭にかかるお金を考える奥さんの中には、考え抜いて103万円を超えないように働き方をセーブしている人もいると言います。

 

クローズアップ現代にて

また10月から社会保険適用基準も変更され、パートで働いていた方にとって年収130万円の壁と言われていた社会保険の壁が、106万円まで下げられ混乱している人もいるようです。

NHKの番組クローズアップ現代では、この女性の働き方と税金についての特集が組まれ、その第一回がこのパート主婦の「年収106万円の壁」の話でした。

登場したパート主婦の方の中には、社会保険適用基準が下がったことで年間22万円ほどマイナス(税金として徴収)となり、困惑している様子でした。

 

しかし

 

私は彼女のことを「甘い」と思いました

「扶養にいれてもらうという考え方が甘い」と思いました。

 

年収を考える余裕があるなら

年収103万円や106万円、160万円の壁のことを考えられる時点で、

その方はきっと今以上に稼ぐ力があると思います

損得勘定で考えると、確かに中途半端な年収で働けば、今まで以上に税金を納めることになるのは事実ですが、壁のことを考える時点でその人には稼ぐ力があるはずなのです

 

要するに、

年収を考える余裕があるなら

それ以上に働けばいいんだよ

 

今回の社会保険適用の引き下げは、社会的弱者のためのものだと考えています

年収の考える暇もない、稼ぐための環境に恵まれていない人達のための施策に思えます。

 

その一方で稼ぐポテンシャルのある人をあぶりだすための施策のようにも思えます。

だからあぶりだされた人は

持ってかれる税金が痛くも痒くもないくらい稼げるチャンスだって思った方が絶対いい。 

企業や男性・女性の違い以上に

女性の社会進出について、

女性と企業の間で考え方が合致せず、いつまでも平行線のままだ”という記事がありました。

企業は女性に、女性は企業に、互いの意見を尊重してほしいと考えているのです。 

 

でも

 

企業との考え方の違いや、男性・女性の考え方の違いに不満を感じるのではなく、

現状を打破しようと自分自身で動くことが最も重要な気がしてなりません

年収103万円の壁で、税金を多く払うことになったのなら、税金で支払っても十分生活できるように働いてやればいい生活を見直して無駄な出費を抑えればいい

家庭によって事情はまちまちとはいえ、

弱音吐いていられません

困難を乗り越えるためには、自分自身で動くしかないんですよ

 

女性の働きづらさを解消するのは

女性の働きづらさを解消するには、性別なんて関係ない。

自分自身がどうなりたいかが重要で

自分自身の取り組み次第でどうとでもなる

ある種の諦めでもあります。国や企業に期待し続けたってどうにもなりません

自分自身で動かないと。

自分で動いて、世界を変えましょう

 

別に正社員である必要もないじゃん。

パートだっていいじゃん、フリーターだっていいじゃん。

自分に合った働き方を自分自身で見つけだし、構築しませんか?

 

自分の女性としてのライフイベントを、会社優位で調整するなんてもったいないよ。私と夫は上司から呼び出されて「まだ子供は産むな」と命令されたことがあります。でも、それってやっぱりおかしくない?

私達のライフイベントに首をつっこまれてたまるか!

そういった出来事もきっかけで、今日の内容を話すことにしました。

もっと自由に生きたいね。

では。

 

◆本日の一冊◆

 

 

スポンサーリンク