自律神経失調症を少しでも改善したい人へ。「ま、いっか」な生活のススメ。

こんにちは、齋藤吐夢です。

f:id:tomu_saito:20161005161200j:plain

※2017年11月16日更新

自律神経失調症の診断を受けたことがあります。でも、今の私は自律神経失調症に悩まされながら生きるのではなく、うまく向き合いながら生きることができています。

 

自律神経失調症を少しでも改善したい人のために、お役に立てれば幸いです。

 

キーワードは「ま、いっか」です。

 

 

自律神経失調症のきっかけ

f:id:tomu_saito:20171116200905j:plain

私が自律神経失調症と診断されたのは、ある意味些細な出来事であり、ある意味重大な出来事がきっかけでした。

 

体調を崩したきっかけ

2015年3月〜2016年12月まで”会社員”という肩書きがありました。

 

でも2016年6月〜2016年12月までは休職していました。理由は自律神経失調症の診断を受けたから。体調を崩したきっかけは、働き方と人間関係が原因でした。

 

働き方は決してドがつくほどのブラックとは言えないし、残業もなくて有休も取れる部署にいたので、同僚の中には「え?なんで?」と思った人もいるかもしれない。それでも動悸や吐き気が止まらなくなるほど、私にはつらかったんです。

 

自律神経失調症は正式名称ではない

ちなみに「自律神経失調症」は病気の正式名称ではないんですってね。私、知らなかった。体に特に異常がないのに、不調が起きる状態を指すんですって。

 

休職に追い込まれるほど動悸と吐き気がハードになる前から、不調は感じていたのですが、私はずっとそれを我慢していました。

 

我慢し続けた結果、体調悪化

なぜなら私は”健康体”だったから。

 

私は20歳でがんになり、それ以降定期的に病院へ通っています。異常が見つかれば、即検査祭りになる状態にいて、そんな中、私の体には少しも異常がなかったんです。

 

「具合悪いな」という思い込みだと思ってました、ずっと。

 

でも結局駆け込んだメンタルクリニックで、会社の話をしたらめっちゃくちゃ涙が出てきて「もうメンタル面は限界だったんだな・・・」とようやく悟りました。 

 

「ま、いっか」な生活のススメ

f:id:tomu_saito:20171116201415j:plain

お待たせしました、本編に参りましょう。

 

自律神経失調症になった経緯は先で述べた通りですが、今でも時々動悸や吐き気をもよおすことはあります。相変わらず電車や人混みの中では、若干息苦しくなります

 

でもその息苦しさから逃れようとは思ってません

 

 

息苦しくなる理由が分かっているから、そんなに焦らない。

 

息苦しいこと自体も、原因に対しても「ま、いっか」と思うことで回避してます。

 

自分の症状を受け入れる

はじめのうちは慣れないかもしれませんが、とにかく自分の状態を”自分で”受け入れることが大切だと思ってます。「治さなきゃ!」という強い想いがかえってストレスになってしまっては、元も子もないと思ってます。

 

だから基本姿勢は「ま、いっか」

 

電車の中とかで息苦しくなってしまった時も「どうしよう!」とパニックになるのではなく、「(これが私の症状だから)ま、いっか」と思って落ち着けています。

 

具合が悪いのが落ち着かなかった場合には、「(今日はあまり外出したくなかった日なんだな。だから)ま、いっか」と素直に受け入れてまっすぐ帰宅します。

 

休むことを重視する

要するに体を休めることを、何よりも重視するというわけです。自律神経失調症の症状として、どこか具合が悪い時点で、あなたは休んでいい

 

「治さなきゃ!」って頑張ることも決して悪いことだとは思わないけれど、恐らく自律神経失調症に追い込まれた人は、明らかに頑張りすぎだと思ってます。器用な人だろうが不器用な人だろうが、自分のキャパを超えて頑張りすぎるのだと。

 

「ま、いっか」でいいのだ!

私も、自分が体調を崩してから気づいたことなんですが、周りにいる元気な人って結構「Take it easy(気楽に行こうよ)!」的精神の持ち主が多い。多分私達が思っている以上に、大体のことが「ま、いっか」で済ませられるんだと思う。 

 

ちなみにちょっと恥ずかしいかもしれないけど、日常生活の中で自分を責めたり追い立てそうになる出来事に遭遇したら「ま、いっか」と口に出して言ってみるのもおすすめ。本当に「ま、いっか」の空気感に飲み込まれるから、おすすめよん。

 

 

頑張りすぎても良くないよ

頑張り屋さんはとにかく頑張るのが大好き。

 

その分、何もできないととにかく自分を責めてしまうんだと思う。心を傷つければ傷つけるほど、自分を守るために心は体に影響を及ぼすんだと思うのです。

 

半強制的に心身を休ませるために

 

だからこそ「ま、いっか」なのです。

 

  • 何もできなかったけど、ま、いっか。
  • やろうと思ってたけど、ま、いっか。
  • 今日1日はダメだったけど、ま、いっか。

 

みたいなね。 「とりあえず生きてるし、ま、いっか。」なのです。

 

日々を過ごせれば十分だよ

f:id:tomu_saito:20171116203717j:plain

確かにハイパー鬱モードの時には、日々過ごすことすらしんどくなることも分かる。経験あるもん。

 

だけど実際日々を過ごせてる事実だけで十分だと思う。

 

自律神経失調症になると、心の都合で体が振り回されて、周りが思っている以上に自分がしんどいことは多々あります。

 

が、もうその病気を診断されちゃってるんだから”しかたがない”。

 

しょうがない、しかたがないってネガティブに聞こえるかもしれないけど「ま、いっか」で済ませられる事象だとも言えるでしょう?気づいたら、心も体もどってことないな〜って思える瞬間は絶対来る!

 

まず受け入れて「ま、いっか」で過ごして、気楽にいこうぜ

 

気負いすぎないでね。

では。

 

◆本日の一冊◆

治そう!と意気込む前に、私は知ってほしいと思った。