47都道府県の魅力を知りたい!渋谷ヒカリエ8階『d47 MUSEUM』で日本を鑑賞しよう!

 こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161010164736j:plain

日本の魅力を鑑賞しよう

私は日本人でありながら、日本全国のことを何一つ知りません

何一つといったら嘘か。でも地理が苦手で、恥ずかしながら未だに日本地図のどこが何県なのか今一つ把握できていないことを告白します。

だけど全くもって無関心なわけではなくて、知りたい欲はあるんです。47都道府県の風土や特産品を知って、何か還元できることはないかと考えています。

 

渋谷ヒカリエ8階へ

そんな時、「47都道府県について知りたいな」と思った時には、私はいつだって渋谷ヒカリエの8階へ足を運びます。

渋谷ヒカリエという商業施設は、普通のファッションビルでもあるし、ライフスタイルを提供してくれるような個性豊かなショップが立ち並ぶビルでもあります。

でも一番の魅力は8階にあると思っています

そこには様々なアート、デザインの展示があり、47都道府県に関する展示が行われているのです

 

『d47 MUSEUM』が面白い

47都道府県に特化した展示をしているのが、『d47 MUSEUM』です。

www.hikarie8.com

毎回一つの県に着目して、郷土料理やその地域で親しまれている食べ物、伝統芸能、新しくそこへ住まう人の店の紹介などが所狭しと展示されています。

のどかでどこか懐かしいのに洗練されたその展示は「日本も捨てたもんじゃないぜ」と思わせてくれます。

 

ある展示を観てきた

現在行われている展示会は『トマトが赤くなると医者が青くなる青果店 -語り継がれる47都道府県の健康知恵野菜-』といいます(10月16日まで)。

今回は、各都道府県で厳選されたおすすめの食材、加工品が展示されており、

なによりもユニークだったのは、展示物をそのままレジへもっていくと購入できるという点でした。

展示されているにも関わらず、青空市場やマルシェに訪れたような感覚で商品を購入することができるのです。

中には人気がありすぎて売り切れているものもありましたが、気軽に展示物に手を伸ばせるというのがとても面白く感じました。

▼落花生商品の展示

f:id:tomu_saito:20161010165438j:plain

▼綺麗なオリーブオイルのパッケージ

f:id:tomu_saito:20161010165529j:plain

▼一つ一つ丁寧なポップが展示されています

f:id:tomu_saito:20161010165601j:plain

 

私が思わず購入した商品はこの2つです。

▼ピーナツバター

f:id:tomu_saito:20161010165655j:plain

▼山椒醤油

f:id:tomu_saito:20161010165727j:plain

 

実食・ピーナツバター

可愛らしい瓶詰のデザインとは裏腹に、かなりピーナツの味が濃いです。

うまみがすごい・・・。

原材料も、千葉県産の落花生てんさい糖、それに食塩だけ

朝食に出てくるピーナツバターを想像すると、甘みを感じられないかもしれません。

でもそれは、市販されているピーナツバターの味を想像しているからであって、

これ単体で口に入れた瞬間

落花生ってこんなに風味豊かなんだ

と思わせる濃厚な香ばしさが口を覆います。

※あまりの濃厚さに喉が渇くかも笑。

 

実食・山椒醤油

予想以上にすっきりとした味わいの醤油でした。

もっと笑えないくらいに山椒が襲い掛かってくるのかと思いきや、この醤油だけを舐めてみても、山椒の風味は醤油の遠くの方からしか感じることができません。

ただ驚いたことに、

隠し味程度に炒め物や煮物に垂らすと

その遠くから感じる爽やかな刺激が邪魔にならない程度に際立ち、

存在を主張してきます

本当に面白いです。

 

美術館よりも手軽に

渋谷ヒカリエの上にあるだけあって、普段あまり美術やアートに触れていない人でも楽しみやすい空間となっています。

確かにかなり洗練されたデザインのミュージアムなので、緊張しなくはないですが、展示されているものはどれも日本のもの。昔なつかしいものもあれば、再発見されたような魅力も展示されています。

47都道府県の溢れんばかりの魅力が毎回企画され、展示されていますから、

日本を鑑賞したい”そんな気持ちが沸き上がってきたら、

『d47 MUSEUM』を訪れてみてはいかがでしょうか。

では。

 

◆本日の一冊◆

 

 本も出てます。