こんなに美味しいドライフルーツがあるの?!『フルーツインスタイル』のドライフルーツがものすごく美味しい。

こんにちは、齋藤吐夢です。

 

f:id:tomu_saito:20161010180726p:plain

ドライフルーツ好き?

突然ですが、ドライフルーツはお好きですか?

私のドライフルーツ熱は突然来ました。お酒を嗜めるようになった瞬間かな、突然好きになりました。

それまでは典型的なレーズン嫌いでしたw

今では夢中で食べるけどね。

ドライフルーツは”果実を天日干しや砂糖漬けにして乾燥させた保存食”です。

フルーツのうまみがぎゅっと凝縮された本当に美味しいドライフルーツがこの世にはあって、

そんなドライフルーツを嚙みしめると、

乾燥しているはずなのに果汁の味をしっかり感じることができます

 

でもなかなか買えない

ただ・・・

倹約生活を送ろうとしている私にとって

ドライフルーツの購入は優先順位が低いし、少しお高く感じてしまうのです。

高い割に驚くほど少量しか入っていないドライフルーツもあったりして。

栄養も食物繊維も豊富だから、おやつとして取り入れたいのですが、

やっぱり価格が納得できなくてどうしても購入できません

 

『フルーツインスタイル』

そんな私の前に現れたのは、『Fruits in Style(フルーツインスタイル)』というドライフルーツでした。

f:id:tomu_saito:20161010180842j:plain

f:id:tomu_saito:20161010180916j:plain

ベジタブル&フルーツマイスターという資格をもった方が、”日本人のための品質で世界中から果物を厳選し、ドライフルーツにしている”というこだわりっぷり。

高級スーパーマーケット巡りが好きな私は(買いもしないのに)店内を巡っていたのですが、特設コーナーで『フルーツインスタイル』の社員さんが熱心に紹介してくださいました。

そこで試食させてもらったのは、2種類のレーズンオレンジのドライフルーツだったのですが、

 

口に入れた瞬間

甘みうまみ津波のように押し寄せてきて

思わず立ち尽くしました笑

 

今すぐ紅茶かワインを用意して、ゆっくり噛みしめたい・・・!

そのくらい怒涛のように“甘み”と“うまみ”が押し寄せてくる味わいだったんです。

 

レーズンを実食

2種類のレーズンに至っては、

ブドウの品種が違うだけでこんなに味って変わるものなの?!

というくらい、全く別物でした。

 

1つは、よくあるレーズンの甘みにもっと深みが増し、噛めば噛むほどに味が染み出してくるようなレーズンで、食感は不快なグニグニ感が一切なく、噛む音を感じるほどジューシーでした。

もう1つはジュエリーレーズンというルビーのような色味の鮮やかなレーズンだったのですが、これが乾燥した果実とは思えないほど果汁感たっぷりでした。

ドライフルーツにも関わらず、

ブドウの甘酸っぱい果実をそのまま齧ったかのような感覚に襲われます

 

ひとくちネーブルオレンジ

そして私が試食してすぐに購入を決めたのが、「ひとくちネーブルオレンジ」です。

f:id:tomu_saito:20161010180952j:plain

写真でも分かると思いますが、

果実をそのままぶつ切りにしたボリュームのあるドライフルーツが包装されています。

一つ一つが大きいドライフルーツってなかなか見ないのではないでしょうか。

厚みも重みもあるネーブルオレンジをそのまま一切れ口に放り込むと、

かんきつ類特有の皮の苦味と酸味がバランスよく口の中に溶けだします

また皮だけでなく実の部分の乾燥具合もほどよいので、食感が強く食べごたえがあります。そのため、紅茶やワインに合わせてゆっくり味わえば、満足できるおやつの時間、お酒の時間を過ごすことができます。

またしっかりと重厚なうまみを味わうことができるので、自分からセーブしなくても食べ過ぎることはありません。

美味しさの凝縮具合がすごいからこそ、

何枚も何枚も食べるなんて贅沢なことができないのです

 

100g530円という価格にも驚きです。

 

豪快にスライスされたネーブルオレンジを、

こんなにどっさりとした量で

かつこの価格で味わうことができるのは正直いまだに信じられません

この価格はありがたいですが、

食べてみるとこの価格がかなり安価だということに気づかされるでしょう。

 

納得できる味と品質をぜひ

たまたま出店していたらしく、常に同じ場所で販売しているわけではないようです。基本はネット販売みたいですね。でも恐らく様々な商品を取り扱うセレクトショップなどでは見かけることがあるかもしれません。

驚くほど濃厚で、けれど後引く美味しさの『フルーツインスタイル』のドライフルーツ、ぜひ自分の舌で確かめてみてください。

fruitsinstyle.jp

では。

 

◆本日の一冊◆

 

 のんびり飲みましょう。